虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
湿地で生き物探し

裏の湿地で、また生き物探しをしてきました。
子どものザリガニ捕りのお伴でついて行きましたが、ほかにも色々見つかりました。(4月29日)

交尾していたシオカラトンボシオヤトンボ。
倒れた杭の上で、しばらくじっとしていました。
※ シオヤトンボの間違いでした。訂正いたします。873mさん、ありがとうございました(^o^)
シオカラトンボの交尾

交尾のあと産卵していたシオヤトンボのメス。
ヤゴ探しが楽しみです(^o^)
シオカラトンボの産卵

うっかり水面に落ちたウロコアシナガグモを捕まえたアメンボ。
クモが水面について、あっという間の出来事でした。
アメンボの捕食

子どもの本命はこれでしたが・・・。
アメリカザリガニはたくさんいすぎて、もう飽きてしまったようです(>_<)
うちにも前捕まえたのがいるしね(^_^;)
アメリカザリガニ

アズマヒキガエルのオタマジャクシは足が出ていました。
オタマジャクシって、どうしてこうやってぎゅうぎゅうに集まるんでしょう?
オタマジャクシ

水底で見かけたコミズムシ(たぶん)。
これは幼虫ではないかと思います。
コミズムシの幼虫?

こちらはコミズムシの成虫のようです。
コミズムシはマツモムシとちがって、普通に(仰向けでなく)泳ぐようです。
こういうのは、いったん水から引き揚げて水槽に移して撮らないと、上手くいきませんね。
コミズムシ

この日一番の人気者、ドジョウさん。
水底の葉っぱの下に隠れていたのをお母さん(私)が泥ごと掻き出してゲット。
ドジョウ

この日はGWの初日とあって、小学生の子たちが遊びに来ていました。
道草や子ども同士の川遊びは禁止な学校でも、来る子は来るんですね〜。
獲物(?)を分けてあげたら、喜んで帰っていきました。

前住んでいた街は下町なので、子どもたちの武器(?)は網と自転車でしたが、
この辺りの子どもたちの武器は、携帯とデジカメのようです。
泥の掻き出しなんて野蛮なことはしないのかな?

あと、ここは虫捕り女子が多いみたい。
これは前の街ではなかった傾向です。

湿地の泥すくいの帰り道、トカゲやカナヘビがたくさん見つかりました。
トカゲ好きのうちの子は、虜になってしまって、ちっとも帰れませんでした・・・。

<以前の関連記事>
湿地でザリガニ釣り(2010年4月16日)
水たまりの偵察(2010年4月14日)

JUGEMテーマ:散歩


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

水たまりの偵察

裏山の水たまりで、いろんな生き物を見つけました。(4月13日撮影)
今の時期、オタマジャクシがいっぱいです。
午後の時間は子どもがオタマすくいに来ていますが、午前中の静かな時間だといろんなものが見られることがわかりました。

メダカの学校の授業中?
ではなくて、メスを追いかける2匹のオスではないかと思います。
以前はメダカなんかいなかったような気がしますが・・・?
メダカ

カダヤシと違って、メダカは尻びれが太いそうです。
赤い部分が尻びれ。
メダカ

じっとしているから撮ったのですが、交尾中だったかも?メダカ

水底にもなにか魚が。
ホトケドジョウかと思いましたが、もう少しごつごつした感じ。
水底になにかが?

アメリカザリガニはいっぱいいました。
以前ザリガニ釣りに来た時は全然つれませんでした。増えたんですね。
アメリカザリガニ

アメンボも元気に泳いでいました。
ストロー出して何かを食べているんでしょうか?
アメンボ

みんなが集まっているのは、これ狙い。
アズマヒキガエルのオタマジャクシだと思います。
オタマジャクシ

ここは、街を開発する時に、湿地だったところを一部残した場所です。
こういう粋な計らいは、ほかではあんまり見られないのが残念。

私がいない間に、土嚢を積んだりして水がたまる工夫がされていました。
以前は、夏に完全に干上がってしまうこともありましたから。

常に一定の湧水が確保されているので、もう少し暖かくなると出てくるものも増えているはずです(^o^)
保全部隊のみなさん、ご苦労様です。

JUGEMテーマ:散歩



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

裏山の小動物

引っ越し早々の裏山偵察で、小さな動物を見つけました。(4月6日撮影)

以前ここに住んでいた時には会ったことがありませんでした。
ちらりとしか会えませんでしたが、今後また会えるかな?
 
朽木と落ち葉が積んである中から顔を出したイタチ。
丸い耳とつぶらな瞳がキュート!!
じっと私を見ていましたが、近づこうとしたら落ち葉の中に潜ってしまいました。
イタチ

雑木林のあちこちで見かけたリス。
すばしっこくて逃げ足が速いのでリスの顔までは判別不能。
鎌倉や横浜によくいたタイワンリスよりも華奢で尻尾も貧弱な感じです。
2匹は確実にいるようです。
リス

リスの食べた後の松ぼっくり。
子どもと散策したら4つも見つかりました。
リスの食べカス

おまけを2つ。
清楚な春の使者、ハルリンドウ。

ハルリンドウ

日当たりのいい場所にコバノミツバツツジ。
名古屋育ちの私には、子どものころからの雑木林の春の定番です。
コバノミツバツツジ

しばらくここから離れている間に、雑木林の手入れが進み、林床が明るくなっていました。
ご苦労様です。
前住んでいた横浜の雑木林と比べて、決定的に違うのは土の色と湿気でしょうか。
地面が乾燥していて、転がっている朽木も全くしっとりしていません。
小さい虫やクモの数はぐんと少ないようでした。
これから暖かくなって数が増えるのを期待したいです。

JUGEMテーマ:散歩


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

しばらくお休み

しばらくブログをお休みいたします。

今住んでいる街を離れることになりました。
いままで私の虫捕りに付き合ってくれた、たくさんの小さい仲間たち、楽しい思い出をありがとう(^o^)

お別れ会で私に一生懸命ミジンコを見せてくれた虫仲間。
ホントはうちの子の友達なんですが、私の大事な虫仲間です。
虫仲間

フツーのコンデジではこれくらいしか写せないよ。ごめんね。
ミジンコ?

新しい街に行ったら、小さい虫仲間はできるでしょうか?

彼らが幼稚園や一年生のころからの付き合いです。
5月からクワガタ探しにそわそわしたり、
真っ暗な森におばさん一人とちびっこだけでカブト捕りにもよく行きました。
クワガタがたくさん見つかると、訪ねてきて話してくれる子もいました。

今では、みんな鳥や魚にも詳しくなって、教えてもらうことがいっぱいです。
昨日も、川で捕れた魚を見せに来てくれました。

みんな、どんな大人になるのでしょうね・・・。


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

タイワンリス・・・

タイワンリスに至近距離で遭遇しました。 (2月24日横浜市保土ヶ谷区の児童遊園地にて撮影)

ほかのリスの鳴き声を知らないのですが、タイワンリスの声はかなり不思議です。
「シャーシャー」という声だったり、「ケッタ、ケッタ、ケッタ」という声だったり、「一体何の音?」という大声を出します。

タイワンリスは外来種ですが、鎌倉を歩いていると、よくこの不思議な声が聞こえます。
うちの近所ではごくごくたまにしか見かけませんが、児童遊園地や舞岡公園には確実に何匹も生息しているようですね。
コゲラやシジュウカラの卵を食べたり、木を枯らしたり・・・、可愛いんだけど、森の困った侵入者です。

この日は、2匹で木の皮を食いちぎったり、地面の木の実をつまんだりしていました。(鳴き声は少々。)

サクラの木からこんにちは。
タイワンリス

長くてふさふさの尻尾です。
タイワンリス

木の皮を噛んではがしています。
何か食べてるのかと思ったら、前歯を削るためのようです。
タイワンリス

落ち着かないから、ほか行くね。
タイワンリス

いつも見かけるのはこんな感じ。
木の幹をハイスピードで移動して枝から枝に飛び移ります。
タイワンリス

リスがいた木の隣りの木がボロボロ。
かなり削られています。これで木が枯れてしまうこともあるそうです。
リスの被害?

おまけですが・・・、
リスの下で、落ち葉をめくって木の実を食べていたシロハラ。

この鳥も、近所の雑木林では見かけません。
ほかにも、ムクドリとキジバトが集まっていましたが、シロハラが一番用心深そうでした。
シロハラ

岐阜県の金華山にあるリス村に遊びに行ったことがあります。
ケージの中でタイワンリスが放し飼いになっていて、分厚い皮手袋をはめて餌をやったりできました。
人に慣れたリスが飛びついてきて、怖かった記憶があります・・・(^_^;)

◆舞岡公園のタイワンリスについて → 「舞岡公園の自然 タイワンリス(ひろしさんのブログ)」2006.8.5.付

JUGEMテーマ:散歩



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

関東の黒い土

初めて名古屋から東京に出てきた時、市民農園の畑の土の黒さに驚きました。

東京に暮らしていた時は、庭も地面もコンクリで固められた都会にいたのであまり気がつきませんでしたが、
大人になって横浜に住んで、関東の土がいかに黒いか、身をもって実感することが増えました。

目に入ってくる黒い土の風景もさることながら、
「子どものズボンの膝についた泥汚れが落ちない!!」
というのが、土の黒さを身をもって感じる一番の機会です。
色の黒さも問題ですが、粒子が細かいので、繊維の間に食い込んでとれません。

愛知県にいた時は、子どものズボンを手洗いすることは、ほとんどありませんでした。
私が住んでいた名古屋市東部周辺地域は陶器で有名な瀬戸市もあったりして、
赤土や粘土がむき出しの所がたくさんありました。
地面の色は白っぽい茶色でした。
子どもの頃、地面の粘土を掘り出して、粘土細工を作ったこともあります。

粘土層が多いせいで、東海地区特有の湿地帯ができて、
地区特有のモウセンゴケやシラタマホシクサなどの植物もいろいろありました。

大人になって愛知県で家庭菜園を始めた時も、赤土の塊の地面との格闘でした。
クワでは到底太刀打ちできないので、先輩に教わって、ツルハシで土を耕しました。
ちなみに、ジャガイモは赤土のほうが出来がいいそうですけれど・・・。

で、「関東の土が黒いのはなぜなのか?」というお話ですが、
昔、社会科の授業では「関東の土は関東ローム層である。」と習いました。
が、関東ローム層(南関東は箱根と富士山の噴火による火山灰)は地面の下の部分の赤土で、
表土は「黒ボク土」という成分(ローム層と腐植の混ざったもの)が覆っているのだそうです。

「黒ボク土」、これが関東のお母さんたちを悩ませるズボン汚れの原因だったようです。
黒ボク土は全国にあるようですが、私の印象だと愛知県には少なかったように思います。

ズボンの汚れは大きな悩みですけれど、
この黒い土のせいで、生物相が愛知県にいた時よりも豊富に感じるのは、私だけでしょうか?

横浜の雑木林のような立派な雑木林は、私の住んでいた地域ではほとんどありませんでした。
(裏山の緑地公園の管理方法を考えるために、趣味で雑木林めぐりをしていたので・・・。)
土に栄養が不十分なせいか、コナラなどの木も横浜ほど巨木になりません。

里山管理の観点から見ると、雑木林の木を巨木にしてしまうのはよくないのですが、それはさておき、
立派な雑木林があるから、昆虫も鳥も種類が豊富な気がします。

昆虫撮影や昆虫採集を趣味にされる方の数の統計があったら面白いのですが、
愛知県はそうした趣味をお持ちの方は、ほかほど多くはないのではないかと感じます。
昆虫系よりも植物系の方が多いように思います。
私の独断と偏見に基づいていますが、(お怒りの方がおられたらすみません)
昆虫の絶対数が少ないから、そうした趣味の方も少ないし、自然に興味のある方の数も・・・?

自然に興味のある人が多いかどうかは、ほかにも原因がたくさんあるかと思いますが・・・。

なんだか、またまた個人的な与太話になってしまいました。
私は関東と愛知県にしか住んだことがないので、
全国的に見たら、もっとずっと違った観点での「土」談義があるのだと思います。

みなさんのお住まいの地域の「土」はどんな顔をしていますか?


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

最近見つけたもの

最近近所で見つけた不思議なものを集めてみました。
お散歩ガラクタ市の始まり始まり〜。


とても個人的な「発見」です(^_^;)
犯人(?)のわからないものもあります。何の仕業かわかる方いらっしゃいましたら教えてください)^o^(

マテバシイの枝に開いた大きな穴。
鳥さんが巣穴を作って、その先の木が枯れて伐採された跡でしょうか? 
コゲラかな? 通り道にあったのに、子育てには全然気がつきませんでした。
鳥の巣穴?

これも鳥さんの巣穴でしょうか?
こういう場所はクワガタやタマムシ、カミキリの幼虫がいそうです。興味津津・・・。
私は材割採集は一応自粛中ですので、我慢。
鳥の巣穴?

モグラ塚のようです。
近所の果樹園や梅園でよく見かけます。
夏の間は草がたくさんあるので、あまり気がつきません。
モグラが地表近くを通ってできるのだそうですが、足で土を崩してみても、地下のトンネルにつながってる様子はありません。
秋にたくさん見かけたカブトムシの幼虫が春になると激減するのはモグラたちのせいだと私は睨んでいます。
モグラのいたずら?

樹皮裏にいたキンイロエビグモと何かの蛹。
エノキ(たぶん)の立ち枯れの木の樹皮をちょっと剥がしてみました。
夏に雑木林を歩き回っていたキンイロエビグモは樹皮裏で越冬するそうです。
この蛹はいろんな樹皮裏で見つかります。
何かの蛹とキンイロエビグモ

いろんな繭。
左は羽化後の繭。子どもと手と比べてもかなり大きいです。
右はモモの木の幹についていた小さい繭。羽化前です。
繭のカラ繭

息絶えていた虫たち。
左はアスファルトの地面にいたカマドウマ。
カマドウマは図鑑によると一年中いるそうですが、うっかり外に出てしまって凍えてしまったのでしょうか?
右は雑木林のフェンスにいたツヤアオカメムシ。
日当たりのいい場所だったので、日向ぼっこの末に絶命したのでしょうか?
カマドウマツヤアオカメムシ

夕方の雑木林。
昼間に見るとなんでもない雑木林ですが、夕暮れの中で物語のワンシーンのようでした。
冬に遅い時間になるまで雑木林にいたことがないので、今まで気がつきませんでした(^_^;)
夕方の雑木林

いつもながら、個人的な趣味に走っておりまして・・・失礼いたしました(^_^;)


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

春の気配

今週は暖かい日が多かったので、月並みですが近所で見つけた春の気配を・・・。

咲き始めた紅梅の花。(1月22日撮影)
紅梅

こちらの白梅は終わりかけの花もありました。(1月21日撮影)
白梅

なんだかやせっぽちな菜の花ですが、花壇は黄色一色でした。(1月21日撮影)
菜の花

シジュウカラが春の繁殖期のように大きな声でさえずっていました。(1月21日撮影)
シジュウカラ

今日はコジュケイの「チョットコイ、チョットコイ」がたくさん聞けました。
これでウグイスの「ケキョケキョ」が聞けたら、本当の春ですね。

おまけですが・・・、横浜も積雪?
久しぶりに川に行ったら、川面が真っ白で驚きました。(1月15日撮影)
雪が積もった?

犯人はこの人たち。
これは春とは関係ないですね? 綿毛が辺り一面ふわふわと飛んでいて、不思議な感じでした。
犯人はこれ
JUGEMテーマ:趣味


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

レンズキャップを落とした!

突然ですが、カメラのレンズキャップを落とされたご経験、ありませんか?
レンズキャップ

私は秋にCanon eos kiss x3を購入してから、たびたびレンズキャップを落とします。

Canonのキャップは落ちやすいのかな? 個体差?
Nikonを長らく使ってましたが、落とした記憶はあんまりないような・・・。
◆追記2010.1.9.◆ どうも、使っているレンズフィルターがキャップの落ちやすい原因のような気がしてきました。

「予備のキャップ用意しなくちゃ。」と思っていた矢先、とうとうやらかしました。


岐阜の鳥見の時、道路の側溝の蓋のわずかな隙間に、キャップを落としてしまったのです。
ガーン(>_<)

普通のきれいな奥さんなら「あら、残念。」と諦めるところでしょうが、
私は私ですから・・・(^_^;)、
側溝の金網の部分を外し、それからコンクリートの重たい蓋を一枚一枚ずらしていきました。
(この時、優秀な(?)助手たちはトイレに行っていて、私ひとりだったのです(T_T))

幼稚園のお母さんの大掃除で、側溝の泥さらいを毎期末やっていた経験が役に立ちました。
お母さんにこんな土木作業させるなんて、今考えるとすごい幼稚園です。

コンクリートの蓋は厚み20センチはありそうなゴツイやつでした(T_T)
うんせうんせと動かして、大切なレンズキャップ無事ゲット!!

でも、それからが大変。
この手の蓋って、ぴっちりと合わせてセッティングされてるから、はめ直す時も1ミリの隙間も許されない。
泥をかき出して、ぴっちり合わせていく。
何度やっても、最後の金網のスペースが足りない。
もう一度コンクリートの蓋を全部外して徹底的に泥掃除。
これでもかというくらいぴっちりセットしなおしても5ミリくらいスペースが足りない。

そこへ、散歩のおばさま登場。
「どうしたの? 手伝いましょうか?」なんと女神様のようなお言葉。
でも、普通の女の人にこんなことさせられない。
「上に乗って、押してみたら?」
またまた、天からの助けのような一言。
私が全体重(重た!)をかけて金網に乗ると、なんとすぽっとハマりました。めでたしめでたし。
我に返ってみると、手も膝もどろどろ。
「こういう時は、雪で手を洗えばいいですよ。お疲れ様。」ですって。
岐阜の女の人はやさしいねえ。一気に岐阜県の評価アップ。

で、自宅に戻って「レンズキャップ失くした人っているのかな?」と検索してみると、
たくさんおられるようですね。

キャップに穴あけて、ひもを通してストラップに通しておられる方も・・・。
フードを使ってキャップの開閉の回数を減らせばリスクは減るんでしょうが、
フード注文するの面倒だし、私の行動パターンだとレンズに傷がつきそう。バッグにしまう時かさばるし・・・。

このデジタル万能時代に、どうして手動式レンズキャップなんでしょう?

コンデジみたいにパカッと開くシステムを作ってほしいです。
ちなみに、私のコンデジは人間もろとも崖から落ちた時以来、パカッと開くシステムが壊れました。
「飛ぶ虫撮ってたら崖から落ちた。」とダンナに報告したら、
「カメラは大丈夫?」だそうです。人間の心配もしてほしかった・・・(T_T)

ということで、レンズキャップ、なんとかしないとな・・・って思ってます。

ここまで与太話にお付き合いいただきまして、ありがとうございました〜(^_^;)

※追記2010.12.
現在は、3月にカメラのキタムラで購入した「ハクバのレンズキャップ」を使用しています。
キャップに紐がついているし、フードをつけたままでも着脱ができます。
口径の違うレンズに付け替える時に、いちいち紐を外すのが面倒ですが・・・。
(今振り返って読んでみると、ばかばかしい話を書いている自分が恥ずかしいです(^_^;))
レンズキャップ
--------------------------------------------------------- 追記2010.12.おわり



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。

皆様にとって良き年でありますように・・・。
今年もよろしくお願いいたしますm(^o^)m

タイワンリス

2階から見た今朝の富士山。
西の空がちょっと暗いですね(T_T) 富士山の向こうは雪のようです。
今朝の富士山


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ