虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
越冬できたウラナミシジミ?

草むらで遊ぶシジミチョウを見ていたら、ウラナミシジミが混じっていました。(6月27日撮影)

ウラナミシジミは暖かい地域でしか越冬出来なかったはず。
愛知県でも暖かい海岸地域では越冬できるようですが、今年の冬は我が家は室内の水道管も凍結したほどの寒さでした。
どこで冬を越したの?

近所のコマツナギで吸蜜中のウラナミシジミ♂。
ウラナミシジミ♂

上から見ると。
ウラナミシジミ♂

コマツナギの周りはツバメシジミで賑やかでした。こちらはオス。
日向ぼっこしたり、追いかけっこしたり。
ツバメシジミ♂

産卵中のツバメシジミのメス。
オスは新鮮な個体ばかりでしたが、メスはお疲れ様な個体ばかりでした。
ツバメシジミ♀

シジミチョウが集まっていたコマツナギ。
草かと思って野草の図鑑を探していたら見当たらず。こんなに小さいけど「木」なんですね。
コマツナギ

JUGEMテーマ:昆虫写真



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

ヒオドシチョウが来ています

近所のコナラの樹液にヒオドシチョウが来ています。

いつもひとりで来ています。(6月17日撮影)
ヒオドシチョウ

驚くと、隣りのフェンスへ。
ヒオドシチョウ

お顔拝見。かなり毛深め。
ヒオドシチョウ

逃げ場所はほかにもあるのに、このフェンスが好き。(8月15日撮影)
キタテハを見慣れている私には、飛んでいても止まっていてもかなり濃いオレンジ。
ヒオドシチョウ

ここ数日いつもこの場所に来ています。
ヒオドシチョウは夏に避暑地で会えるチョウだと思っていました。
周辺に食樹のエノキは少ないので、どこか遠くから飛んで来たのかな?

近所のコナラやアベマキの樹液に来るチョウは、サトキマダラヒカゲ、ルリタテハ、ゴマダラチョウ、コムラサキといったところでしたが、
こんな珍客初めてです。熱烈大歓迎。

ところで、あんなに集まっていたスズメバチが最近はほとんど来なくなりました。
樹液スポット以外でもあんまり見かけません。食べる暇も惜しんで巣作りや子育てしてるのかな? 

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

ミズイロオナガシジミは?

少し前、裏山を歩くとミズイロオナガシジミが何頭も見つかりました。

でも、大した装備もやる気もない私には証拠写真程度しか撮れずじまい。
そうこうしているうちに、見かけなくなってしまいました・・・。(6月5日撮影)

飛びついた葉っぱの表によじ登ろうとしているミズイロオナガシジミ。
ミズイロオナガシジミ

追いかけて行っても、こんな高い所にいってしまう・・・。(上とは別個体。)
ミズイロオナガシジミ

6月上旬にはあちこちで会えたのに、虫刺され覚悟で雑木林を歩いても、もう会えなくなりました。
出現時期はこんなに短いのかな?
開翅したところを一度も見たことがありませんが、ネット上にはたくさん写真があるので、私が見逃しているだけなのでしょう・・・。

最近の裏山は、蛾がいっぱいです。
犬と一緒に雑木林沿いを歩くと、茂みからつぎつぎとヒラヒラ飛び立ちます。

おまけ。裏山の尾根道にて。
蚊に刺されながらもついてくる相棒。
相棒

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

春と初夏の間

先日の里山で出会ったチョウたちです。(5月5日)

駐車場で、コミスジがお出迎え。
他でも数頭会いました。
コミスジ

隣りにいたのが、ピカピカのダイミョウセセリ。
ダイミョウセセリ

上のダイミョウセセリ、吸水中?
珍しく、翅を半分閉じていました。
ダイミョウセセリ

冬を越してお疲れのテングチョウ。
テングチョウはわりと普通種のようですが、私のまわりにはいないみたい。
テングチョウ

春限定のコツバメ。
写真で見て「地味だな〜。」と思っていましたが、実物はもっと地味でした。
冬場のチョウたちのように翅を閉じて、太陽の方向に垂直に向いて日光浴していました。
コツバメ

ヒゲが長〜いクロハネシロヒゲナガ。
クロハネシロヒゲナガ

耕作ゾーンではヒメウラナミジャノメがぴょんぴょん。
ヒメウラナミジャノメ


ギフチョウが残っていないか期待していましたが、やっぱり遅すぎたようです。

この日見たほかのチョウは・・・、
トラフシジミ、ルリタテハ、クロアゲハ、カラスアゲハ(たぶん)、キアゲハ、キチョウ、ベニシジミ・・・。
暗い森が続いたので黒いアゲハがもっと巡回しているかと思いましたが、今年はまだなのかな?

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

ムラサキシジミ日和

久しぶりにムラサキシジミの開翅に出会いました。(11月17日撮影)
裏山の日向で、立て続けに3頭見かけました。
地面のトンボばかり見ていたから、昨日は見逃していたのかな?

コナラの上で日向ぼっこ。
最大でも、ここまでしか開いてくれませんでした。
ムラサキシジミ

湿地の斜面で日向ぼっこ。
これは、ちょっと開いてすぐに飛び去りました。
コナラのもこれも、どちらもメスのようですが、どうでしょう?
ムラサキシジミ

上の個体、最初はこんな態勢でした。
茂みに頭を突っ込んで、日向ぼっこ?
ムラサキシジミ

上の態勢から動かないので、刺激して移動してもらいました。その後、開翅。
ムラサキシジミ

おまけですが・・・、
たわわに実ったソヨゴの実。

今年は、裏山はソヨゴが豊作でとても綺麗です。
ソヨゴの実は、鳥が集まるわけでもなく、変色するからクラフトにも使えず、あまり私にはメリットがないのですが、
森が明るくなりますね。
ソヨゴ

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

庭にアサギマダラ

庭のフジバカマにアサギマダラが吸蜜に来ました。(10月21日)

3〜4年前にアサギマダラ目的でフジバカマを一鉢を買って、株だけはそこそこ増えていましたが、今日初めてご来訪!!
徒歩圏内でアサギマダラを見たのは去年1回、今年1回だけなので、ほとんど諦めていました。

飲んでる飲んでる!!
家庭菜園の隅っこなので、トマトの枝が邪魔・・・。
アサギマダラ

近づくとすぐに逃げますが、辺りを一周してまた戻ってきます。本当にエレガント。
アサギマダラ

我が家の狭小ガーデンは、ブットレアやサルビア・グアラニティカ、コバノランタナ、バーベナ・ボナリエンシスなど、
蝶が喜ぶ花がまだ咲いていますが、そんなのは見向きもせず、何度もふわふわとフジバカマに戻ってきました。
ホントにフジバカマが好きなんだね・・・。
でも、近所にサワヒヨドリ(フジバカマの仲間)の群落がありますが、そこでアサギマダラを見たことはありません。

おまけですが・・・、
近所の田んぼで見たアサギマダラ。
(10月19日)
セイタカアワダチソウで吸蜜していました。
アサギマダラ

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

今年の初蝶

今年初めて出会ったチョウはヒメアカタテハでした。

年末年始は雪が降ったし、霜柱も見かけるので、越冬蝶も寝ているかと思いましたが、
元気に飛び回っていました。

神社の森で見つけたヒメアカタテハ。(1月3日岡崎市の岩津天満宮にて。)
よく見ると翅の先が破れていますが、元気そのものでした。
このチョウは何度もブログで紹介して、変わりばえしませんが・・・(^_^;)
ヒメアカタテハ

正面から〜。
ヒメアカタテハ

天満宮だから梅をちょっと期待していましたが、まだまだでした。
車の渋滞、長い長い人の列にびっくりでした。

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

今日見たチョウ

今日は名古屋に出かけたので、空き時間に散策してきました。(12月12日)
変わり映えしませんが、今日見た、まだ頑張ってるチョウたちを・・・。

突然目の前にヒメアカタテハが飛んできて、日光浴。
まだピカピカの個体。
ヒメアカタテハ

この後、ヨモギを探して産卵を続けていました。
他の草にも1秒ぐらい止まりますが、すぐに「うちの子のご飯はこれじゃない!」とわかるようで、飛び立ちます。
ヒメアカタテハ

表に産んだり、裏に産んだり。新芽にこだわりもないようです。
ヒメアカタテハ卵

ヤマトシジミも見たのはこのひとつだけ。
あんなにいたのに、既に貴重品。
ヤマトシジミ

私が愛知県に引越してきて初めて見たムラサキツバメ!!
崖の上のセイタカアワダチソウで日光浴していました。(ものすごく遠くて、超トリミング。)
神奈川であんなにたくさんいたムラサキツバメ、愛知県では南部中心のようですが、名古屋市内でもちらほら・・・。
この場所の周りにマテバシイはないようでしたが・・・。
私の家の周りにはマテバシイの街路樹もあるし、食樹には困らないと思いますが、幼虫も成虫も全然いないです。
ムラサキツバメ

おまけですが、秋の名残をふたつ・・・。
落ち葉のじゅうたん。

落ち葉を踏んだり蹴ったりして、カサコソする音を楽しみながら散歩していらっしゃる方をよく見かけました。
落ち葉

モミジのカーテン。
いつも行く自然状態の里山には、これはないので新鮮。
もみじ

今日の場所は、いちおう公園として名古屋市が公開・管理している土地なので、
とても散策しやすく、いろんな写真が撮れました。
いつも散策している近所の田んぼや里山は、地主さんの好意で入れていただいているだけですから、
いいこともありますが、困ることもいろいろあります・・・(^_^;)

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

越冬蝶の活動

暖かい日はチョウたちも元気に飛び回っています。(12月6日)
畑の横の日向にいた越冬するチョウたちを・・・。

不意に飛んできて翅を開いてくれたムラサキシジミ♀。
この辺りにはムラサキツバメはいないようなので、ムラサキシジミに過剰に期待している私です。
ムラサキシジミ

ヤツデで吸蜜していたムラサキシジミ。
吸蜜する前に日光浴している時からずっと張りついていたのに、この個体は結局翅を開いてくれませんでした。
手をかざして日陰を作っても無反応(T_T)
ムラサキシジミ

ウラギンシジミ♀の夏型。飛び疲れて、ちょっと休憩。
ちらちらと白い紙くずのように飛んでいました。
ウラギンシジミ

こちらのウラギンシジミ♀は秋型のようで、トキトキでピカピカ。
何度も書いている気がしますが、ウラギンのオスの越冬を見たことがないです・・・。
ウラギンシジミ

上の個体、お顔を拝見。
ウラギンシジミ

一番元気なのはキチョウかな。
キチョウ

キタテハには時々会えるのですが、なんだか近くに寄れません(^_^;)
コセンダングサに吸蜜に来ていました。
キタテハ

最近は同じく越冬蝶のルリタテハには全然ご無沙汰です。
ルリタテハは寒がり?

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

ヤマトシジミの恋

ヤマトシジミの姿も、日あたりのいい場所で時々見かけるだけになりました。
近所の田んぼで見かけたヤマトシジミたちを・・・。


日向のセンダングサで交尾するヤマトシジミ。(11月5日)
隣りにいたオス、ちょっかいを出す元気もないのかな?
ヤマトシジミ

近づいても動きません。
ヤマトシジミ

日向のカタバミに産卵するヤマトシジミ。(11月5日)
これは低温期に見られる「青メス」でした。
青いヤマトシジミが日向ぼっこしていたので追いかけたら、翅を閉じて産卵を始めました。
ヤマトシジミ

翅をパタパタさせて求愛するオス。(11月12日)
結局ばらばらになっておしまい。
ヤマトシジミ

茶飲み友達? 何をするでもなく向き合っていました。(11月12日)
秋も深まると、こういうペアを見かけますね。
ヤマトシジミ

別の場所(近所の空き地)で日向ぼっこしていた「青メス」。(11月14日)
高温期に出る黒っぽいメスに比べると、かなり綺麗です。
ヤマトシジミ♀

近くにいたオス。
やっぱりオスの方が綺麗・・・。
ヤマトシジミ♂

庭のカタバミを見ると、ヤマトシジミの卵がたくさんついています。
このチョウは幼虫で越冬するそうですが、これから孵化するのかな? 厳しそう。

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ