虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
ヤママユの幼虫

裏山のマテバシイでヤママユの幼虫を見つけました。(6月23〜27日撮影)

どこにいるかわかりますか?
大人の指ぐらい大きな終令幼虫ですが、上手に隠れています。
ヤママユの幼虫

体長は約7センチ。
ヤママユの幼虫を見るのは初めて。子どもが小さい頃、幼稚園でよく見たオオミズアオの幼虫に似ています。
ヤママユの幼虫

こちらは、お食事中。
葉っぱは端から全部食べるので、穴開き葉っぱなどの食べ痕がほとんど見あたりません。
ヤママユの幼虫

わかりにくいですが、頭から少し下の所に銀色の斑点がキラリ。
白い横線の右から2節め。
ヤママユの幼虫

このマテバシイは10本並んで植樹されたもの。すぐ横に展望台があり、夜は絶好の灯火採集ポイント。
執念深く探して、やっと6頭見つかりました。
たくさん産みつけられても、終令になるまで生き残れるのはどのぐらいなのでしょう。
私が見ている間も、メジロやヒヨドリが茂みに潜って鳴いていました。

翌日、3頭お持ち帰りしてみました。
飼育ケースに幼虫とマテバシイの枝を入れておいたら・・・。

鮮やかな緑色の繭が完成。
ひとつだけ、持ち帰ってから二日で繭が完成しました。
残りの二匹は、まだコロコロうんちをしているわりには、葉っぱを食べずに移動しています。
「今度は見逃さないように。」と屋内に移したのが、幼虫のストレスになったの?
ヤママユの繭

おまけですが・・・、アセビにあった古い繭。
裏側から見ると、上に穴が開いていました。毒のあるアセビも食べるのかな???
古い繭

<以前の記事>
「ヤママユ」(2011.10.12.)
「いろいろな繭」(2010.11.28.)

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

オオベニヘリコケガ

最近、裏山のあちこちでオオベニヘリコケガが見つかります。
ベニヘリコケガより一回り大きいから大ベニヘリコケガという名前。
幼虫は地衣類を食べるようです。(6月17〜25日撮影)

ツバキの葉上で。
縁取りのオレンジが鮮やか。
オオベニヘリコケガ

展望台の手すりで。
赤味が足りないのは鱗粉が落ちたから?
オオベニヘリコケガ

いつもはこんな感じに仰向けで隠れています。これは丸見えですが。
オオベニヘリコケガ

こちらは触角が立派だけど、オス?
オオベニヘリコケガ


少し前によく見かけた近似種のスジベニコケガは最近少なくなりました。
これはオレンジの部分の鱗粉が落ちてしまったのかな?
スジベニコケガ

<以前の記事>
「スジベニコケガ」(2012.6.14.)

JUGEMテーマ:昆虫写真



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

オオゴマダラエダシャク

オオゴマダラエダシャクというきれいなガに会いました。
開帳6センチ強の大きめの美麗種。裏山の展望台付近の木に止まっていたもの。(6月23日)

アカマツの幹で。
オオゴマダラエダシャク

お顔拝見。
オオゴマダラエダシャク

タカノツメの枝先で。
オオゴマダラエダシャク

こちらも、お顔拝見。
オオゴマダラエダシャク

柿の木に来るガだそうです。近所の生産緑地の放置柿畑から来たのかな?
同じ日に2頭会うことができましたが、それ以前にも以降にも見かけません。

ちょっと関係ないのですが・・・、よく似た不明種。
大きさはもう少し小さめ。展望台に張り付いていたもの。
エダシャクの仲間かと思って気楽に考えていたら、それらしいのが見つかりません。
ご存知の方、いらしゃいますでしょうか?
※追記2012.6.26. これはキオビゴマダラエダシャクのようです。
             きゅむさん、ありがとうございました。     
不明

※追記2012.7.5.
展望台付近で翅を開いて止まっていたのがいましたので、画像を追加します。(7月3日撮影)

キオビゴマダラエダシャク


<以前の記事>
「トンボエダシャクの仲間」(2012.6.17.)
「ナミガタシロナミシャク」(2012.6.15.)

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

きれいな卵

裏山の展望台の支柱に真珠のような卵塊があります。アメリカシロヒトリの卵では・・・?

小さい毛虫たちがこんにちは。(6月23日)
孵化したての幼虫

この糸は誰が出した糸なんでしょう?
辺り一帯ジョロウグモやギンメッキゴミグモの網が張りめぐらされていますが、それなのか・・・?
それとも自分たちで出した糸?
孵化したての幼虫

次の日、すぐそばに新しい卵塊が・・・。(6月24日)
薄緑色の真珠です。
卵

ここには最近よく通っていますが、アメリカシロヒトリの成虫は見かけたことがありません。
いつの間に来て産卵しているんだろう?
やっぱり、アメリカシロヒトリじゃなくて別のガの卵なのかな?

最近、街路樹のアメリカフウにアメリカシロヒトリによる食害が目立つようになりました。
今週からまた街路樹の殺虫剤散布が始まりました。ふう。

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コヨツメアオシャク

裏山の展望台で、コヨツメアオシャクがたくさん見つかりました。
「小さい四つの目玉模様がある青いガ」ということですね。
今が羽化ラッシュなのかピカピカのオスがいっぱい。

羽化したてのきれいなオス。(6月18日)
これは、展望台横のソヨゴの葉裏に隠れいてたもの。
コヨツメアオシャク

こちらは、色合いが薄いオス。
鱗粉が落ちたのか? 最初から薄いのか? ネットで見ると白い個体もあるようです。
展望台の支柱の裏に隠れていたもの。
コヨツメアオシャク

羽化不全?(6月20日)
これも展望台に隠れていたもの。
コヨツメアオシャク

裏山の展望台の支柱は、晩秋のクモ観察にはよく行っていたのですが、
今の時期はいろんなガが集まっているということに気がつきました。
種類が多すぎて、名前を調べるのが大変そう。
とりあえず、今日の一番のお気に入りはコヨツメアオシャクでした。支柱の裏に20頭はいたと思います。
同じエメラルドグリーン系のクスアオシャクもいましたが、早々に逃げられました。


(注)ナミガタシロナミシャクトンボエダシャクの記事を一部追記しました。

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

ビロードハマキ

逃がしてばかりだったビロードハマキをやっと撮ることができました。

ソヨゴの葉で交尾中。(6月17日撮影)
我が家では「グロ!」と不評のビロードハマキですが、遠目に見ればただの不審物体。
ビロードハマキ交尾

どっちが顔だか、すぐにはわからない・・・。
右の大きい方がメスですね。
ビロードハマキ交尾

お腹を見せてもらいました。
ビロードハマキは飛んでいる時はオレンジ色のガですが、これで納得。
ビロードハマキ交尾_裏から

こちらは、一人ぼっちのオス。(6月18日撮影)
ビロードハマキ♂

上の個体、お顔拝見。
ビロードハマキ♂の顔

上の写真は、すべて裏山のソヨゴにいたビロードハマキです。
裏山の雑木林では、ビロードハマキはソヨゴばかりで見つかります。
特に、交尾を見たソヨゴの木では、最近は散歩のたびに毎回ビロードハマキに会うことができました。
羽化しそうな蛹があって、オスがじっと待っていたのでしょうか?

雑木林のてっぺんの展望台(夜はここだけライトアップ。)の周りのソヨゴを枝たたきすると、
相当な確率でビロードハマキが飛び立ちます。
夜の間にライトに集まって、昼はそのそばに隠れているというわけでしょうか。
周辺のほかの木もたたいてみましたが、ビロードハマキは飛び立ちませんでした。

JUGEMテーマ:昆虫写真



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

トンボエダシャクの仲間

今日は、あちこちでトンボエダシャクの仲間がひらひらと飛んでいました。

※注  間違いに気がつきましたので、先程公開した記事の内容を訂正します。

昨日は一日雨降りで、今日は一転して蒸し暑い晴れ。
トンボエダシャクたちがいっせいに羽化したのでしょうか?

そっくりさんで、トンボエダシャク、ヒロオビトンボエダシャク、ウメエダシャクといるようですが、
今日、雑木林や庭先をひらひら飛んでいたのは、どれが一番多かったのでしょうか?
お昼前後の時間帯だったせいか、静止する個体はほとんどありませんでした。
私の動体視力では、三種の見分けは不可能。
トンボエダシャクとヒロオビトンボエダシャクの食樹はツルウメモドキ。これは近くにはない木。

裏山で、やっと止まってくれたウメエダシャク。
これはかなり色々な植物を食すようで、裏山で食糧は確保できそう。
ウメエダシャク

お隣の家でひらひら飛んでいたトンボエダシャク。(背中から、横から。)
しつこく撮っていたら、ご近所のお父さんが「今日サッカーグランドにこれがいっぱいいました。」とのこと。
トンボエダシャクトンボエダシャク

わかりにくいですが、モミジの植栽にいたヒロオビトンボエダシャク(たぶん)。
腹部の黄色模様が不規則なのでヒロオビと思います。
ヒロオビトンボエダシャク

追記2012.6.20.
ヒロオビトンボエダシャクの交尾が見られましたので、画像を追加します。

ヒロオビトンボエダシャク

交尾したまま階段に落ちて。
ヒロオビトンボエダシャク
========================================================== 追記ここまで。


市街地の外のツルウメモドキの茂みをチェックしに行きました。
せっかく行ったのに、それらしいのが1〜2頭高い所を飛んでいるだけでした。
ちなみに、この写真には一頭も写っていません。用水路の向こう岸なので、接近不可能。
ツルウメモドキ

今日は、あちこちで1頭づつ飛んでいただけですが、トンボエダシャクたちの乱舞、いつか見てみたいです。

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

穴のあいた芋虫

散歩の途中、妙な芋虫が歩いていました。
調べてみたら、寄生されたウスタビガの幼虫のようです。
(6月13日)

大きい芋虫だな〜。
街路樹剪定後の道路にのそのそ。
ウスタビガの幼虫?

点々の模様つき? 顔にも汚れが。
ウスタビガの幼虫?

よく見ると、人工的に開けた穴のようです。痛々しい・・・。
ウスタビガの幼虫

調べてみると、寄生した虫が脱出した時に出来た穴のようです。
蛹化のために移動していたのか、剪定作業のショック(剪定していたのはケヤキの下の低木)で食樹から落ちてしまったのか・・・?
とりあえず芋虫は元気そうでした。
どうなるんだろう? 連れて帰ればよかったな・・・。

おまけですが・・・、近所にあったウスタビガの空のまゆ。
冬だと私でも見つけられるんだけどな〜。(2月22日)
ウスタビガのまゆ

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

ハグルマエダシャク

最近裏山を歩いていると、数歩ごとにベージュ色のガが飛び立ちます。
低い位置なのでのぞきこむのが大変なのですが、どうもハグルマエダシャクのようです。
(6月13日撮影)

雑木林の周辺の低木に隠れるハグルマエダシャク。
いつも仰向け。人間のひざより下ぐらいの低い位置。
自然態で張りついている所をのぞきたいんだけど、敏感ですぐに飛んでしまうので、私たち(私と犬)は追いかけるのみ。
逃げる時に2頭同時のことが多いのは、ペアで隠れているのかな?
ハグルマエダシャク

しつこく追いかけたら、こんな風に無理やり静止。
ハグルマエダシャク

飛びっ立った後、珍しく地面に止まった個体。お疲れ?
ほかのは、必ず低木やササを探して葉裏に止まるんだけど。
ハグルマエダシャク

足元を飛び立つのが全部ハグルマエダシャクなのか、それとも近似種も含まれているのか・・・?
一つを追いかけるだけでも大変なので、全部の識別は不可能です。
ただ、ハグルマエダシャクは食樹がイヌツゲ、アオハダ、ソヨゴ、ツクバネウツギ・・・とのこと、
近似種のクロハグルマエダシャクの食樹であるクロガネモチ、イヌツゲ、モチノキはここには少ないことなどから、
ほとんどがハグルマエダシャクなんだと思います。
それにしてもすごい数です。
私が雑木林一回りして会う数だけでも、50頭はくだらないんじゃないかな。
地味な風体だし、有毒でもないようなので、誰にも全然気にとめてもらえなくて気の毒な存在です。

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

ナミガタシロナミシャク

ナミガタシロナミシャクというとても美しいガを見ました。(6月15日)

ガにしておくのはもったいないような、繊細で優雅な模様。
ガに対する差別意見(^_^;)
ナミガタシロナミシャク

翅を半開きにしている所を発見。
街路樹のフィリフェラオーレア(黄色いヒバ)の上に止まっていました。
ナミガタシロナミシャク

どうしても、開いてくれない・・・。
そうこうしていたら、地面に落ちて、翅を開いてくれました。(最初の写真)
ナミガタシロナミシャク

シャクガ科 ナミシャク亜科。ツタを食べるのだそうです。
花にも来るようで、是非今度は吸蜜中に会ってみたいガです。

追記2012.6.20.
後日見かけたナミガタシロナミシャクの画像を追加します。

ナミガタシロナミシャクはお尻を上げて止まっていることが多いようです。

ナミガタシロナミシャク

こちらは、少し鱗粉がはげた個体。
ナミガタシロナミシャク
============================================================================== 追記ここまで。


おまけですが・・・、似た者同士(←素人の私にとって)のガを3つ。

以前近所で見たマルモンシロナミシャク。(2010年6月15日)
シャクガ科 ナミシャク亜科。
マルモンシロナミシャクマルモンシロナミシャク

瀬戸で見たユウマダラエダシャク。(5月28日)
シャクガ科 エダシャク亜科。
ユウマダラエダシャク

裏山の茂みで見たカノコガ。(6月15日)
ヒトリガ科 カノコガ亜科。
カノコガ

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ