虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
ジョロウグモの産卵(動画も)
 
ジョロウグモの産卵の瞬間を動画に撮ることができました。

10月25日の夜、いつも行く雑木林の梅の木でジョロウグモの産卵ラッシュでした。
ずいぶん前の話ですが、ブログにも残しておこうと思います。

ジョロウグモが産卵の前後は、今までも何度も見かけてきました。

今まで見てきた状況…。
夜早い時間に産卵準備を始めてから実際に卵を産みつけるまで、何時間もかかる。
卵を産んでからそこに糸をかけるのにもさらに何時間も作業。
翌朝行くとカモフラージュのために木の皮やコケを食いちぎって運ぶ作業が続いている。
という感じです。

今回も同じような進行でした。

3つの個体についての様子をまとめます。

1.10月25日に一番早く作業を始めていた個体

■■ 10月25日 22:03
梅の木で産卵用のベッドがかなり完成している個体を見つけた。
ゆっくりと糸を出し続けている。
ジョロウグモの産卵準備_1

■■ 22:20
ベッドを作る作業はずっと続いている。
ジョロウグモの産卵準備_2

■■ 22:40
かなりふわふわになった。
ジョロウグモの産卵準備_3

この後お腹の生殖器から卵が入ったドロッとしたものが出てきた。

■■ 22:45
卵の大半を絞り出した様子。
ジョロウグモの産卵_1

■■ 22:47
拡大。
ジョロウグモの産卵_2

■■ 22:49
絞り出しては腹で押しつけるという動作を繰り返す。
ジョロウグモの産卵_3

■■ 23:02
すっかりお腹が細くなった。
ジョロウグモの産卵_4

■■ 23:04
糸を出して卵に被せていく。
ジョロウグモの産卵_5

翌朝、確認に行ってきました。

■■ 10月26日 8:38
卵のうを隠すために木の皮やコケを食いちぎって運ぶ作業が続く。
卵のうカモフラージュ_1

■■ 8:38
すぐ横にヨコヅナサシガメが…。
卵のうカモフラージュ_2

卵のうカモフラージュ_3

翌々日の夕方、また確認に行ってきました。

■■ 10月27日 15:33
カモフラージュをするものがさらに増えている。
カモフラージュするものが増えた様子_1

古い卵のうをどこからか引っ張ってきて載せてある。
(古い卵のうを載せるジョロウグモはわりとよく見る)
古い卵のうで隠す



2.「1.」の個体の隣の木で卵のうを作っていたジョロウグモ


■■ 10月25日 22:06

この時点ではまだベッドを作成中。
ベッドになる糸を出す様子を拡大。何本もの糸を繰り出して、脚で引っ張ってくしゃくしゃにする。
(動画の方がわかりやすいです)
ジョロウグモの産卵準備_別個体


■■ 10月26日 8:39
こちらはヨコヅナサシガメがすぐそばまで。
ジョロウグモとヨコヅナサシガメ_1

ヨコヅナサシガメたち。
ジョロウグモとヨコヅナサシガメ_2

数十センチのところに、ヨコヅナサシガメの集団が。
ジョロウグモとヨコヅナサシガメ_3



3.一番最後に卵のうを作り始めた個体

■■ 10月26日 8:42
前日の夜の時点では、位置に迷ってうろうろしていた個体。
朝行ったら、卵のうが完成していた。
作り始めの時刻が遅かったせいか、カモフラージュはなく真っ白で目立つ。
カモフラージュがまだの卵のう

■■ 10月27日 15:34
上の卵のうのカモフラージュがずいぶんできていた。
カモフラージュが増えた卵のう

■■ 10月31日 16:38
上の卵のうのすぐ下に、卵のうを作り始めているジョロウグモ。
前回の産卵からすぐなので、別の個体だと思う。
二つ目が近くに_1

卵のうのベッドの足場を作っている。
二つ目が近くに_2

■■ 12月1日 16:42
その後のこの場所の様子。2つめの卵のうにはカモフラージュがほとんどなし。
その後の様子



「1.」の個体についての動画はこちら。




10月25日はジョロウグモ産卵の最初のピークだったかもしれません。

何年も同じ場所を見ていると、天気や気温が適した晩に、産卵があちこちで進行するようです。

その後の産卵のピークの日はすっかり見逃してしまいましたが、年末までにさらに卵のうは増えました。




JUGEMテーマ:昆虫写真



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする