虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
ナナホシテントウに寄生するテントウハラボソコマユバチ
  
川沿いの草むらでナナホシテントウが寄生蜂のまゆを抱えているのを見つけました。

寄生されたテントウムシとそこから出てきたまゆ。6月12日16:45撮影。
ナナホシテントウとまゆ

ナナホシテントウとまゆ

ナナホシテントウとまゆ


これは、テントウムシの体内で育った寄生蜂の幼虫が、テントウムシのお尻から出てきて、テントウムシの下でまゆを作ったもの。
テントウムシは自らの体内を提供しただけでなく、まゆになってからも上から覆いかぶさってガードし続けます。


ナナホシテントウがいたのはヘラバヒメジョオンの花。
ヘラバヒメジョオン


持ち帰って、容器に入れておきました。
写真も動画も撮らなかったのですが、テントウムシはまゆを抱えたままキスするように口を何度もつけていました。


テントウハラボソコマユバチが出てきていました。
6月20日8:30撮影。
テントウハラボソコマユバチ

テントウハラボソコマユバチ

テントウハラボソコマユバチ


そのままにしておいたら、寄生蜂は死んでしまいましたが、テントウムシの方はまだ生きています。
検索したら、生まれてきたコマユバチが再びこのテントウムシに産卵する可能性もあるそうで…。

産卵するかどうかは見張っていませんでした。失敗(^^ゞ

コマユバチが羽化してから今日で12日目。
テントウムシはほとんど動きませんが、まだ生きています。
今のところテントウムシから何かが出てくる気配はありません。


寄生されたまゆを大事に抱え続けるのは、どんな魔法なのか、不思議です。


<ナショナルジオグラフィックより>

「寄生蜂、テントウムシをゾンビ化」




<以前に見た寄生関連の記事>

テントウムシに寄生する蜂(2010.10.28)

毛虫に寄生したコマユバチの仲間(2017.4.22)

穴のあいた芋虫(2012.6.16)

アオスジアゲハ残念(2010.7.11)

寄生蜂いろいろ(2010.9.11)

ナラメリンゴフシから出た虫(2012.5.26)

オオミノガヤドリバエを襲うハリブトシリアゲアリ(2016.9.14)





JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする