虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
カレハヒメグモとユウレイグモの網にいたクモ
   
毎年のぞいている雑木林の手すりのクモ観察。
今の時期は、カレハヒメグモが卵のうを作り始め、ユウレイグモはメスがそこそこ育ってきたところです。


昨日のぞいてみたら、カレハヒメグモとユウレイグモの網に、ほかのクモが入り込んでいました。

これは、近所の雑木林の北側にある日当たりの悪い階段の手すりの下を観察したものです。
(5月8日18:30〜19:00撮影)


■■まずは網主の側。
カレハヒメグモとユウレイグモが多くて、ヒメグモ類も少々。


カレハヒメグモは卵のうを作る時期に入ったところ。

卵のうを守るカレハヒメグモ。
卵のうを守るカレハヒメグモ

ちょっと拡大。
卵のうを守るカレハヒメグモ

上の母グモを拡大。お腹は膨らんでいて、お尻にダニがついています。
卵のうを守るカレハヒメグモ

こちらは芋虫を捕食中のカレハヒメグモ。
これは成体になって間もないのか、不規則網がほかの個体よりも貧弱でした。
捕食中のカレハヒメグモ

こちらはダニだらけのカレハヒメグモ。
つついても動きませんでした。そばに卵のうが2つ作ってありました。
ダニがついたカレハヒメグモ

ほとんどのカレハヒメグモが卵のう1つを守っていました。
カレハヒメグモは今まで見てきたところ卵のうを4〜5個作るので、まだまだこれからです。


次に多かったのがユウレイグモの網。

ユウレイグモはまだ繁殖期前でした。

捕食中のユウレイグモ♂(亜成体?)。
捕食中のユウレイグモ♂

上の♂がいた網。
ユウレイグモがいた網

メスのまだ若い(亜成体?)個体がいくつか見つかりました。
ユウレイグモ


ほかにはオオヒメグモらしき網が少しありました。

網の真ん中で捕食中だったヒメグモSP。
捕食中のヒメグモ科♂


■■次に、ほかのクモの網に入り込んでいたクモたち。
カレハヒメグモやユウレイグモの不規則網に入り込んで、獲物を盗んだり、網主自身を狙うクモ。


ヤリグモspの♂。
ヤリグモsp

ヤリグモがいたのはこんな網。
この網は網主が見つかりませんでした。すでにヤリグモに襲われた後?
ヤリグモspがいた網

フタオイソウロウグモはあちこちで見つかりました。

網の真ん中に居座るフタオイソウロウグモ♂(亜成体?)。
フタオイソウロウグモ♂

上の♂がいた網をゆすったら、小さいクモが逃げました。
これって、オオヒメグモの幼体かな。
フタオイソウロウグモがいた網

ほかのクモの網に入り込んでいるフタオイソウロウグモ幼体。
網を揺らすと動くからわかるだけで、まだ肉眼では確認できないほどの大きさでした。
フタオイソウロウグモ幼体

こちらもフタオイソウロウグモ幼体。
小さすぎるので容器に入れて撮影。大きくなるのはまだまだこれからのようです。
フタオイソウロウグモ幼体


以前の同じ場所での観察

「カレハヒメグモをめぐる攻防戦」(2018.7.7)

「カレハヒメグモ」(2016.5.13)

「卵のうを守るユウレイグモ 卵のグルーミングなど」(2018.7.7)


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

- | 23:36 | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする