虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
竹林で越冬中のクモ探し
  
いつも鳥見に行く池は竹林があるので、竹にいるクモ探し。

古い竹が倒れている中で、割れているものをのぞいてみました。


2月17日撮影。


割れた竹の中に続くヒラタグモの網。
網が2〜3枚重ねて張ってあって、活動期だと、1枚めくるとクモが飛び出してきます。
ヒラタグモの住居

この網は受信糸(獲物が通ると中のクモの伝わるシステム)がわかりやすいですね。
ヒラタグモの網

2つの網をめくってみましたが、幼体が1つ見つかりました。
もっとめくれば出のう前の子グモが見つかるのでは?
ヒラタグモ



こちらは竹の中の節にあったクモの住居。
クモの住居

中を開けてみたら、ミヤグモの仲間?(自信はありません)
住居の形態が、放射状に糸を引くミヤグモの網とはちょっと違うような気がしますが…。
ミヤグモの仲間?



これもなんだか規則性がわからないクモの網。
ヤチグモの住居

出てきたクモはヤチグモの仲間。
絵合わせだとシモフリヤチグモあたりですが、ヤチグモの同定は難しいので、決めつけるのはやめておきます(^^ゞ
ヤチグモの仲間

上のヤチグモの網から、もう1つクモが。ミスジハエトリ?
これは屋内性のクモのイメージですが、こんな竹林にもいるんですね。周辺に建物は一切ありません。
ミスジハエトリ



竹の中にヒゴユウレイグモでもいないかなと思ったのですが、割れていない竹を何とかするのは道具なしでは無理だし、公園で不審者だと思われてもいやなので、すでに茶色くなって割れているものを探しました。


JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする