虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
昼間からイノシシが土掘り
  
日本庭園で遅いランチをしていたら、イノシシの子が入ってきました。


周囲が山や田畑に囲まれた古くからの日本家屋。すぐそばに草取りのおばさんたちもいました。

雨が降りしきる中、30分ほど土を掘り返し続けて立ち去りました。


池の脇にイノシシの子が入ってきて…。(2018.9.11.15:30ごろ撮影)
イノシシの子の土掘り

イノシシの子がいたのはこんな場所。
大きめの小型犬ぐらいの大きさですが、まだまだ子ども。
日本庭園に来たイノシシ

最初は物陰で掘っていましたが、途中から隠れる場所もないところを堂々と掘っていました。
鼻を突っ込んで泥をはね上げます。鼻痛くないのかな?
たくさん連写しましたが、なにを掘り出しているのか結局わかりませんでした。
イノシシの子の土掘り

私たちは池越しの屋内にいたのですが、時々目が合いました。
なめられている…。
イノシシの子の土掘り

あちこちの土をひっくり返した後、とことこと立ち去りました。
犬とも猫とも歩き方が違いますね。
庭から出ていくイノシシの子


お店の方によるとこのイノシシはいつも1匹で来ているそうです。
ミミズを探しているんだとか。

1頭だけでもずいぶん広く掘り返していくので、このままだと苔庭が心配…。
帰り道の脇にも掘り返した後がありました。

田舎ではありますが、普通にアスファルトの道がある人里。
野生動物が昼間っからこんなことでいいんでしょうか。


動画も撮ってみました。

「20180911イノシシの子の土掘り」





JUGEMテーマ:趣味




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする