虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
カブトムシたちのバトル
 
夜の樹液で、カブトムシが恋の争奪戦を続けていました。

わが街は雑木林に囲まれているのにカブトムシには時々しか会えません。
私がカブトを探していないせいもありますが、樹液チェックや夜の散策をしているのに、会うのは年に数回。

なのに、今夜の樹液の木にはカブトムシが9頭も来て、婚活(昆活?)していました。
(2018.8.1.23:55〜撮影)


大きなメスを奪い合う小さいオスたち。コクワは行司さん?
メスを奪い合うカブトムシ

オス同士でバトルも。
メスを奪い合うカブトムシ

こちらは、交尾中のペアにしつこくメスがつきまとっていました。
横恋慕するカブトムシ

交尾中のメスに突撃するんですが、オスが角で押しのけます。
オスの取り合い、初めて見ました。
横恋慕するカブトムシ


この街で、一度にカブトムシをたくさん見たのは初めてです。

堆肥置き場が出来たわけでもないし…。
樹液の出が例年よりかなり悪いから、一か所に集中したのか?
でも、なぜ今日急に?

久しぶりにたくさんカブトに会えてうれしいですが、なんか怪しい…。放虫?


夢中で望遠で撮っていたら、手元にこんな人たちもいました。
カナヘビとオオシマカラスヨトウ。両方ともじっとしていました。
カナヘビとオオシマカラスヨトウ

オオシマカラスヨトウって、真夏は洞のようなところで夏眠するような記憶がありましたが、こんな暑いのに普通に枝先にいて大丈夫?


JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする