虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
イチモンジカメノコハムシに脚をはさまれたアカサシガメ
 
アカサシガメとスケルトンのハムシがおかしなダンスをしていました。

裏山のヤブムラサキの群落はイチモンジカメノコハムシがたくさん繁殖しています。

アカサシガメとイチモンジカメノコハムシが肩を組んで(?)ゆらゆらしていました。
動画も撮りましたが、何度見ても不思議。
2018.7.9.朝
アカサシガメとイチメンジカメノコハムシ

どうもハムシの頭と固い翅の間にサシガメの脚が入ってしまった模様。
カメラを向けても、いつまでも揺れています。
サシガメがハムシを襲おうと思って近づいたら、間抜けなことになってしまったの?
スケルトンの殻は結構固くて丈夫なんですね。
脚を挟まれたアカサシガメ

横から見ると…。
アカサシガメとイチモンジカメノコハムシ

手の上に乗せてみました。
スケルトンの裏側、おもしろい。
イチモンジカメノコハムシのお腹

アカサシガメもかっこいいから好きですが、どちらかと言えばイチモンジカメノコハムシの方が好きなので、ちょっと外してやりました。ハムシはぽとりと下に落ちました。


上のペアのすぐ下の手すりにあったサシガメの卵。
アカサシガメの卵ではないかと思います(たぶん)。
ケチャップ型の卵を産むサシガメは数種類いるようで、卵の並べ方が違うようです。
これは、アカサシガメとしてはちょっと数が少ないですね。
2018.7.9
サシガメの卵

上の現場(?)から少し離れたカクレミノの葉裏にこんな卵も。
これは孵化後のようで、並べ方から見ても上の卵とは別の種類のサシガメかもしれません。
2018.7.15
サシガメの卵


卵つながりで、以前撮ったイチモンジカメノコハムシも載せておきます。

ヤブムラサキの葉裏の先っぽに産みつけられたイチモンジカメノコハムシの卵。
2017.5.26
イチモンジカメノコハムシの卵

こちらは孵化後の卵のようです。
2017.5.26
イチモンジカメノコハムシの卵


■■以前書いたイチモンジカメノコハムシの記事

「もうすぐイチモンジカメノコハムシ祭り」2016.5.14



JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする