虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
ムネアカハラビロカマキリが強い
 
今、裏山の広場は、外来種のムネアカハラビロカマキリが優勢です。

ハラビロカマキリはなかなか見つからないし、オオカマキリも自然度が高い奥の方まで踏み込まないと見つかりません。


5月から、クモ見のついでにカマキリに会えば記録として撮ってきました。
そのうちの一部をまとめてみます。

最近の様子は…。

夜に見かけたムネアカハラビロカマキリの幼虫。
いつもこのソテツの茂みに陣取っています。
鎌のギザギザにひっかけられるとかなり痛くて出血します。
2018.7.12.21:55
夜のムネアカハラビロカマキリ

同じ個体を横から。
夜のムネアカハラビロカマキリ

昼間の様子。いつもこの場所にいるから上のと同じ個体だと思います。
2018.7.3.9:26
ムネ<br />
アカハラビロカマキリ

在来のハラビロカマキリの幼虫はなかなか見つけられずにいましたが…。

夜、キョウチクトウの葉にいたハラビロカマキリの幼虫。
識別ポイントがしっかり撮れませんでしたが、たぶんハラビロ。
既に大きくなっているムネアカハラビロの半分もないような貧弱な体格でした。
2018.7.20
ハラビロカマキリ?

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

初夏に孵化した頃の様子。

冬に採ってきたムネアカハラビロカマキリの卵から孵化した幼虫。
2018.5.18
ムネアカハラビロカマキリ

ムネアカハラビロカマキリの卵はこちら。
ハラビロカマキリが全体に茶色いのと違って、黒と白のコントラストがはっきり。
ムネアカハラビロカマキリの卵

こちらは在来のハラビロカマキリの生まれたばかりの幼虫。
2018.6.1
ハラビロカマキリ

ハラビロカマキリの卵はこちら。
これは産卵の時にたまたま一度に泡を絞り出さなかったのか、二段構造になっています。
ハラビロカマキリの卵

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

自宅の卵が孵化した日に、野外でも探してみたら…。

初夏に見かけたムネアカハラビロカマキリ(たぶん)の幼虫。
夜に枝先を探した結果、この晩はこれが1つ見つかりました。
オオカマキリの幼虫が見つかるようになったのはもう少し後。
2018.5.18
ムネアカハラビロカマキリ?

追記2018.9.3
「カマキリ愛」さんから、こちらはハラビロカマキリの幼虫ではないかとご指摘を受けました。
そうなのかもしれません。
脚の模様からムネアカハラビロカマキリかと思ったのですが、ちょっとわかりません。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

これらはオオカマキリの幼虫だと思いますが…。

出始めの時期の幼虫。
2018.5.24
オオカマキリ?

裏山でも奥の方のササの茂みに行くとオオカマキリはたくさん見つかります。
2018.7.3
オオカマキリ?

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

カマキリをメインに見ているわけではないのですが、カマキリよりも小さいクモを探すついでなので、それなりに見落としはないかと思います。

今年は、低木の上で見つかるのはムネアカハラビロカマキリで、草はら(ササ)で見つかるのはオオカマキリ。

私の写真にムネアカハラビロカマキリが入ってきたのは、2016年8月から。

この場所には以前からチョウセンカマキリは見つかりません。

コカマキリとハラビロカマキリは毎年普通に見かけましたが、今はどこにいるのかな?

※追記2018.7.23
訂正2018.9.3:これはオオカマキリの幼虫のようです。
夜のジョロウグモの網にコカマキリの幼虫がいました。
枠糸でグルーミングをしていたコカマキリ。
ジョロウグモが網を張りかえて無防備になるタイミングを待っているんでしょうか。
ブログを書いたその日に見つかるとは…(^^;)
2018.7.21.23:54
カマキリの幼虫

カマの部分を拡大。
カマキリの幼虫
------------- 追記はここまで



■■去年出会ったムネアカの様子

「ムネアカハラビロカマキリと在来ハラビロカマキリ in愛知」2017.8.29


JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: カマキリ愛   2018/09/02 7:41 PM
5.18の幼虫はハラビロカマキリ、7.21の幼虫はオオカマキリだと思います。
from: 夏子   2018/09/04 4:17 PM
カマキリ愛さん、いつもありがとうございます!!

5.18の幼虫はハラビロなのでしょうか。
脚の模様からムネアカに近いような気がするのですが。
家で生まれたムネアカの幼虫たちは全滅してしまったので、いいサンプルがなくてよくわかりません(^^;)
from: カマキリ愛   2018/09/08 4:34 PM
初齢幼虫は確かに分かりにくく自信がないですね。
コメントする