虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
見たことがないハゴロモ 外来種?
 
近所に見たことがないハゴロモがいることに気がつきました。
若齢幼虫はアオバハゴロモ、終令幼虫と成虫はアミガサハゴロモみたいな虫です。 


6月はハゴロモの幼虫が見られる季節です。
お尻に毛の生えた姿がおもしろい虫たちです。

好きな虫なので見つけるとカメラを向けたくなりますが、近所の道端で見かけるのが、アミガサハゴロモの幼虫に似てはいるけれど、毛束も体色もちょっと違う感じ。

外来種のシタベニハゴロモでもオオシラホシハゴロモでもありません。 

ネットで検索してみると、関西の方が「台湾からの移入種」ではないかとブログに載せていらっしゃいました。
「不明ハゴロモ Ricanula sublimataの一種」2017.9.21


たくさんいましたが、どんどん羽化して、これが最後の幼虫かもしれません。
2018.7.10
外来種のハゴロモ?

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

初めて気がついたのは、近所のクスノキの幼木。

若齢幼虫はほぼ真っ白。
アオバハゴロモの幼虫にアミガサハゴロモの幼虫の毛束をつけて、毛先をカールさせた感じ。
2018.6.10
見たことがないハゴロモの幼虫

もう少し育った幼虫は、毛先のカールはそのままで、体の模様はアミガサハゴロモとは違います。
大きさは毛束もあってよくわかりませんが、アミガサハゴロモの幼虫より少し大きめ。
2018.6.18
見たことがないハゴロモの幼虫

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

比較のために、アオバハゴロモとアミガサハゴロモの幼虫を載せておきます。

アオバハゴロモの幼虫。たくさんで集まっていることが普通。
アオバハゴロモの幼虫

アミガサハゴロモの幼虫。疑問の幼虫より毛先がピンとしています。
アミガサハゴロモの幼虫

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

すぐそばのカシの幼木にたくさんいました。

真っ白な若齢幼虫。
2018.6.23
見たことがないハゴロモの幼虫

カメラを向けたせいで歩き回る幼虫たち。
2018.6.23
見たことがないハゴロモの幼虫

羽化したばかりのように見える成虫と脱皮殻。
まだ翅がしっとりした感じ。
2018.6.26.9時
見たことがないハゴロモと脱皮殻

こちらは別の日の別の成虫ですが、上のものよりも羽化してから時間が経っているようです。
鱗粉のような粉(蛾ではなくカメムシの仲間なので)が浮き出してきている感じで赤い眼。
2018.6.23.18時
診たことがないハゴロモと脱皮殻

粉が浮き出してきている個体。
アミガサハゴロモはウグイス色の粉ですが、これは鉄さびの色。
2018.6.26.9時
アミガサハゴロモに似ている

別の個体ですが、光の加減で見え方が変わります。
アミガサハゴロモより大きいですが、焦げ茶色が木に同化して目立ちません。
2018.6.26.9時
見たことがないハゴロモ

同じ幼木にいた毛束がオレンジ色がかった幼虫。
2018.6.26
見たことがないハゴロモの幼虫

同じ個体を横から。
見たことがないハゴロモの幼虫

同じ個体を背中から。
上に写っているのは、アオバハゴロモの幼虫のしっぽ。
見たことがないハゴロモの幼虫

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

すぐそばのクヌギ(コナラかも?)の幼木にもいました。

夜は眼が赤くなります。(これはアオバハゴロモとアミガサハゴロモの幼虫も同じ)
2018.6.27.22時半
見たことがないハゴロモの幼虫 夜は眼が赤い

上の幼虫、後ろから撮ってみました。
見たことがないハゴロモの幼虫

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

アオバハゴロモとアミガサハゴロモの幼虫たちが同じ木で混じって暮らしているのと同じように、このハゴロモもアオバハゴロモとアミガサハゴロモの幼虫と同居して成長しています。

だから、最初のころはアミガサハゴロモの奇形なんじゃないかと思い込んでいました。

発生の時期は、謎のハゴロモ>アミガサハゴロモ>アオバハゴロモという印象で、一番早いです。

ちなみに、この近所はベッコウハゴロモはほとんど見かけません。今日も1匹見たので、まったくいないわけではないのですが。



※追記2017.7.28.
去年の写真を整理していたら、幼虫・成虫ともにこのハゴロモが近所にいるのが確認できました。
少なくとも去年からいたようです(^^;)
2017.7.9.8時
見たことがないハゴロモ
---------- 追記はここまで




■■以前書いたハゴロモの記事

「アミガサハゴロモ」2012.7.18

「アミガサハゴロモ、ベッコウハゴロモ」2010.8.7

「ハゴロモの幼虫」2010.7.16



JUGEMテーマ:昆虫写真



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする