虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
粘球を回すムツトゲイセキグモ幼体
   
裏山の夜間観察でムツトゲイセキグモの幼体(亜成体?)が粘球を回しているのを見つけました。
 
雑木林横のサクラの葉裏のクモを探していたら、ごつごつした小さいクモが…。
よく見ると、粘球を回してる!!!!!
地面から高さ2mぐらいの場所。
2018.6.30.23:52
粘球を回すムツトゲイセキグモ

ムツトゲイセキグモは夜間に粘り気の強い球を糸にぶら下げてぐるぐると振り回して蛾を捕まえる、ナゲナワグモ科のクモです。

カメラを向けていたら、すぐに粘球を手元に引っ張って食べてしまいました。
2018.6.30.23:53
粘球を回収するムツトゲイセキグモ

小さすぎて、どうしてもきれいに撮れません。
大きな目玉のような模様は野外でも目立ちました。
2018.6.30.23:55
ムツトゲイセキグモ

粘球をまた回していないか、帰り道にのぞいてみましたが、だめでした。
2018.7.1.0:10
ムツトゲイセキグモ


この日は、昼間に雨が降って湿度が高く、気温も高かったので、ゲホウグモやトリフンの網を期待して出かけたのですが、そちらの方は完敗で…。

がっかりしていつものサクラの葉裏チェックをしていたら、こんなすごいものが見つかりました。

大きくなって卵のうができるまで育ってくれればいいのですが、このサクラ並木はよく殺虫剤をかけられているし、人の通り道だし…。

見に行くのは簡単ですが、ちょっと場所が悪いかもしれません。

人工的で殺虫剤だの殺菌剤だのが撒かれる雑木林ですが、トリノフンダマシは毎年卵のうまでたくさん見られますし、シロオビトリノフンダマシは時々、オオトリノフンダマシは今年初、マメイタイセキグモは以前に一度見ています。

ススキ原がない場所なので、トリフン類がいるイメージがないのですが、雑木林と草はらと少しの水辺があれば見られるんですね。

JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: そら   2018/07/01 10:14 PM
こんばんは、

良い場面に遭遇(私には、絶対に撮れない写真です)できて、良かったですね(^^)V。
夏場の夜は、蚊の猛攻を受けそうで、とても虫のいそうな所に行く気が起こりませんね。しかも、夜の撮影なってしたこともないし(^^;。
そう言えば、シロオビトリノフンダマシにもボカシミジングモにも最近は会ってないですが、いなくなってしまったのかな。

先週、虫撮りに出掛けて、ふと見たらナナフシモドキがシャツの上を歩いていたので、卵を産んでもらおうと拉致してきました。でも、まだ産卵をしてくれないの、暫くの間飼育してみることにしてます。

相変わらず観察を続けいているのに、凄いな〜って思っています。

from: 夏子   2018/07/02 3:07 PM
そらさん、こんにちは。

遅い時間はそれほど蚊はいませんよ。
私も夕方は蚊が多いので、行けません。
北斜面は昼も蚊が多いのですが、クモがたくさんいるので刺されるの覚悟でたまに出かけます(^^;)

ナナフシの赤ちゃん、楽しみにしています。

最近の昆虫写真はブログよりもTwitterの方が盛んなようですね。
コメントする