虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
マネキグモの交接と卵のう

5月初めから見てきたマネキグモが、結婚して卵のうができました。
経過をまとめてみます。


5月初めからサツキツツジの茂みの中にいたメスが交接していました。
去年の夏にマネキグモがたくさん見つかったので、春先からのぞいていました。
春の時点ではここのマネキグモはメスが2頭だけでした。
2018.5.24 22:43
マネキグモの交接

周辺で見つかるほかのマネキグモよりもふくよかだったメスが交接していました。
2018.5.24 22:41
マネキグモの交接

横から見ると、メスは捕食中だとわかります。
ほかのクモの交接と違って、ただじっとしているだけ。
動きもないしオスが逃げる様子もありませんでした。
2018.5.24 22:42
マネキグモの交接

しばらくしたら、ゆっくりとオスが離れていきました。
ほかのクモのオスのようにしゅっと逃げるという感じはなし。
2018.5.24 22:47
マネキグモの交接

糸に並んだメス(写真右)とオス(左)。
2018.5.24 22:50
マネキグモ オスとメス

オスを拡大して見ても、メスとは大きさ以外はあまり変わりません。
第一脚にメスのような毛束がないようです。
2018.5.24 22:51
マネキグモ オス

-----------------------------------------

翌々日にのぞいてみたら、メスは捕食中でした。前回のエサとはちがう感じ。
オスの姿は見当たりませんでした。
2018.5.26 22:37
捕食中のマネキグモ♀

何度も撮っていたら、枝先に逃げました。
2018.5.26 22:39
捕食中のマネキグモ♀

-----------------------------------------

さらに翌々日、また何かくわえています。これは前のエサとおなじような気がしますが、詳細不明。
2018.5.28 21:34
捕食中のマネキグモ♀

-----------------------------------------

すっかりお腹が大きくて立派になりました。
2018.6.7 13:30
お腹の大きなマネキグモ♀

-----------------------------------------

ついに卵のうができていました。枯れ枝にしか見えませんが。
この日の朝には卵のうができていたので、前日か前々日に作ったのでしょうか。
2018.6.9 19:18
卵のうを守るマネキグモ♀

メスが枝先にくっついて、お尻の辺りに卵のうがくっついています。
卵のうを守るマネキグモ♀

くっついている部分を拡大。
卵のうを守るマネキグモ♀

撮っていたら、卵のうがぽろりと外れました。
去年卵のうを見つけた時は母グモの第一脚にしっかりと固定されていました。今回はまだ固定前?
2018.6.9 19:20
マネキグモの卵のう

メスが卵のうを抱えに来ました。
2018.6.9 19:24
卵のうを守るマネキグモ♀

カメラを向けても離れません。
卵のうを守るマネキグモ♀

この後しばらくしたら、子グモたちが出のうしてきます。
雨が降ったりして毎日観察には行けなくなりますが、立ち会えるとうれしいです。

マネキグモはいろんな場所で見つかるクモですが、後日見に行っても同じ場所にいることは少ない気がします。

今回のサツキツツジの茂みはよほど居心地がいいのか、一度見つけたマネキグモはその後もずっと観察することができるありがたい場所です。


その後の様子はこちら。
「マネキグモの出嚢」(2018.7.3)


※以前の記事
「卵のうを守るマネキグモ」2017.8.28

「マネキグモが出のう」2017.9.12

卵のうを見つけてから子グモたちが出てきたところまでの観察です。





JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする