虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
アオマツムシの求愛
  
今住んでいる街は秋の夜はアオマツムシの鳴き声一色になります。
コオロギや本物の(!)マツムシも鳴いていますが、打ち消されてしまいます。
ちょっと増えすぎじゃない?
日没から9時くらいまでは、街路樹の横を通ると、上から声が降って来る感じ。

最近は明るい時間にも鳴いているようなので、午後早い時間に探しに行ってみました。
併せて7月下旬から見てきたアオマツムシたちの様子をまとめてみました。


--------------------------

アカメガシワでアオマツムシの声がするので探してみました。(2017.9.27.15時)

アオマツムシは葉が重なり合ったところに隠れて鳴いていることが多く、大声のわりに見つけにくい虫。
明るい時間は夜ほど大量に鳴いていないので、声の出所が探しやすいようです。

何匹か見つかりましたが、こちらはオスとメスが様子をうかがっています。
接近するアオマツムシの♂♀

時間をかけて接近。この間、オスは一度も鳴きませんでした。
接近するアオマツムシの♂♀

やっとオスとメスが並んで。
オスは音は出さずに翅を少しずつ何度も持ち上げます。ここからメスを誘うにおいが出るらしいです。
接近するアオマツムシの♂♀

精球を受け渡して結婚が成立するのを待ちましたが、この後、メスがのこのこと歩いて立ち去りました。
オスのにおいが気に入らなかった?

--------------------------

ソヨゴの枝でオスが数匹大きな声で鳴いていました。(2017.9.27.15:15)

同じ木がたくさんある場所でも、鳴いているオスは一か所に集中しているようです。
縄張り争いの鳴き声なのでしょうか。

しばらく見ていたら、メスが鳴いているオスに近づいて、ぴたりと並びました。
アオマツムシの♂♀

高いところなので枝を引き寄せて写真を撮っていたら、私が気になったのか、バラバラになってしまいました。
あとちょっとだったのに…。お邪魔しました。
アオマツムシはだいたい人の背丈よりも高いところで鳴いています。

--------------------------

サクラの葉に隠れてオスが数匹鳴いていました。(2017.9.27.15:40)

鳴いているオスのそばを見ると、メスが見つかります。
メスに向かって鳴くアオマツムシの♂

このオスの鳴き声は、いつも聞く「リーリー」という大声ではなく、かすれるような小さな声でした。
求愛の声だったのでしょうか?
メスに向かって鳴くアオマツムシの♂

鳴き続けながら、歩いてゆっくりメスに近づきます。メスは不動。
メスに向かって鳴くアオマツムシの♂

結局気に入ってもらえなかったようで、メスは歩いて去ってしまいました。
メスに向かって鳴くアオマツムシの♂

同じ木で、別のカップルも接近していました。
メスに向かって鳴くアオマツムシの♂


この日見ていた感じでは、アオマツムシはメスの方に選択権があるようです。
恋の歌を歌って時間をかけてメスに近づくことができても、相手が気に入らなければメスはさっさと立ち去ります。
気を持たされたのに振られるオスがちょっと気の毒になりました。

--------------------------

夏の間に見かけたアオマツムシが成虫になるまでの様子をまとめてみました。

脱皮直後と思われる幼虫。
サクラの葉が大好物なようで、うちの近所では桜並木で一番よく見つかります。(2017.8.8)
アオマツムシの幼虫

上の幼虫が止まっていた桜の葉の裏側に、脱皮殻がついていました。
アオマツムシの脱皮殻

フクログモの住居のような葉っぱを糸で重ねたところを剥がすと、幼虫が見つかります。(2017.8.8)
アオマツムシの幼虫

終令幼虫はかなり恰幅がよくなります。(2017.8.4)
アオマツムシの幼虫

グルーミング中の幼虫。(2017.9.1)
アオマツムシの幼虫

白い何かを食べているメス。これは、自分の脱皮殻?(2017.8.31)
何かを食べるアオマツムシ♀

こちらも、クモの住居の再利用の隠れ家。(2017.8.9)
アオマツムシの幼虫

成虫になっても、できるだけ隠れていたいアオマツムシ。(2017.8.29)
アオマツムシの幼虫

成虫のオスが鳴く時も、葉っぱの隙間で鳴いているのをよく見かけます。(2017.9.12)
メスに向かって鳴くアオマツムシの♂

最近、ジョロウグモに捕まっているアオマツムシの成虫をよく見かけます。
成虫は、シュッと横に飛ぶので、障害物に引っかかりやすいんでしょうね。
アオマツムシを捕まえるジョロウグモ


※以前書いたアオマツムシの記事はこちらです

「アオマツムシ」(2012.9.26)



JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする