虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
ムネアカハラビロカマキリと在来ハラビロカマキリ in愛知
 
在来のハラビロカマキリよりも大きなムネアカハラビロカマキリが、近所の雑木林でも見つかりました。
愛知県にも入ってきているのは知っていましたが、わが街で見たのは初めてです。


昨日の夜のクモ見の時に、枝先にいるものを確認していく途中で発見。

夜間観察を始めたのは7月下旬からですが、ここ数日ハラビロカマキリを見かけることが多くなりました。
昨晩は3つハラビロを見かけましたが、最後に見た個体は、いつものハラビロよりも胸部のピンクがはっきりしていました。

以下、4つの個体を観察して比べてみました。

No.1
これが、問題の外来種のハラビロカマキリです。

アベリアにいたムネアカハラビロカマキリ。
ムネアカハラビロカマキリ

上の個体を持ち帰って、翌日撮影してみました。
体長は8cm。胸が赤いのと、カマの部分の黄色い点々が多いのが在来種との相違点。
虫の下にある粒々はムネアカハラビロカマキリのフンです。
ムネアカハラビロカマキリ

このカマキリ、ものすごく凶暴で指先をがぶりと咬まれました。
カマキリを手づかみしたことは何度もありますが、これは何度も指を咬もうとしてくるし、脚先もトゲが鋭いのか、手袋に引っかかって取れません。もう持ちたくありません(^^;)
ムネアカハラビロカマキリ

背中の白斑は、在来ハラビロよりも目立ちません。
ムネアカハラビロカマキロ背面から

お腹は全体が緑色。
これ、あとで在来ハラビロの比較画像が出てきます。
ムネアカハラビロカマキリ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

No.2
同じ晩に近くの梅の枝で見た在来種のハラビロカマキリ。

お腹が大きいハラビロカマキリ。
横からしか撮りませんでしたが、胸は赤くありません。
ハラビロカマキリ

お腹の横は少しピンク色。何を食べたんでしょうね。
ハラビロカマキリ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

No.3
同じ晩に近くの桜の枝で見た怪しいハラビロカマキリ。

大きさは在来ハラビロぐらいなんですが…。
ハラビロカマキリ?

足が赤い。No.1のムネアカは足は赤くありません。
ハラビロカマキリ?

ひっくり返してみると、カマの黄色い点々は在来ハラビロですが、胸部はムネアカっぽい感じ。
おそらく普通のハラビロでいいと思います…。
もしかしたら、在来とムネアカの混雑? それともハラビロカマキリは褐色型がいるので、それとの混雑??
つい勝手に悪い方に考えてしまいます。
ハラビロカマキリ?

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

No.4
ちょっと前に見た怪しいカマキリ。

すごく大きいのにお腹が大きくて、ムネアカハラビロカマキリかと捕まえてみましたが…。
オオカマキリの終令幼虫

おそらく、オオカマキリの終令幼虫です。
幼虫なのに、立派なお腹でした。
オオカマキリの終令幼虫


ここ数年カマキリは虫撮りの対象にしていないので、ハラビロとムネアカの状況がどうなっているのかはわかりません。
ただ、今年の冬にカマキリの卵のう探しをわりと真面目にやりました。
そのときにはムネアカハラビロカマキリ特有の黒っぽい卵のうは見つかりませんでした。
わが街にはまだ入ってきたばかりということでしょうか。


※ご参考
愛知県のほかの街ですが、調査資料がありましたのでリンクさせていただきます。

矢作川流域におけるムネアカハラビロカマキリの分布拡大

豊田市矢作川研究所月報Rio 2014年3月


※追記2017.9.4.
以前にアップした記事にムネアカハラビロカマキリの画像がありました。
「アブラゼミの受難」(2016.8.21)

つまり、ムネアカハラビロカマキリはわが街に少なくとも去年の夏には入り込んでいたようです。
ご指摘くださった「カマキリ愛」さん、ありがとうございました!
------------------- 追記はここまで


※追記2017.9.6.
近所の公園の道にムネアカハラビロカマキリの幼虫が落ちていました。
生きてはいましたが、すでに瀕死状態でした。(2017.9.2.)
ムネアカハラビロカマキリ幼虫

カマの黄色い点々の数が多いのでムネアカハラビロカマキリ。幼虫は胸が赤くないですね。
カマの付け根は黄色でもオレンジでもないので、オオカマキリでもチョウセンカマキリでもないと思います。
ムネアカハラビロカマキリ幼虫

背中から。
ムネアカハラビロカマキリ幼虫
------------------- 追記はここまで


JUGEMテーマ:昆虫写真



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

- | 18:10 | comments(5) | - | pookmark
コメント
from: カマキリ愛   2017/09/03 9:55 PM
2016.08.21の記事にムネアカハラビロカマキリが確認できます。
from: 夏子   2017/09/04 8:14 PM
カマキリ愛さん、本当ですね!

全然気がつきませんでした。ありがとうございます。

2016.8.21の記事は、今回見つけた場所から道路を隔ててすぐの公園です。
今回の記事を書いた後、そこでもムネアカを見つけました。
from: カマキリ愛   2017/09/05 3:28 AM
在来種ハラビロカマキリは体色の種類が豊かで、その中には体の一部赤味を持つものも存在します。
オオカマキリのほうは更に露骨で、ムネアカとしか言えないような色彩の特徴を示す赤い腹面の個体が存在します。
from: かめちゃん   2017/10/28 9:17 AM
はじめまして。
ムネアカハラハラビロカマキリを検索していて、訪問させていただきました。
10月27日、瀬戸市岩屋堂でムネアカハラハラビロカマキリを3匹確認しました。
すべて、路上です。
成虫でも樹上性のハラビロカマキリに比べ、ムネアカハラハラビロカマキリが観察されやすいのは、その行動も関係があるように感じました。
from: 夏子   2017/11/02 1:19 PM
かめちゃんさん、コメントありがとうございます。

瀬戸はムネアカハラビロが優勢のようですね。
路上で活動しているのか、たまたま木から落ちたのか、どちらなんでしょう。

近所で最近見るカマキリたちは、コンクリートの擁壁が日差しで温まった場所で構えています。

本筋からずれますが、カマキリの手持ち写真がお上手ですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/harugon10st/41157216.html

私は指に噛みつかれて怪我をして以来、怖くて手持ち写真が上手く撮れません(^^;)
コメントする