虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
こんな時期にアオオニグモのオスの成体
 
夜に見に行くと、いろんなクモが葉先から糸を渡してぶら下がっています。
極小サイズのクモがほとんどですが、アオオニグモのオスは体長5ミリぐらいあるので目立ちます。



雑木林の桜の葉先に糸を渡してぶら下がっていたアオオニグモのオスの成体。(2017.8.14.21:00)
アオオニグモのメスやオスの亜成体は背中がつるっとしていますが、オスの成体はもこもこした感じ。
アオオニグモ♂

上のクモ、ゆらゆらして撮りにくいので、葉先に移動してもらいました。
アオオニグモ♂

上のクモより前に見たオスの成体。(2017.8.4.23:00)
同じ場所の少し離れたところでぶら下がっていました。背中の模様が違うので、上のオスとは別の個体と思うのですが?
アオオニグモ♂

上のクモを拡大。
アオオニグモ♂

もこもこがわかるようにトリミングしてみました。背中の真ん中に傷がありますね。
アオオニグモ♂

アオオニグモはわが街では初夏によく見かけるクモです。
メスが葉先に住居を作って隠れ、金色の切れ網を作っているのを見かけます。
最近はもうメスの姿を見なくなりましたが、今ごろオスの成体?

オスは夏のうちに成体になってから冬を越すのでしょうか?

ここで夜にオスを見かけてから、金色の切れ網を探していますが、どれも隠れているのはビジョオニグモのメスばかり。やっぱりアオオニグモのシーズンは終わっているはず。
私が観察している雑木林はちょっと標高が高いせいか、太平洋沿岸の平地のほかの観察者の方々よりもクモの成長が
遅れ気味ですが、これはちょっと違和感があります。

昼間に観察していると、初冬にオスの亜成体を見ることがあるので、アオオニのオスは亜成体で越冬するんだと思っていました。

ずっと前の写真ですが、11月下旬に見つけたオスの亜成体。(2009.11.26.)
アオオニグモ♂


※以前に見たアオオニグモの記事
「アオオニグモとヒメアリ」
(2010.6.2.)

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする