虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
ヒメカマキリモドキ カマキリみたいなハチみたいなカゲロウ
 
近所の雑木林でヒメカマキリモドキに会うことができました。
上半身はカマキリで下半身はハチのような外見の虫ですが、アミメカゲロウ目カマキリモドキ科です。


この虫、今月上旬の夜にわが家の庭でも見つけたのですが、適当に扱って取り逃がしてしまって以来、ぜひ会いたいと思っていました。
街灯によく飛んでくる虫だそうですが、私は今まで見たことがありませんでした。

雑木林の湿地のススキにいたヒメカマキリモドキ。(2017.8.17.午前11:00)
ナゲナワグモ類を探していて、そちらの方はさっぱりでしたが、思いがけない収穫でした。
ヒメカマキリモドキ

見つけた時は、こんな感じでじっとしていました。
体長1.7センチくらいなので、予め知らなければホソアシナガバチか何かだと思って見逃がしそう。
ヒメカマキリモドキ


憧れの珍しい虫なので、当然持ち帰って写真撮影会。
普段何を見せても驚かなくなった子どもたちに見せたら、さすがに「ほほー。なんじゃこれ」とのぞき込んでいました。

横から。
ヒメカマキリモドキ横から

真上から。
ヒメカマキリモドキ真上から

斜め上から。
ヒメカマキリモドキ斜め上から

鎌はいつもたたんでいます。獲物を捕まえる時しか使わないのかな?
ヒメカマキリモドキの鎌

私が鎌を開いているのを見たのはこのときだけ。(ピンボケすみません)
ヒメカマキリモドキの鎌

グルーミングの時は鎌が邪魔みたい。
ヒメカマキリモドキグルーミング


すばしっこい虫で、撮っている間に何度も逃がしてしまいました。
短い距離はピョンピョンと飛んで、部屋の照明器具に行こうとする時はらせん状に回りながら上がっていきました。
チョウやトンボとも違うし、バッタとも違う独特な飛び方。クサカゲロウのようにヒラヒラでもありません。
野外で一回逃がしてしまったら、もう追いつくのは無理でしょうね。


調べてみたら、この虫は葉っぱの裏に小さい卵を大量に産みつけ、生まれてきた幼虫たちはコマチグモなどの卵のうに入り込むのだそうです。
クモを観察していると背中にイモムシがついているのがありますが、この虫はクサカゲロウの幼虫のような形のイモムシになってクモの背中に張りつくようです。


夜に同じ雑木林でクモの観察をしていたら、ヒメカマキリモドキの卵らしきものを見つけました。

桜の葉に産みつけられたウロコアシナガグモの卵のうのそばに、大量の白い卵。(2017.8.17.23:30)
ウロコアシナガグモもヒメカマキリモドキも、母親の姿はありませんでした。
ヒメカマキリモドキの卵

上の卵を拡大。クサカゲロウのうどんげに似た形です。
孵化後のものと孵化前のものが混じっているようでした。
ヒメカマキリモドキの卵


JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: tk   2017/12/22 1:11 PM
初めまして。私は大学でカマキリモドキの研究を行っております。
愛知のこのカマキリモドキに興味があり、標本や生息地についてお伺いしたく、コメントさせていただきました。
よろしければご面倒ではございますが、上記の事に関しお教えいただきたいです。
コメントする