虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
卵のうを守るマダラヒメグモたち

マダラヒメグモはわが家の玄関先や室内(!)によくいるクモですが、初めて自宅以外の場所で見かけました。

1982年に名古屋港で発見された外来種のクモだそうです。

前回の記事のオオヒメグモの網のそばに、ちょっと違うクモが…。
写真ではわかりにくいですが、不規則網の中にいます。
マダラヒメグモと卵のう

小枝で刺激して顔を見せてもらいました。マダラヒメグモですね。
ここは雑木林の展望台の軒下ですが、今まではジョロウグモとオオヒメグモが中心でした。
ここでマダラヒメグモがいるのを見るのは今年が初めて。
マダラヒメグモと卵のう

右の卵のうは、卵が透けて見えます。作り立て?
マダラヒメグモの卵のう

左の卵のうは、全然別物のように見えます。右のはこれからもっと糸を巻いてぎゅっとまとめるのかな?
マダラヒメグモの卵のう

すぐ横で、マダラヒメグモの幼体と思われるクモが女王アリにかぶりついていました。
マダラヒメグモ幼体?

さらに、横のスペースにも別のマダラヒメグモと卵のうが。
マダラヒメグモと卵のう

これはちょっと模様が違いますね。こういう模様のマダラヒメグモは初めて見ました。
マダラヒメグモ


マダラヒメグモは、わが家の玄関先や水道栓の中、室内の掃除をサボった隙間などによく見かけます。
自宅にいるのに気がついてからもうすぐ6年。
このクモは、自分の仲間に対して寛容というか、同種で近くにいることが多いです。
2011年10月に書いた自宅にいたマダラヒメグモの記事(こちら)で、メスの横にオスが長い間じっとしてるという話を書きましたが、その翌年も同じような状態を見かけました。

自宅の玄関先にいたマダラヒメグモのオスとメス。(2012.9.27.)
自宅のマダラヒメグモ♂♀

1つの網のすぐそばに別の個体の網がいくつかできても、なかよく(?)暮らしているようです。

今回、すぐそばにあったオオヒメグモの卵のうにはクロマルイソウロウグモが侵入していたのに、マダラヒメグモの方にはクロマルイソウロウグモもヤリグモも侵入していませんでした。
自分の仲間以外にはガードが固いクモなのかもしれませんね。(完全に個人意見ですが)


JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする