虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
オオヒメグモを襲うクロマルイソウロウグモ♂♀
  
オオヒメグモの卵のうから出のうする子グモをクロマルイソウロウグモが狙っていました。

観察したのは2つのオオヒメグモの網です。
(2017.8.13.午前8:30)


1番目のオオヒメグモの網はこんな感じ。
卵のうは1つあって、そこに小さいクモがスタンバイしていました。
写真に全部は写っていませんが、網の中に侵入していたのは、クロマルイソウロウグモのメス1、オス1、雄雌不明1、シロカネイソウロウグモ1、ヤリグモ1でした。
オオヒメグモの網にクロマルイソウロウグモ

この写真はクロマルイソウロウグモのメス1、オス1(右)とシロカネイソウロウグモ1(左)。
クロマルイソウロウグモはクモを食べるクモ。
シロカネイソウロウグモは、ほかのクモの獲物をかすめ取るクモ。
クロマルイソウロウグモとシロカネイソウロウグモ

お腹の大きなクロマルイソウロウグモのメスが卵のうに張りついて、ほかの小さいクロマルイソウロウグモたちは卵のうに近づいてもちょっと網が揺れるだけで慌てて逃げ出していました。
クロマルイソウロウグモ♂♀

このオスはエサ目的よりもメスに近づこうとしているようでした。
卵のうは出のう前のようでしたが、メスは勝手に穴を開けて子グモを引っ張り出して食べている感じです。
クロマルイソウロウグモ♂♀

網主のオオヒメグモは既に絶命。
オオヒメグモ

シロカネイソウロウグモを拡大。
今年はこの雑木林はシロカネイソウロウグモの数が少ない気がします。この周辺数メートル四方でもこれ1頭だけでした。
シロカネイソウロウグモ

ヤリグモを拡大。ヤリグモもクモ食いのクモ。
(よく似たクモに、ヒゲナガヤリグモとタテスジヤリグモがあるので、そちらかもしれません)
ヤリグモは近くに出のう済みの卵のうがあって、小さい個体があちこちの網に侵入していました。
この場所では毎年の常連です。
ヤリグモ


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


もう1つのクロマルイソウロウグモが入り込んでいたオオヒメグモの網。

ここは2頭入っていましたが、大きめのメスと小さめのメスのようでした。
オオヒメグモの網にクロマルイソウロウグモ

卵のうから出てくる子グモたちを襲うクロマルイソウロウグモ。
子グモを襲うクロマルイソウロウグモ

1頭食べて終わるわけではなく、次々と食べ放題。
子グモを襲うクロマルイソウロウグモ

こちらのオオヒメグモの母グモは生きていました。
卵のうから離れたところでじっとしていました。抵抗するとクロマルにやられてしまうから諦めモード?
オオヒメグモ


この場所は、毎年オオヒメグモの網がたくさんできます。
卵のうがたくさんできて、母グモも丸々と太ります。
これだけやられっぱなしなのは、私が観察している中で初めてかもしれません。


※以前書いたクロマルイソウロウグモの記事
「クロマルイソウロウグモとオオヒメグモ」(2012.9.7.)


JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする