虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
臭い液を出すユミアシゴミムシダマシ
 
久しぶりに虫に臭い液を掛けられました。
ユミアシゴミムシダマシという虫のようです。
(2017.8.3.22時撮影)

朽ち木やキノコを食べる虫で、珍しくない虫のようですが、私は初めて見ました。
キマワリよりも大きいし、動きはとても緩慢です。
ユミアシゴミムシダマシ


幹が割れていてキノコも生えているような桜の木の根元にコクワガタのメスのような虫を見つけました。
割れ目に入りそうだったので、「ちょっと顔だけ見てやろうか」と胴体を引っ張ったら…。

手を出す前は光沢のないお尻だったのに、なにか濡れてる?
恐る恐る自分の指についた液体の臭いをかいでみたら、病院の消毒薬のような臭いが。
もっとすごい臭いを覚悟しましたが、許容範囲内でした。

背中が濡れている黒い虫…。
ユミアシゴミムシダマシ

コクワガタじゃない新顔のようなので、気を取り直して全身を撮影。
全身を見ると、コクワとはまったく印象が違いますね。
ユミアシゴミムシダマシ

この前足の形が弓のようなので「ユミアシ」という名前だそうです。
ユミアシゴミムシダマシ

ネットで調べると、同じ場所に複数見つかることがあるようなので、翌日以降、昼や夜に何度かのぞきました。
昼に行くと、まったく姿が見られませんでしたが、夜に行くと同じ場所にいつも1匹でじっとしていました。
何かを食べているわけでもなさそうだし、ゆっくりと割れ目の奥に入ろうとするだけで、あまり面白みのない虫でした(^^;)


脱線しますが・・・。
私が今までで一番臭いと思ったのはアオオサムシ。臭いというか強烈な刺激臭ですね。
アオオサムシ


ユミアシゴミムシダマシのいた桜の木のうろに固まっていたヨコヅナサシガメの幼虫。これは、毎年この場所で見かけます。
ヨコヅナサシガメ


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする