虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
今年庭にできたセグロアシナガバチの巣

今年は庭にセグロアシナガバチが3つも巣を作りました。
それもかなり至近距離に3つ並んで作り、それぞれ1mも離れていません。
スズメバチに襲われたりして、なかなか苦戦中。
今日までの巣の様子をまとめます。

■5月5日13:00
作り始めたばかりの巣が3つ。
花壇の横のサザンカの茂み、地上20cm弱の低い場所。これが一番最初に巣作りを始めました。(以下Aの巣とします)
セグロアシナガバチの巣_作り始め

マルバヒサカキの茂み、地上50cmくらい。(以下Bの巣)
セグロアシナガバチの巣_作り始め

マルバヒサカキの茂み、地上10cmくらいのかなり低い場所。3匹の女王蜂の中で、これが一番攻撃的でした。(以下Cの巣)
セグロアシナガバチの巣_作り始め


■5月18日
Cの巣の女王蜂が近づくといちいち攻撃してくるので、巣から離れている隙に枝ごと巣を撤去しました。
すでに幼虫がいます。
セグロアシナガバチの巣_卵と幼虫

巣を撤去した後、いつまでも近くをウロウロしていて、なんと、そばにあったエアコンの室外機の中に出入りし始めました。室外機の中に巣を作られては困るので、室外機とその周りに木酢液を水で希釈したものを何度かまいたら、姿を見かけなくなりました。


■5月19日9:30
朝の食事タイムなのか、ABともに幼虫たちに肉団子をあげていました。

Bの巣の餌やり。
青い肉団子をていねいに丸くしてから1匹の幼虫に与え、また丸め直して次の幼虫に与え…。肉団子がなくなると、手足をなめてグルーミング。Bの巣は、よく見えて観察しやすい位置にあります。
セグロアシナガバチ_肉団子
拡大すると…。
セグロアシナガバチ_肉団子

Aの巣の餌やり。こちらは灰色の肉団子。
セグロアシナガバチ_肉団子


■5月22日
Bの巣に、さなぎ用の白いキャップができていました。
セグロアシナガバチの巣_白いキャップ

女王がいない隙にBの巣の中身拝見。たくさん幼虫が育っています。
セグロアシナガバチの巣_白いキャップ

ちなみに、Aの巣はキャップはまだできていません。
セグロアシナガバチの巣


■5月30日7:30
Aの巣がきれいな釣鐘状の形になりました。
セグロアシナガバチの巣

Bの巣ではまた餌やり中。
セグロアシナガバチ_肉団子


■6月13日15:30
ヒメスズメバチがセグロアシナガバチの巣を物色しに来ていました!!
名前に「ヒメ」がつきますが、かなり大きくて迫力があります。怖いのでフラッシュなしの撮影です。
最初にAの巣の周りを歩いて物色した後、なにもせずにBの巣へ。

しばらくBの巣の穴の中に顔を突っ込むことを繰り返していました。
セグロアシナガバチの巣にヒメスズメバチ

しばらくして立ち去ったのですが、この写真を見る限りでは手ぶら?
セグロアシナガバチの巣にヒメスズメバチ

ヒメスズメバチが物色している間、セグロアシナガバチたちは近くの枝に隠れていました。もっと反撃するかと思ったら、まったくしないでコソコソ。
ヒメスズメバチから逃げたセグロアシナガバチ

ヒメスズメバチが去ってから10分ほどして巣に戻ったところ。
セグロアシナガバチの巣

ヒメスズメバチは、オオスズメバチの次に大きいのですが、攻撃性は少なく、アシナガバチの幼虫やさなぎを好むハチだそうです。
九州大学上野高敏先生の解説ページ


■6月28日16:00
Aの巣で卵がむき出しになっています。
セグロアシナガバチの巣_卵


■7月1日7:30
Aの巣の卵が巣材で覆われていました。
巣穴を作ってから卵を産みつけるのではなく、産んでから巣穴を作るようで、なんだか無防備な感じです。
セグロアシナガバチの巣_卵が隠れた

Bの巣でもむき出しの卵が。
セグロアシナガバチの巣_卵


■7月3日9:00
Aの巣でさなぎが顔を出していて、口移しでなにかやっているようです。
本来この時期は白いキャップに覆われているはずじゃないのかな? Aの巣はさなぎのキャップが作られる気配がないようです。
セグロアシナガバチの巣_さなぎ

Bの巣では、むき出しの卵がさらにもう一つ増えました。
セグロアシナガバチの巣_卵


■7月5日15:00
すでに7月になったというのに、二つとも働き蜂がなかなか増えません。
わが家の庭の例年のペースだと、セグロアシナガバチの巣は7月上旬にはかなり大きくなっているはず。
今年はエサになる虫が少ないのか?
近くに別の巣があるせいで、共倒れになっているのか?
ヒメスズメバチが私の知らない間に頻繁に来ているのか?

Aの巣は相変わらずキャップができません。
セグロアシナガバチの巣_現在

Bの巣はむき出しの卵が一つ放置されたまま。あとから産みつけられた卵の方が先に巣穴ができています。
セグロアシナガバチの巣_現在


■ご参考
以前のセグロアシナガバチの巣。7月2日現在の様子。今年の巣とは全然迫力が違います。
セグロアシナガバチの巣

■たくさん巣ができた理由で考えられること
うちは小さい庭なのでどの場所に巣を作られても危険があります。
気をつけていたのに、今年は3つも作られてしまいました。

春先に巣材になるような枯草が庭にあると、それを削って唾液で溶かして巣を作るようです。
最近は、巣材になりそうな多年草の枯れ枝などは春が来る前に切り取るようにしていました。

去年の秋から、お隣りが除草剤を頻繁にまかれるようになりました。
お隣りの庭は常に枯れた草がいっぱいある状態。
今年は今まで巣ができた場所ではなく、お隣りとの境界にできたことを考えると、除草剤で枯れた草が巣材になったのではないかと思われます。

お隣りは庭に出るのは除草剤をまく時だけなので、境界にハチの巣ができても困らないかと思って放置しています。
来年もこの調子でたくさんハチの巣ができるのかな?
今回上手くハチが育たないのは、もしかしたら除草剤が付着した巣材のせい?
除草剤というのは、そんなに長期間残留するものなのでしょうか。


※追記
お隣りのせいにしていましたが、アシナガバチが増えなかったのはヒメスズメバチのせいかもしれません。
この後の経過をまとめました。

「庭のセグロアシナガバチが全滅 ヒメスズメバチに襲われる」(2017.7.19)
-----------------------------追記ここまで



<関連の記事>
「庭にできたアシナガバチの巣」(2016.5.20.)
「コガタスズメバチの巣の撤去 毛むくじゃらのスズメバチ」(2016.10.9.)


JUGEMテーマ:昆虫写真




kotoba(コトバ)2017年夏号
ファーブルに関して、昆虫界でおなじみの方々がエッセイを寄せられています。
虫好きな人にはぜひおすすめの特集号です。
私はアマゾンで購入しましたが、近所の書店では全然見かけないのが悔しいです(^^;)
  

ハチ (ずかん)


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする