虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
ホシミスジの終令幼虫がいました
 
近所のユキヤナギで、ホシミスジの終令幼虫を見つけました。
ホシミスジは愛知県では東部の山のチョウで、わが街にはいなかったはずですが、すっかり定着したようです。

ユキヤナギの葉をかじっている幼虫を発見。(4月30日)
ホシミスジの幼虫

翌日にも数メートル離れた場所で終令幼虫を発見。(5月1日)
ピンボケですが、大きさ的にはこのくらい。遠目には枯れ葉にしか見えません。
ホシミスジの幼虫

上の幼虫を横から見ると。薄緑色の模様が印象的。
ホシミスジの幼虫横から

背中から見ると。
ホシミスジの幼虫

家に持ち帰りユキヤナギの枝につけておいたら、前蛹になりました。(5月8日)
ユキヤナギアブラムシが体の上を歩くのが嫌なようで、ぶら下がった状態で体をグイッと動かします。
ムラサキツバメの幼虫のようにアブラムシとなかよくするのかもしれないと思って、幼虫と一緒にアブラムシも持ち帰りましたが、特に関連性はないようでした。
ホシミスジの前蛹

アブラムシを拡大。2匹写っています。
ホシミスジの前蛹

翌日、前蛹はさなぎに、幼虫だったものは前蛹になっていました。(5月9日)
ホシミスジの前蛹と蛹

さなぎを拡大。頭部の脱皮殻がくっついています。
ホシミスジの蛹

この日までに幼虫たちが落としたフン。
ホシミスジの幼虫は、蛹化する前に水っぽいうんちをしないんですね。
ホシミスジの幼虫のフン

現在は2匹ともさなぎの状態です。

今年はホシミスジが飛んでいるのはまだ見ていません。そろそろのようですね。
(コミスジは今日飛んでいるのを見かけました)

わが家の近所で初めてホシミスジを見たのは2015年の5月。
それ以降、全然珍しいチョウではなくなりました。

東京でもホシミスジは突然現れたようですが、原因は放蝶なのでしょうか。
公園昆虫記「ホシミスジが出現!」2014.7.3


<関連の記事>
ホシミスジが来ました(2015.5.22.)
ホシミスジが定着(2016.5.22.)


JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする