虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
日本のクモ (ネイチャーガイド)
日本のクモ (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが楽しくなりました。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
サギのねぐら入り

土曜日は天気がよかったので、久しぶりにサギのねぐら入りを見に行ってきました。
出かけたのは、数年前によく通っていた隣町の池です。(2016.10.15.)

16:30 観察開始。まだ太陽が高くて逆光で日没待ち。

16:50 サギは数羽到着済み。カワウが5羽、旋回中。
カワウ

大サギと思われる大きなサギはだいたい1羽で飛んできます。サギのねぐら入り
サギのねぐら入り
サギのねぐら入り

小さいのは2羽、または5〜6羽で賑やかに。
サギのねぐら入り
サギのねぐら入り

17:40 最終的にはこのくらい集まりました。日も沈んで真っ暗。
この時点でも、まだぽつりぽつりと飛んでくるサギもいました。
サギのねぐら入り

以前私がここに通っていたのは9月でしたが、その時期は頭がまだオレンジ色のアマサギがたくさん来ていました。
9月時点で、アマサギを入れて100羽くらいがねぐら入りしていました。アマサギはこの辺りでは夏鳥です。
その後、10月にはねぐらに入るサギはほんの数羽に減ってしまいました。

今回は4年ぶりでしたが、10月なのに50羽くらいは来ていました。
薄暗い中を飛んでくる姿だけでの識別でしたが、大サギと小サギが集まっている感じでした。

一緒にねぐら入りを見ていた鳥見の先輩によると、今年の9月には300羽は入っていたそうです。
ねぐら入りするサギの数が、以前よりも増えたようです。
それに伴って、観客の数も少々増えたようです。


余談ですが…、カイツブリのダッシュ。
カイツブリって、水面を走るんですね。
カイツブリのダッシュ

※過去の関連記事
「サギたちは南へ」(2012.10.11.)



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

- | 20:09 | comments(0) | - | pookmark
コメント
コメントする