虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
ボクトウガの幼虫を襲うオオスズメバチ

スズメバチが集まるコナラの樹液場に、ボクトウガの幼虫が出てきました。
風貌(?)に似合わず、強気なので驚きました。
(2016.10.7.)

コナラの幹を結構なスピードで進むボクトウガの幼虫を見つけました。
これは、樹皮の下に傷をつけて樹液を出してくれるカブクワにはありがたい虫です。
樹液に集まる小昆虫を食べる肉食の虫だそうですが、普段は樹皮下に隠れていて全身を見かける機会はあまりありません。
ボクトウガの幼虫

その場にたくさんいたオオスズメバチのうちの1匹がボクトウガの幼虫に気がつきました。
ボクトウガの幼虫とスズメバチ

スズメバチはしつこくつつきに行きます。ボクトウガ逃げる。
ボクトウガの幼虫とスズメバチ

何度か、つつくのと逃げるのが何度も繰り返されました。
ボクトウガの幼虫とスズメバチ

ボクトウガの幼虫が逃げ切るかと思ったら…。

しつこいスズメバチに、ボクトウガの幼虫がヘビみたいに鎌首を持ち上げました。
この後、スズメバチがあきらめて、ボクトウガも立ち去りました。
ボクトウガの幼虫とスズメバチ

この日はスズメバチトラップがしかけてあったせいもあって、オオスズメバチが10匹以上固まっていました。
コヨリがついたスズメバチも来ていました。誰がつけたんでしょうか?
スズメバチ


今回は、逃げるボクトウガをオオスズメバチが追いかけていたところだと思いますが、場合によってはボクトウガが樹皮に隠れながらスズメバチを襲う場合もあるようです。

※ご参考資料: 「ボクトウガ幼虫による樹液依存性節足動物の捕食」香川大学農学部学術報告

かなり色調のおかしな、どぎつい色の写真になってしまいました(^^;)
ボクトウガの幼虫がの動きがとても速かったので、シャッタースピード1/1000、途中から1/650で撮って、フォトショップで明るさを大幅修正。
スズメバチがいつも以上にたくさんいたし、かなり攻撃的な雰囲気だったので、いつものようにフラッシュを使う勇気は出ませんでした。



JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする