虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
夜のアカメガシワにいた虫たち

アカメガシワの蜜腺は夕方から蜜が出始めるのですが、夜はどうなのか見てきました。

いつものアカメガシワに今夜9時ごろ行ってきました。
結論から言いますと、そんなにすごい変化は見つけられませんでした。

夜だからと言って、特にアリが増えている感じはありません。減っているとも思えません。
夜のアカメガシワ

ツマグロオオヨコバイの排泄物は引き続き落ちて来て、アミメアリが集まっています。
この排泄物、乾くのがかなり早いような気がします。夕方びしょびしょだったところは、もうカラカラ。
夜のアカメガシワ

サトクダマキモドキが何匹も見つかりました。
これは昼にここにいるのを見たことはありません。葉っぱをかじっていました。
葉を食べるサトクダマキモドキ

サトクダマキモドキの大きな幼虫も来ていました。長い触角をグルーミング中。
サトクダマキモドキ幼虫

カネタタキも見つけました。何をしていたのかは不明。
カネタタキ

ワキグロサツマノミダマシは、今ごろ網を張っている最中でした。まだ足場糸を張ったところ。
こんなに遅くから張り始めることもあるんですね。日没前後によく張っているのでみんなそうかと思っていました。
ワキグロサツマノミダマシ

ピンボケですが、網を張っているメスの向こうにオスらしきワキグロサツマノミダマシが写っています。
これからどういう展開が待っているのかな?
ワキグロサツマノミダマシ


アカメガシワの虫の話ばかりが続いています(^^;)
まだもう少し続きます。


※今月の関連の記事
「アカメガシワの蜜腺に来たアリたち」
「アカメガシワの蜜腺に来た虫たち」
「アカメガシワのツマグロオオヨコバイに集まる虫たち」
「アカメガシワに来た捕食者たち」


※以前の関連の記事
「アカメガシワの蜜腺に来る虫」(2010.5.18.)
「アカメガシワのアオオビハエトリたち」(2010.5.23.)
「ツマグロオオヨコバイ」(2010.12.2.)

JUGEMテーマ:昆虫写真







にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする