虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
稲刈り直後のクモ

小学校の稲刈りに参加してきました。
イネの中に極小サイズのクモがたくさん隠れているのに、今ごろ気がつきました。
(10月10日)

稲刈りの直後は、イネの中に隠れていたクモたちが一斉に逃げだすので、クモ観察の絶好の機会です。
稲刈りしながらのクモ見は、クモ見1年目にやって以来。
クモ見5年目にして、イネの中に小さいクモがこんなに大量に隠れているのに気がつきました(^_^;)

イネの株元に網を張っていた小さいクモたち。

これは大きめ(とは言っても3〜4ミリ)、ヤマトコノハグモ。
ヤマトコノハグモ

これはセスジアカムネグモではないかと思うのですが???
セスジアカムネグモ?

これは???
ドヨウオニグモの幼体にしては色が濃いような気がします。
※追記2012.10.12.  これはヨツボシヒメアシナガグモではないかと思います。
              ヒメグモ科かサラグモ科かと思ったら、アシナガグモ科のクモのようです。
              図鑑によると、ヨツボシヒメアシナガグモは小さいうちは水平円網を張りますが、
              その後は網を張らずに徘徊するようです。 
 
ヨツボシヒメアシナガグモ???

これは上のと同じ模様で♂のようです。
ヨツボシヒメアシナガグモ???

刈った直後の切り株の周りに、小さいクモたち(2〜3ミリ)が隠れていて、近づくとすぐに隠れます。
小さいと言っても、成体のオスもいて、幼体とかまどいではありません。
普通のクモは、逃げ回っても止まる瞬間がありますが、このチビ助たちは全然止まってくれません。
おばさんの肉眼では瞬時に見分けるのも全然不可能だし・・・。
大雑把に見て3種類のクモがいる気がするのですが。

生育中のイネを叩いて虫見板にムシを落すと、この手のクモが時々落ちますが、これほどたくさんいるとはびっくり。
稲刈り後日にちの経った切り株を探しても、見つかりません。どうやったら全容を解明できるんでしょう・・・。


ついでですが、同じ時に見つかったクモたちは・・・。

オナガグモの幼体。
オナガグモ幼体

オスクロハエトリのメス。
これは、数頭見つかりました。ジャンピングスパイダーの名にふさわしい逃げっぷりでした。
ヤハズハエトリのメスもこんな感じですが、ここでは見たことがないのでオスクロハエトリとしておきます(^_^;)
ちなみに、この日はオスは1頭も見つかりませんでした。
オスクロハエトリ♀

ハシリグモの仲間。
これは・・・、イオウイロハシリグモのスジボケ型かな? 
雑木林沿いではないので、スジアカハシリグモではないと思います。
ハシリグモの仲間

一番目立っていたのは、キクヅキコモリグモ。
これはメス。
写真に撮ってみると、色や模様に個体差がかなりあるのがわかります。
キクヅキコモリグモ♀

こちらはオス。
キクヅキコモリグモ♂

わからないことだらけでしたが・・・、
常々「田んぼにはクモがいっぱいいる。」と言っていた私が考えていた以上に
「田んぼにはクモがものすごくいっぱいいる。」ということがわかったのでした(^_^;)

カメラを背負いながらの久々の農作業で、がっくり疲れました・・・。

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: kanageohis1964   2012/10/12 7:39 PM
こういう観察は良いですね。普段どうしても畦道から覗ける範囲しか見られないので、こうやって紹介されると普段見られないものが見えてきますね。

蜘蛛にしてみればそれどころじゃないのかも知れませんが…w。
from: 夏子   2012/10/12 10:01 PM
kanageohis1964さん、こんばんは。

稲刈りとか草刈りの時はチャンスですね。
今まで稲刈りした後の田んぼはよくのぞきましたが、「直後」とか「最中」でないとダメだったようです。
from: ぼくら   2012/10/16 3:08 PM
もっとかいてください
from: 夏子   2012/10/17 8:47 PM
ぼくらさん、はじめまして。
説明が足りませんでしたでしょうか・・・?
コメントする