虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
アオマツムシ

裏山の雑木林で枝先チェックをしていると、アオマツムシがよく見つかります。

最近の夜の散歩は、アオマツムシの声ばかり。
夏の夜はいろんな鳴き声(コロコロ、ジキジキ、チンチン・・・)が楽しめましたが、今はアオマツムシにかき消されている感じ。

マテバシイの葉に隠れるオスとメス。(9月19日)
このすぐ裏にヤママユの繭があります。葉っぱを重ねたのはヤママユの仕事?
アオマツムシ♂♀

葉っぱをめくってみたら・・・。
メスには逃げられました。
アオマツムシ♂

クワの葉に隠れるメス。(9月19日)
すぐ右に同じようにアオマツムシ(性別不明)が隠れていました。
アオマツムシ♀

まだ小さい幼虫。(7月19日)
一か所に2匹が隠れていました。
アオマツムシ若齢幼虫

葉っぱをめくってみたら・・・。
カネタタキのようですが、それよりは色黒。
アオマツムシ若齢幼虫

コナラの幹の隙間に隠れる幼虫。(8月6日)
アオマツムシ幼虫


最後に・・・。去年の写真ですが、鳴いているオス。(2011年10月2日)
ソヨゴの茂みで鳴いていました。すぐそばにメスもいました。
声が大きいのでどの辺りにいるのかはすぐにわかるのですが、奥の方で鳴くのでなかなかうまく撮れません(^_^;)
アオマツムシ♂_鳴いているところ

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: おちゃたてむし   2012/09/26 9:09 PM
こんばんは。
声はすれども何とやらで、鳴く虫の鳴いている姿を撮るのはほんとに難しいですね。今頃の季節になると神戸の中心街を歩いていても至るところからアオマツムシやカネタタキの声が聞こえてきますが、普通の人は気にもならないみたいです。
4・5枚目はハネナシコロギスかな?
from: 夏子   2012/09/26 10:26 PM
おちゃたてむしさん、いつもありがとうございます。

今年はいつもよりはアオマツムシも静かな気がしますが、やっぱり一番声が大きいですね。

ハネナシコロギスという翅なしの不思議ちゃんがいるんですね。
ネットの情報をにらめっこしてみました。
出現時期や生息状況はハネナシコロギスと一致します。
上の個体は触角が真っ黒なこと、どちらかというと体がそっくりかえっていること、光沢がないこと、眼玉の位置などから、アオマツムシの幼虫ではないかと思うのですが・・・。

両方が載っているページを見つけました。
福光村・昆虫記さん → http://members.jcom.home.ne.jp/fukumitu_mura/kirigirisu_.html
(下から3分の1ぐらいの所にあります。)

ハネナシコロギスのwikiを読んでみました。変わった虫ですね。こういうのに会ってみたいです。
from: sizenkansatu   2012/09/27 7:14 AM
声はすれども… で、アオマツムシが鳴いているところは確認したことがありませんでした。
写真からすると、まだ明るい時間ですかね?
やっと秋らしくなって、通勤途中の夜の上野駅周辺でも、雑踏の中で元気に鳴いています。
今年はこれまでより格段に多いようです。
アオマツムシはやかましくて品の無い鳴き声だと思う反面、都心で季節を感じる貴重な存在でもあります。
from: おちゃたてむし   2012/09/27 7:20 AM
すみません、やはりアオマツムシでしたね。失礼いたしました。
ハネナシコロギスはこちらでは、糸で綴った葉っぱの間から脚や触角を出している姿をたまに見かけています。
from: 夏子   2012/09/27 10:47 PM
sizenkansatuさん、こんばんは。

あまりたくさんで鳴いていると、どこにいるのかわからなくなりますね。
うちのそばの遊歩道は街路樹が続いているのでアオマツムシの声が塊のようになって左右から迫ってきます。
最後の写真は日没後の薄暗がりだったと思います。

上野のような都会でも鳴いているんですか。強い虫ですね〜。
今年はうちの近所は例年より少ないようです。そういえば、夜のセミも例年よりぐんと少なめでした。
from: 夏子   2012/09/27 10:49 PM
おちゃたてむしさん、ありがとうございました。

ハネナシコロギス・・・見つけたいです。
早くしなくちゃいけませんね。
コメントする