虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
サギのなる木 続報

先日のサギたちに、また会いに行ってきました。

今回は前回より遅い時間に行ったので、よりたくさんのサギに会えました。(9月8日17時35分〜18時15分)

最終的にはこのくらい。(18時14分)
ねぐら入り

今回見られたのはアマサギのねぐら入り。(17時39分)
アマサギはねぐら入りの時刻がダイサギよりも遅いようです。
他のサギは多くても3羽程度の群れですが、アマサギは賑やか。こんな感じの群れがいくつか来ました。
アマサギたち

上の群れ、近くまで来るとこんな感じ。
頭がベージュの夏羽のもいますが、真っ白の冬羽になっているのが多いようです。
アマサギたち

すでにいるダイサギたちの中に割り込み。
じっと見ていると、それぞれ小競り合い。
アマサギたちが割り込み

出勤するカワウ。
カワウ

アオサギは一羽でねぐら入り。
この人も、既にいる群れの真ん中に割り込んでいきました。
アオサギ

夕日を浴びるカルガモファミリー。
カルガモたち

一瞬夕日がきれいでした。
ダイサギは大体一羽でねぐら入り。
夕日がきれいだと、ねぐらが蔭になってしまって写真撮ってる方としては困りもの。
夕日

暗くて遠くて分かりにくいですが・・・。
首が長くてもてあまし気味なのがダイサギ、首が短くて丸くなっているのがアマサギ、
真ん中でアマサギと喧嘩しているくちばしの先が黒いのがチュウサギ・・・だと思います。
この写真にはありませんが、最後に、コサギらしきものが数羽ずつねぐら入りしていました。
降下する時に紙飛行機のようにクルリクルリと旋回するので、子どもたちにも受けていました。
ねぐらの様子

ふたつの茂みに集まって、これで終了かと思いましたが・・・。(17時58分)
向こうの茂みから、一羽ずつダイサギがこちらへ移ってきて・・・。
ねぐらの様子

おやすみなさい。(18時14分)
おやすみなさい


ネットで調べると、明日の日没は18時7分なので、今日もそのぐらいだったのだと思います。
サギたちのねぐら入りも、日没時間に合わせているんですね。(昔、ムクドリを見ていた時もそうでした。)

今日は珍しく、ギャラリーが私たち以外にもおひとりいらっしゃいました。
こちらに来てから、こういうことはほとんどないのでびっくりしました。
(横浜時代は、反対にギャラリーが多すぎて驚くこともありましたが・・・。)
鳥というより写真がメインの方のようです。
ここは、上手な方が撮られれば名画のような写真が撮れる場所だと思います。

JUGEMテーマ:野鳥


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: そら   2012/09/11 10:18 PM
こんばんは、

相変わらず、場所と時間で広範囲に活動されていて感心してしまいます。 しかし、いるところには、いろんな生き物がいるものなのですね。
この冬は、虫撮りに専念していたので、ムクちゃんねぐら入りを見に行くこともありませんでした。
出来たら、近所に「虫のなる樹」があると嬉しいのですが、今年は本当にそう思う日が多い気がします。

話変わって、こんな時間にサギの写真なんか撮っていて、「夕ご飯の支度は大丈夫なんだろうか」なんて、つまらない心配をしてしまいました(^^;。
from: 夏子   2012/09/12 10:31 PM
そらさん、こんばんは。

「虫のなる樹」・・・面白そうですね〜。
今年の夏に見つけた「虫のなる樹」は、立ち枯れのアカマツかな?
コクヌスト、ヨコヅナサシガメ、クロタマムシ、ウバタマムシ、ノコギリカミキリ、ヒメバチなど、行くたびになにかが来ていました。
あと、カシナガキクイムシの被害木もいろんな虫が来ていました。(ナラ枯れはよくないことですが。)

私も犬の散歩以外はどこにも行けていないです。
夏休みは田んぼに通いましたが、その後はすっかり気が抜けて、今日3週間ぶりに行ってきました。
田んぼは夏休みも今も生き物はまあまあ見つかります。

「夕ご飯の支度」・・・そうですね、心配かも。
サギの池に行く時は子どものリハビリ通院の日なので、外食にしてしまうこともあります(^_^;)
コメントする