虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
夏休みの田んぼの生き物(2)

夏休みの近所の田んぼの備忘録、第二弾は「寄生する虫」です。

あまり農薬を撒いていなさそうな田んぼにはいろんな芋虫が発生します。
大体一か所にたくさん発生して葉っぱが食い荒らされているので、遠くから見てもよくわかります。
「あれあれ・・・。」と思っていましたが、
よくよく見ると、芋虫が多い田んぼには極小サイズの寄生ハチやその繭が見つかりました。
寄生蜂だけでなく、狩り蜂(ベッコウバチ、トックリバチ、アシナガバチなど)も見かけましたが、今回はそれは置いておきます(^_^;)

稲に多かった芋虫たち。

フタオビコヤガの幼虫。
「イネアオムシ」と呼ばれる稲の害虫。いる田んぼにはいっぱいでした。
フタオビコヤガの幼虫

上の幼虫の親であるフタオビコヤガ。
これは、いくつか見つかりました。
フタオビコヤガ

正体不明の芋虫もいろいろ。
ピンクの芋虫。

フタオビコヤガの幼虫と同じように葉っぱの先端にぶら下がって食べ散らかしていました。これも一部で大量発生。
シロマダラコヤガではないかと思いますが、自信なし。
幼虫

ベージュの芋虫。
これはイネヨトウ(ダイメイチュウ)の幼虫では? それほど多くは見つかりませんでした。
イネヨトウならイネの茎に入り込んでいるはずですが、これは葉の上にいました。
幼虫

イチモンジセセリの幼虫。
「イネツトムシ」と呼ばれる稲の害虫。
今年はイチモンジセセリの発生が遅く、8月下旬になってから見かけるようになりました。幼虫を見つけたのもこの一つだけ。
これから増える害虫ですね。
イチモンジセセリの幼虫


で、以下が芋虫など害虫に寄生していそうな虫たちです。
根気不足につき、正確な正体は不明です(^_^;)

芋虫に寄生する蜂としては有名なホウネンタワラチビアメバチの繭。
フタオビコヤガの幼虫が好きなようで、イネアオムシが多い田んぼにはこれの繭が大量に見つかりました。
ホウネンタワラチビアメバチの繭

ホウネンタワラチビアメバチの繭を持ち帰ったら出てきたハチ。
ホウネンタワラチビアメバチが見たかったのに、更にそれに寄生するハチみたいです。これは想定外。
ホウネンタワラチビアメバチの繭から出たハチ

稲にぶら下がっていた不明種の繭。
ホウネンタワラほどではありませんが、時々見かけました。
不明の繭

上の不明種の繭から出てきたハチ。
これはなにに寄生するハチなのかな?
不明の繭から出たハチ

ガの幼虫に寄生するコマユバチspの繭。
フタオビコヤガの幼虫が多い田んぼにありました。
コマユバチspの繭

飛んでいた小さいハチも虫網で捕まえてみました。以下の2種。
よく見ると結構たくさん見かけました。アメバチの仲間では?
これがホウネンタワラチビアメバチなのかと思って喜びましたが、どうも違うようで、残念。
飛んでいたハチ
飛んでいたハチ

シラホシカメムシ類に寄生するマルボシヒラタハナバエ。
マルボシヒラタハナバエ

上のハエを撮ったすぐ後にネットインしたムラサキシラホシカメムシ。
これは虫見板(稲をたたいて落ちてくる虫を見る道具)をやるとちょくちょく見つかりました。
ムラサキシラホシカメムシ


寄生蜂・寄生蝿は私たちのような素人には到底手に負えません。
正体のよくわからない芋虫に寄生するわけのわからないハチを追いかけるのはちょっと無謀な行為でした。
が、田んぼをよーく見ると寄生蜂らしきものが思ったよりたくさんいることがわかりました。

今回の生き物探しの作業は・・・、
子どもがルッキング、スウィーピング、ビーティング(虫見板にたたき落とす)、泥すくい、トンボ捕り、
私はルッキング、スウィーピングと写真撮影という分担でした。

小学生も高学年になったというのにこんなことで貴重な夏休みを浪費させていて、
母親として今ごろ「悪いな〜。」と反省しています。


<以前の記事>
「学校田んぼ 備忘録(1)」(2012.6.16.) ・・・観察日は5/30,6/1
「  同        (2)」(2012.7.30.) ・・・ 同 7/5
「  同        (3)」(2012.7.30)  ・・・ 同 7/18
「  同        (4)」(2012.7.30.) ・・・ 同 7/25 
「マムシに初遭遇?」(2012.8.14.)
「夏休みの田んぼの生き物(1)」(2012.8.31.)

JUGEMテーマ:昆虫写真



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: そら   2012/09/03 9:52 PM
こんばんは、

大人になったら、なかなか出来ない貴重な体験だった思います。
いつの日にか、そのことが分かる日が来ることを信じて、来年も頑張ってもらいましょうね(^^)。
from: 夏子   2012/09/05 6:53 PM
そらさん、こんばんは。

ありがとうございます。
夏休みが開けて、みんながいろんなコンクールに入賞したとかいう話を聞くと、なんの目的もなく汗水垂らしていたのが心配になりました。
横浜時代、上の子は自然態で入賞とかできましたが、今の街はみんな親がかりなので、下の子がなにかに入賞することはなさそうです(^_^;)
コメントする