虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
学校田んぼ 備忘録(2)

小学生の子どもの田んぼをのぞいて来ました。(7月5日16時半ごろ)

地元の農家の方の田んぼをお借りして、田植えと稲刈りだけ真似ごとをして、後は時々観察に行くという方式です。
この日はけっこう生き物たちが活動していて、活気のある田んぼだと安心したのでした。
(後日、この印象はがらりと変わります。)
片っ端から撮ったので、無駄にたくさん画像が続きます。すみません(^_^;)

稲はこんな感じ。
まだ水抜き前です。
稲の様子

◆クモ類◆
シコクアシナガグモがたくさん見つかりました。
ユスリカが大量発生していて、どの網にもたくさんついていました。
シコクアシナガグモシコクアシナガグモ

トガリアシナガグモ。(左がメス、右がオス。)
トガリアシナガグモトガリアシナガグモ

ドヨウオニグモ幼体と、水面を走るキクヅキコモリグモ。
ドヨウオニグモキクヅキコモリグモ

田んぼでよく見るハエトリグモ類、ナガコガネグモやシロカネグモ類が見あたりませんでした。

◆ガ類◆
詳細不明ですが、いろいろ来ていました。
稲に卵を産みつけて、生まれた幼虫が稲を食べて害虫になります。
ガガ
ガガ

◆バッタ類◆
左はササキリの仲間、右は死んでいたケラ。
ササキリは稲を食べてしまう害虫です。ケラも植物の根やミミズを食べてしまうので害虫かな。
ササキリ類はいくつか見つかりました。ケラが死んだのは何のせい?
ササキリの仲間ケラ

田んぼでよく見るイナゴ類が見あたりませんでした。

◆カマキリ類◆
緑や茶色のカマキリがいくつか見つかりました。たぶん、チョウセンカマキリとコカマキリ。
これは害虫を捕まえるという意味では益虫ですが、クモを捕まえるという意味では害虫かな。
カマキリ

◆カメムシ類◆
左はたぶんマルウンカ、右はアメンボの子ども。
マルウンカアメンボ

アメンボの共食い。やられているのは真ん中の個体。
アメンボ共食い

◆ハエ類◆
ハエ類はいろんなのがたくさん来ていました。右はヒラタアブ。
ヒラタアブは稲につくアブラムシを幼虫が食べるので益虫。
ハエヒラタアブ

◆甲虫類◆
左はミズスマシ、右はアオバアリガタハネカクシ。
ミズスマシは肉食で害虫も食べてくれるから益虫。
アオバアリガタハネカクシは雑食だからその意味では益虫ですが、体液に毒があるので子どもたちが頻繁に入る田んぼとしては少し心配。
この田んぼは他よりアオバアリガタハネカクシが多いような気がします。
ミズスマシアオバアリガタハネカクシ

◆その他◆
カタツムリ、ヌマガエル。
ヌマガエルは本当にたくさんいて、歩くたびに跳びます。アマガエルは1匹見ただけ。
カタツムリヌマガエル


夕方に行ったので、アシナガグモ類が網を張った後で観察がしやすかったように思います。
ただ、夕方のせいなのか、トンボ類は全然いませんでした。近くの水を張った休耕田にはいたのに・・・。
捕食されたわけでもないのに死んでいた虫たちは、殺虫剤のせいではないかと思いますが、本当の所は不明です。
薬漬けの田んぼなので、これだけ生き物がいるだけで感謝した日でした。

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする