虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
トンボエダシャクの仲間

今日は、あちこちでトンボエダシャクの仲間がひらひらと飛んでいました。

※注  間違いに気がつきましたので、先程公開した記事の内容を訂正します。

昨日は一日雨降りで、今日は一転して蒸し暑い晴れ。
トンボエダシャクたちがいっせいに羽化したのでしょうか?

そっくりさんで、トンボエダシャク、ヒロオビトンボエダシャク、ウメエダシャクといるようですが、
今日、雑木林や庭先をひらひら飛んでいたのは、どれが一番多かったのでしょうか?
お昼前後の時間帯だったせいか、静止する個体はほとんどありませんでした。
私の動体視力では、三種の見分けは不可能。
トンボエダシャクとヒロオビトンボエダシャクの食樹はツルウメモドキ。これは近くにはない木。

裏山で、やっと止まってくれたウメエダシャク。
これはかなり色々な植物を食すようで、裏山で食糧は確保できそう。
ウメエダシャク

お隣の家でひらひら飛んでいたトンボエダシャク。(背中から、横から。)
しつこく撮っていたら、ご近所のお父さんが「今日サッカーグランドにこれがいっぱいいました。」とのこと。
トンボエダシャクトンボエダシャク

わかりにくいですが、モミジの植栽にいたヒロオビトンボエダシャク(たぶん)。
腹部の黄色模様が不規則なのでヒロオビと思います。
ヒロオビトンボエダシャク

追記2012.6.20.
ヒロオビトンボエダシャクの交尾が見られましたので、画像を追加します。

ヒロオビトンボエダシャク

交尾したまま階段に落ちて。
ヒロオビトンボエダシャク
========================================================== 追記ここまで。


市街地の外のツルウメモドキの茂みをチェックしに行きました。
せっかく行ったのに、それらしいのが1〜2頭高い所を飛んでいるだけでした。
ちなみに、この写真には一頭も写っていません。用水路の向こう岸なので、接近不可能。
ツルウメモドキ

今日は、あちこちで1頭づつ飛んでいただけですが、トンボエダシャクたちの乱舞、いつか見てみたいです。

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする