虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
ナラメリンゴフシから出た虫

近所のコナラの枝先にできたナラメリンゴフシ(虫こぶ)を拝借してきました。
何が出てくるか、待っていたら・・・?

コナラにできたナラメリンゴフシ。(5月17日)
ナラメリンゴタマバチが冬に産卵して虫こぶになったものだそうです。
日当たりのいいところのものは赤くなるそうですが、これは黄色いりんご?
虫こぶとしてはかなり大きいし、形状も不思議で気になります。
幼木についているのをよく見ます。
幼木が好きなのか、それとも高い所にもついていて私が気がつかないだけなのか・・・不明です。
ナラメリンゴフシ

近くで見るとこんな感じ。(5月17日)
これを、持ち帰ってプラ容器に入れておきました。
ナラメリンゴフシ

想像よりも小さな虫がいっぱい出てきました。(以下5月24日)
これがナラメリンゴフシを作ったナラメリンゴタマバチなのでしょうか?
日に日に数が増えて、今日(5月26日)現在は100匹以上。
脱出口は、ふ菓子を竹串でつついたような感じ。(やってみたことないですが・・・。)
ナラメリンゴタマバチ

拡大するとこんなハチです。
体長2ミリ程度。
最近、チョウを飼うと寄生蜂がでてくるし、カマキリの卵からも寄生蜂が出てくるので、
ナラメリンゴフシから出てきたからといって、ナラメリンゴタマバチと断定する勇気がありません(^_^;)
ナラメリンゴタマバチ

これが、ナラメリンゴタマバチなんでしょうか・・・?

<以前の関連の記事>
「ナラメリンゴフシ(2010.6.8.)」 ・・・ 羽化後のナラメリンゴフシ

JUGEMテーマ:昆虫写真



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: ezo-aphid   2012/05/27 9:41 AM
どれもタマバチ科のようですが、簡単ではありません。「原色虫えい図鑑」(C-134とC-116)を見てみました。ナラメリンゴフシからは、ナラメリンゴタマバチ Biorhiza nawaiの雌雄が現れ、コナラ根に産卵してナラネタマフシを作るそうです。それから晩秋に羽化した無翅雌(雄はいない)が12月に樹上に登って芽に産卵するそうなので、リンゴフシは低木に多いのでしょう。
なお、同居蜂(イソウロウですね)としてタマバチ科のSynergus japonicusなど2種が同時期に羽化するので、それらが混じっている可能性があると思います(形の違いは、おちゃたてむしさんの2012.05.19のコメント参照。前胸の長さや腹節の大きさなどを側面から見くらべれば判るようです)。
なお、タマバチ科には、コバチ上科のオナガコバチ科・タマヤドリコバチ科・コガネコバチ科・カタビロコバチ科・ナガコバチ科など、かなりの多種が寄生するとのことです。画像にはいないようですが、それらも混じって出てくると思います。
ところで、カマキリの卵嚢から出たのは、オナガアシブトコバチ(北隆館大図鑑の135-14図)の仲間では?
国内のPodagarion属には4種いるそうです。

from: たけ   2012/05/27 8:08 PM
お〜、あのヒメリンゴみたいなのから、
こういうのが出て来るのですね。
そしてezo-aphidさんによると、同居もありーの、
二次寄生もありうるんですね。

小さいハチの世界は、未だ未発見多数、
そして複雑ですね。
from: 夏子   2012/05/28 12:14 AM
ezo-aphidさん、ありがとうございます!!
今出てきて、冬まで産卵しないのはおかしいと思っていましたが、もうワンステップあったんですね。

それほどたくさんの寄生者に人気があるとは、びっくりです。

カマキリの卵から出てきたのは、写真を撮っていないので、記録には残っていません(^_^;)
去年の春のカマキリの卵(持ち帰ったもの)はほぼ全員羽化したと思われるものは一つだけで、残り二つは不発でした。
from: 夏子   2012/05/28 12:25 AM
たけさん、こんばんは。
ヒメリンゴ、確かにその通りですね。
以前は、チョウの幼虫を育てていても、寄生されていると「残念。」と見捨てていましたが、近頃は「じゃあ、何がでてくるの?」が、楽しみになりました。

でも、こんなに複雑だとは・・・。
わかる範囲で追いかけてみたいです(^_^;)
from: ezo-aphid   2012/05/28 11:54 AM
ナラメリンゴタマバチの単性無翅雌が、真冬に産卵している姿が、「ハンマーの虫のページ2」にたくさん載っています。ハンマーさんはタマバチもお気に入りのようで、研究者に標本を送ったりして、関連情報を載せています。参考になると思いますので、いちどご覧ください。
from: 夏子   2012/05/28 9:07 PM
ezo-aphidさん、ありがとうございます。

ハンマーさんの翅のないメスが産卵する画像と今回出てきた虫が全然姿が違うので混乱していたのです。
ハンマーさんの文章をもう少しよく読ませていただきます(^_^;)
from: ezo-aphid   2012/05/28 9:43 PM
ごもっともです、予備知識なしに素直な眼でタマバチ成虫を見くらべると、「こりゃあ別種」ですねー。英国の類似種「 Biorhiza pallida 」を画像検索してみて下さい。有翅雌と無翅雌、oak apple gallなどが見られます。
from: 夏子   2012/05/31 2:51 PM
ezo-aphidさん、ありがとうございます。
画像検索してみました。
たくさんありますね!!
イギリスはタマバチの観察が盛んなんでしょうか?
コメントする