虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
昆虫・備忘録

先日の里山で出会った残りの昆虫の備忘録です。(5月5日撮影)

近所のヒラタアブよりもアニメチックなヒラタアブsp。
夏に千畳敷カールで見たのと同じみたい。高山性?
ヒラタアブsp

茂みに隠れていたジョウカイボン。
ジョウカイボン

耕作ゾーンでたくさん飛び交っていたジョウカイspヒゲナガハナノミ。
横浜の時、春先によく見かけたセボシジョウカイかと思っていましたが、家に帰ってよく見ると違うようです。
もっと撮っておけばよかった・・・。

※追記  これはヒゲナガハナノミ♂のようです。sizenkansatuさんありがとうございました。  
ジョウカイsp

キボシアシナガバチ。
木製の杭に何頭も張りついていました。
一体何をしていたのでしょう?
キボシアシナガバチ

茂みに隠れていたホソマダラシリアゲ(たぶん)。
初めはガガンボかカゲロウか・・・と思いましたが、よく見ると尻尾にハサミのあるシリアゲです。
ホソマダラシリアゲは、よく見かけるヤマトシリアゲのように翅を開いて静止しないので、ハサミの部分が見えにくいそうです。
ホソマダラシリアゲ?


ご近所でも見かけるようなフツーの虫たちも・・・。
ホシハラビロヘリカメムシ。
ホシハラビロヘリカメムシ

ホソヘリカメムシ。
ホソヘリカメムシ

シマサシガメの幼虫。
シマサシガメ幼虫

イタドリハムシ。
ここでは、赤やオレンジの斑紋の個体はたくさんいましたが、黄色のものは見つかりませんでした。
横浜にいたころは自宅周辺でたくさん見かけましたが、今の家の近所はイタドリもスイバも多いのにこの虫は見かけません。
イタドリハムシ


おまけですが・・・、
正体不明の幼虫と正体不明の繭と正体不明の小さい虫の影。

なんだろう?


この日に見たほかの虫は以前の記事に載せました。(カワトンボハンミョウチョウオサムシ

写真には撮れませんでしたが、一番目立っていた虫はホバリングするクマバチだったかも。
いたるところで、山藤が満開でした。フジと言えばクマンバチ。

時間をかけて探せば、もっといろいろ見つかりそうですね。

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: そら   2012/05/11 11:51 PM
こんばんは、

おまけの正体不明の繭ですが、今日私が載せたとの同じみたいですね。
てっきり、ホウネンタワラチビアメバチの繭かと思ってましたが、最終的にこんな色になるのだとすると中から何が出てくるのでしょうね(^^)。
from: sizenkansatu   2012/05/13 6:55 AM
いきなり活動再開ですね。おめでとうございます。

3番目のスイバの上の虫はヒゲナガハナノミの雄ではないかと思います。
参考 http://sizenkan.exblog.jp/13707650/
幼虫が水中生活で、この時期の水辺(きれいな水)で多数見かけます。

最後のイモムシと繭はイモムシから出た寄生蜂かもしれませんね。イモムシは死んでしまっているようですから… 
繭はホウネンダワラチビアメバチと似ているので近い寄生蜂のものでしょうね。
from: 夏子   2012/05/13 11:07 AM
そらさん、こんにちは。

こんなに離れているのに、こんな小さなモノでつながっていて、面白いですね。

私もはじめはホウネンタワラだと思って近づいてみたら、色合いが違うし、もう少し太めなようです。
幼虫の死骸ごとお持ち帰りすれば、正体がわかったのに・・・。(ここは持ち出し禁止地域です。)
from: 夏子   2012/05/13 11:14 AM
sizenkansatuさん、ありがとうございます。

ヒゲナガハナノミという虫がいるんですね。
確かにこの虫のようです!! 周辺の水はとても澄んでいて冷たかったです。
検索してみると、横浜時代のお仲間のブログにも載っているので、横浜では私は見逃していたようです(^_^;)

寄生する蜂やハエの生態は、とても興味深いですね。
学校の理科なんかでも寄生の面白さを教えてくれるといいのにな・・・と思います。
コメントする