虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
マダラヒメグモ

玄関の軒下の天井にマダラヒメグモがいました。(10月15日)
マダラヒメグモは1982年に名古屋港で最初に見つかった外来種のクモだそうです。急速に全国に拡散中。

軒下にクモがいるのは少し前から気がついていましたが、「どうせオオヒメグモだろう。」と無視していました。
今日ちょっと見てみたら、3つある卵のうが真っ白でふわふわ。
オオヒメの卵のうはベージュで殻みたいのに覆われています。

正体解明のため、踏み台を持ってきて、拡大写真を撮ってみました。
「あれ?オオヒメでもないし、ニホンヒメでもない・・・。」

天井の隅にじっとしているマダラヒメグモのペア。
メスの網に入り込んでいるオスが、交接中でもないのにこんなに接近しているのを見るのは初めて。
メスに食われたりしないのかな?
マダラヒメグモ♂♀

もっと拡大。
結構綺麗な模様。卵のうもセンショウグモみたいな感じでふわふわ。
マダラヒメグモ♂♀

周辺の様子も撮ってみると、子グモたちもいました。
子グモたちが出嚢後なのに、まだオスがそばにいるのも妙な感じでは?
マダラヒメグモ親子?

おまけですが、すぐそばにいたハラクロコモリグモ。
このクモは、うちの玄関の軒下の壁でかなり頻繁に見つかるのですが、
こういう子グモたちでも食べているんでしょうか?
ハラクロコモリグモ

≪マダラヒメグモ(ヒメグモ科)≫
 ・体長  ♀3.5〜6.5ミリ、♂3.5〜4.5ミリ
 ・出現期 一年中
 ・住居  簡易住居
 ・網型  不規則網
 ・分布  本州、九州 
   「日本のクモ」(文一総合出版)より 



※ 関連の記事

「卵のうを守るマダラヒメグモたち」(2017.8.13)

雑木林の軒下で見たマダラヒメグモたちの様子です。




JUGEMテーマ:昆虫写真



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: vittata   2011/10/15 8:49 PM
よく撮影できましたネ.拍手です.

被写体も,またすごいです.卵塊の間に雌雄が並んでくれるなんて,本当にすごいです.おまけに脱皮殻まで添えて,,,.
私も数年撮影してきましたが,このような光景に一度も出会ったことがありません.
from: 夏子   2011/10/16 7:28 PM
vittataさん、はじめまして。

ブログはよく拝見しております。
あこがれのクモ満載で、「どうやったらこんなのに出会えるのだろう。」といつも驚きつつ拝見しています。

このマダラヒメグモは、本当に標本箱に並べたようにじっとしていてくれて、ラッキーでした。
今日確認してみたら、まだ同じ態勢のまま並んでいました。こういうこともあるのですね。
コメントする