虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
ミノムシは減ったの?

ミノムシは数が減少したと言われていますが・・・。

ミノムシは子どものころは、探さなくてもいっぱいいて、
よく遊びに行った里山の管理事務所(名古屋市内)のおじさんは、ミノムシを集めてハンドバックを作っていたそうです。

ミノムシといっても、中身はいろんなガで、一般的にはオオミノガのことを言うようです。
このオオミノガにつく外来のヤドリバエが入って来たせいで、オオミノガが絶滅危惧種種に指定されている県も・・・。

※ミノムシのいろいろはこちら。 → 「福光村昆虫記 ミノムシ」
※オオミノガのレッドデータはこちら。 → 「日本のレッドデータ検索システム オオミノガ」

近所の街路樹のトウカエデの木に、ミノムシがいっぱい。(1月8日)
愛知県に戻ってきて、横浜の時よりもミノムシをよく見るようになりましたが、こんなにたくさんは初めて。
トウカエデのミノムシ

トウカエデだけが続く街路樹でしたが、ほとんどすべてこんな感じ。
この街路樹は年に何回も農薬散布を受けています。ミノムシは農薬には強いのかな?
トウカエデのミノムシ

これは二人仲良し。
オオミノガのミノムシのようですね。どのミノムシも、位置が高すぎて手が届きませんでした。
※訂正2011.1.13.  これはニトベミノガのミノムシのようです。
トウカエデのミノムシ

こちらは三人仲良し。
トウカエデのミノムシ

上の街路樹に近い場所のマテバシイでも、探せば見つかりました。(12月17日)
左と右で、大きさが全然違います。
左はオオミノガで、右は別のガのようです。
※追記2011.11.13.  左のミノムシは、ぎゅっと触ってみるとかなり硬かったです。
マテバシイのミノムシマテバシイのミノムシ

以前のものですが、雑木林の横の空き家で見たミノムシ。(11月29日)
左に写っているのは、トックリバチとベッコウバチの巣の痕です。
同じようなミノムシは、軒下にいくつも見つかりました。
空き家のミノムシ

横浜にいたころは、たまにミノムシを見つけても、中が空っぽだった気がします。
お友達から「ミノムシを捕まえて、色紙や毛糸でカラフルな蓑を作らせた。」という話を聞いて、うらやましく思いました。
思えば、そこのお子さんはもう大人になるような歳なので、ミノムシがまだ減る前の時代の話だったのかも。

皆さんの周りには、ミノムシ、まだ見つかりますか?

※追記2011.1.13.
おはるさんに教えていただいたので、トウカエデのミノムシを再度確認してきました。


トウカエデについていたミノムシ。(前述の二人仲良しのもの。)
長さはどちらもほぼ4僉ぎゅっと押すとふわふわ。
大きさや形状から見て、「ニトベミノガ」のミノムシのようです。
ニトベミノガは幼虫の頭部の脱皮がらを蓑につけるそうですが・・・。
ニトベミノガ?

左のミノムシを拡大。
黒いつぶつぶがついています。これが脱皮がらなのかな?
10倍のルーペや60倍の顕微鏡で見ましたが、自信を持って脱皮がらとは言えない感じ。
でも、なにかの虫ではないようです。
ニトベミノガ?
-------------------------------------------------------------------------------------- 追記終わり



※関連の記事
「オオミノガのミノムシ」(2016.8.6)
「オオミノガヤドリバエを襲うハリブトシリアゲアリ」(2016.9.14)



JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: そら   2011/01/12 12:26 PM
こんにちは、

一時に比較すると、少しは数が増えているような期がしますが、昔に比較するとまだまだ数が少ないように感じます。
ミノムシにも、何種類かあるようで詳しい見分け方を知りませんが、あまり大きなは見掛けませんね。
ミノムシは、やはり小枝をまとっている方が好きです。
時代劇で出てくる、ムシロです巻きにされた感じの奴です(^^)。
from: かかし   2011/01/12 4:18 PM
いっぱいいますね。
我が家は東京大田区の南部ですが、30年前にはお写真のような風景もありました。子らはミノムシのミノを脱がせて、小さな紙切れを与えてカラフルなミノを作らせるなどという遊びもしました。今では、年に2,3匹しか見かけません。現在、家の前の線路の柵に一匹ついています。なかで卵が越冬中でしょうか。毎日眺めています。
from: おはる   2011/01/12 10:34 PM
私も子どもの頃、カラフルな色紙で蓑を作らせて遊んだ記憶があります。
オオミノガは一時確かに減ったように思いましたが、2008年ごろ、急に大量に発生しました。
年によって見られる数が違うようです。

ところで、お写真のミノガは大きな葉片をつけているので、ニトベミノガかもしれませんね。
オオミノガは、割ときれいな紡錘形をしているように記憶しています。
中には幼虫が越冬しているはずです。
from: 夏子   2011/01/13 5:24 PM
そらさん、こんばんは♪

そちらにいた頃は、庭のモッコウバラにごくたまにミノムシがついていましたが、ほかでは全然気がつきませんでした。
小枝を集めるミノムシって、大きさをそろえるために自分で切るんでしょうか? 
いろんな枝を並べて蓑を作らせてみると、選別の様子がわかって面白いかもしれませんね。
from: 夏子   2011/01/13 5:29 PM
かかしさん、こんばんは♪

昔はどこにでも、いっぱいいましたよね。
子どものころは、ミノムシは一生芋虫の形の生き物なんだと思っていました(^_^;)

こんなに大量に見つけたので、蓑を作らせてみたいのですが、高枝切りばさみでしか届かない場所ばかりで残念です。
from: 夏子   2011/01/13 5:35 PM
おはるさん、こんばんは♪

ニトベミノガのご指摘、ありがとうございます。
もう一度行って、ジャンプして枝を切って来ました(^_^;)
確かに、子どものころから見慣れた、細工の綺麗なタイプではなく、大雑把なミノムシですね。
すぐ隣が雑木林ですが、そちらには全然見つかりませんでした。
玄関の寒い所に、カマキリの卵と一緒に置いておこうと思います。

2008年ですか。さすがです(゜o゜)
実は、私は去年ある人に聞かれてミノムシがいないのに気がついたので、そこまできちんと認識しておりませんでした(^_^;)
コメントする