虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
テントウムシに寄生する蜂

ナナホシテントウに寄生していた蜂が羽化しました。

田んぼの稲の上で、ナナホシテントウから何かが出ているのを、同行の方が発見。
持ち帰って、フィルムケースに入れておいたら、寄生蜂が出てきました。

稲にいたナナホシテントウ。お尻から黄色いものが。(10月14日)
テントウムシと芋虫

お尻から出ているのは芋虫でした。
テントウムシごとケースに投入。その時点で、芋虫とテントウムシは別々に離れました。
テントウムシと芋虫

帰ってその晩ケースをのぞくと、既にさなぎになっていました。
テントウムシはまゆとは離れた場所で何日かじっとして(生きて)いました。
その後、情けないことに、このケースを紛失(^_^;)
まゆ

昨日、掃除中にケースを発見(^_^;)
中で羽化した寄生蜂が動いていました。
(10月27日)
別の容器に出してみると、テントウムシはまゆを抱えて絶命。蜂は元気でした。
テントウムシと寄生蜂

テントウムシに寄生する蜂はいろいろいるようで、コマユバチの仲間のようです。
左は背中から、右は腹側から撮影。
寄生蜂寄生蜂

まゆを抱えたまま絶命していたナナホシテントウ。
いったん芋虫から離れたのですが(というか、人間が落して離してしまった)、
なにかまゆに執着したくなる理由があったのでしょうか?
テントウムシとまゆ

自然の状態だと、この手の寄生蜂はまゆになってからはテントウムシに抱きかかえられるようにしているようで、
テントウムシはまゆを抱えたまま絶命するそうです。

まゆからテントウムシの好きな臭いが出ていて、テントウムシはそれに吸い寄せられ、
その臭いにゆっくりとテントウムシを絶命させる効果があるのでしょうか?(←私の勝手な考えです。)

<追記2010.10.29.>
このナナホシテントウ、今日見たら、なんとまだ生きていました!!
もうまゆを抱えてはいませんでしたが、糸が絡んで、まゆを引きずって歩いていました。
昨日写真を撮ったり手に載せたりしていた時点では、まったく動かなかったのですが・・・。どういうことでしょう?
いいかげんな報告で、大変失礼いたしました(^_^;)


<追記2010.11.1.>
写真の整理をしていたら、同じような場面が見つかりました。
ナミテントウと寄生蜂のまゆ。
(6月17日雑木林脇の茂みにて)
ナミテントウと寄生蜂

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: 蝶鳥蜻蛉   2010/10/28 6:17 PM
羽化したんですね!それにしても虫たちの世界は謎だらけ、考え出したら夜も眠れません。
from: 873m   2010/10/28 8:15 PM
とても貴重な体験でしたね。
繭を抱いて絶命しているテントウムシが何だか切ない!
from: 夏子   2010/10/28 10:14 PM
蝶鳥蜻蛉さん、こんばんは♪

テントウムシは好きなので、見かけると何をしているのか見ていたつもりでしたが、こういう寄生蜂がいるなんて、全く知りませんでした。
ありがとうございました。
from: 夏子   2010/10/28 10:19 PM
873mさん、こんばんは♪

テントウムシは、栄養も提供し、外敵からの盾にもなって、本当に悲劇的ですね。
寄生蜂にとっては、ものすごく合理的なシステムに驚きました。

from: おちゃたてむし   2010/10/28 10:22 PM
羨ましいですね。私も一度は見たいです。
一度は体から離れて紡がれたハチの繭を、テントウムシがわざわざまた抱きかかえるというのはとても興味深いと思います。
どう見てもこれはハチの繭を守っている格好で、つまり寄主から離れた後もハチの遺伝子がテントウムシの行動を支配しているということでしょうか。
巧妙というか空恐ろしいというか、複雑怪奇な世界ですね。
from: nabana   2010/10/29 5:09 AM
寄生蜂の種類の多さにはおどろかされます。
小さなテントウムシにまで寄生するのですね…。
自分から繭を抱えに行くなんてほんとに不思議です!寄生していて中から宿主を操るのがいますが
これはまた違う操り方ですね。
from: 夏子   2010/10/30 12:30 AM
おちゃたてむしさん、こんばんは♪

今日になって、テントウムシがまだ生きていたことが判明しました(^_^;)
いいかげんな観察で、本当に申し訳ありません m(__)m
死んでしまうほどは栄養を奪い取っていなかったのか、いったいどういうことでしょう??? 本当に複雑怪奇です。
from: 夏子   2010/10/30 12:37 AM
nabanaさん、こんばんは♪

テントウムシ、まだ生きていたことが判明して、さらに摩訶不思議な感じです。
昨日はまゆを引っ張っても、がっちりはさんでいたのに・・・。

寄生する虫の種類や方法の多様さには、本当にびっくりです。
学校ではほとんど教えてもらいませんでしたが、こんなにいろいろいること伝えてほしかったです。
from: そら   2010/10/30 11:47 AM
こんにちは

抱き枕だったのかな(^^;。
お持ち帰りしない私にとっては、見ることのできない姿ですね。
テントウムシにまで寄生する蜂がいるなんて、昆虫の世界は不思議が一杯ですね(^^)。
from: 夏子   2010/10/31 8:56 AM
おはようございます♪

本日(10月31日)現在、蜂は死んでしまいましたが、テントウさんはまだ生きています(^_^;)
魔法使いがかけた魔法がとけたんだと思います(^o^)
from: -   2010/11/01 7:24 AM
管理者の承認待ちコメントです。
コメントする