虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
ハゴロモの幼虫

ベッコウハゴロモの幼虫にも、会うことができました。

アミガサハゴロモとベッコウハゴロモの幼虫は、とてもよく似ています。
我が家での呼び名は、どちらも「サンバ虫」。
そろそろ成虫が出ている時期だとは思うのですが・・・(^_^;)

先日の観察会の森で見つけたベッコウハゴロモ。(以下7月10日撮影)
大小の幼虫が、一か所に集中していました。
ベッコウハゴロモ

ベッコウハゴロモが集中していた低木。キハダでしょうか?
キハダ?

近くの草の上にいた大きめのベッコウハゴロモ幼虫。
アミガサハゴロモに比べて、尻尾がクリーム色で、体色が濃い目、眼が縞々。
フラッシュで白トビしていて体色が正しく出ていません(^_^;)
ベッコウハゴロモ

裏山のマツの木にいたアミガサハゴロモ。(以下7月7日撮影)
尻尾(?)を開いて、一匹づつばらばらと止まっていました。
この日は、アミガサハゴロモの幼虫をあちこちでたくさん見かけました。(ササの上、シダの上・・・。)
アミガサハゴロモ

顔を確認したくて少し刺激。尻尾を上げました。
アミガサハゴロモ
アミガサハゴロモ

観察会の森で見かけた尻尾のないアミガサハゴロモ幼虫。(7月10日撮影)
脱皮したて? とても慌てた様子で隠れてしまいました。
アミガサハゴロモ

<追記>
アミガサかベッコウかわかりにくい若齢幼虫もいました・・・。

近所の雑木林のニセアカシアの枝を歩いていた所。(6月17日撮影)
これはどちらでしょう?

ベッコウハゴロモ?


<関連の記事>
アミガサハゴロモ(2010年6月16日)

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: おはる   2010/07/16 4:25 PM
ベッコウとアミガサの区別、未だによくできないおはるです。
特に体の模様が隠れているとお手上げでした。
尻尾がクリーム色で目が縞々なのが、ベッコウなのですね。
と言っても、写真もなかなかうまく撮れません。
夏子さんみたいにきれいに撮りたいものです。
from: 夏子   2010/07/16 11:33 PM
おはるさん、こんばんは♪

そらさんの「ご近所の小さないきものたち」の「カメムシ」のところで、ハゴロモの鮮明画像が満載です。
http://serigaya.cocolog-nifty.com/blog/cat21296158/index.html

7月10日の観察会の時は、すでにどちらも大きな幼虫だったので、尻尾の毛の色ですぐに識別出来ました。
ただ、弱令幼虫の見分けは自信がありません(^_^;)
(自信がない弱令幼虫の画像を追加しました。)
from: そら   2010/07/17 8:45 AM
おはようございます。

最後の写真の三段腹君は、見た感じではベッコウハゴロモの方だと思いますが、私だって自信ないですね(^^;。
やはり、ベッコウ君もアミガサ君も、この姿のまま大きくなっていくんですね。
と言うことは、前の白いのはアオバハゴロモ君だったのかな?

今日は用事があるので、早上がりしてチョット前に帰って気ました(^^)。
from: 夏子   2010/07/17 9:11 PM
そらさん、こんばんは♪

成長過程は、来年の宿題ですね。
今日はアミガサハゴロモの成虫を見かけました。幼虫もほとんどいなくなったので、今年のサンバ劇場はおしまいのようです。

朝露のついた網の写真、リクエストします。
コメントする