虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
ゴミを背負う虫(1)

雑木林のいろんな木でクサカゲロウの幼虫が見られるようになりました。(7月8日撮影)

クサカゲロウはいろいろ種類があるようですが、
最近よく見るのは食べカスや脱皮がらを背負ったまま行動するクサカゲロウの幼虫です。
うちでは、子どもが庭で見つけて以来「ゴミしょい虫」と呼んでいます。

クヌギの葉っぱに白いかたまりが・・・。
指でつつくと、のこのこと歩きます。
茎にいるのはアオバハゴロモの幼虫たちです。
クサカゲロウ幼虫

拡大すると・・・。
体液を吸った後のアオバハゴロモやいろんなゴミを背負っています。
この時は、アオバハゴロモが出した排泄物をなめているようでした。
以前、子どもが、ヘクソカズラのアブラムシのコロニーにいたこの幼虫を飼育したことがあります。
その時は、アブラムシを大アゴではさんで体液を次々に吸いとっていく姿に驚きました。
野外では、あの時のように「次々と捕まえる」という姿は見ません。夜行性だから???
クサカゲロウ幼虫

背負っているゴミを少し取り除いてみると・・・。
毛むくじゃらです。
クサカゲロウ幼虫

アオバハゴロモの幼虫はこんな感じです。
茎から木の汁を吸っています。
この幼虫は、クサガゲロウだけでなく、いろんなクモにも人気で、周りにクモの網がたくさん張られます。
アオバハゴロモ幼虫

そばの別の木にいたクサカゲロウの幼虫。
普段は背中のゴミしか見えませんが、この角度なら体の様子も少しわかりますね。
クサカゲロウ幼虫

コナラにいたクサカゲロウの幼虫。
この幼虫は食べ物がアオバハゴロモの幼虫ばかりではないようで、背負っているゴミが茶色系です。
同じ木にテントウムシの幼虫もいましたから、アブラムシが多い場所なのでしょうか?
クサカゲロウ幼虫

ご参考に、ゴミを背負わないクサカゲロウの幼虫たちはこんな感じです。
左はシャリンバイにいた幼虫(5/25)、右は花粉に顔を突っ込んでいた幼虫(6/6)。
ゴミを背負うタイプとかなり感じが違いますが、成虫は素人の私から見るとほとんど同じクサカゲロウです。
クサカゲロウの幼虫クサカゲロウの幼虫クサカゲロウの幼虫

クサカゲロウの幼虫は肉食だということですが、
アオバハゴロモの排泄物をなめているのはよく見かけますし、上の写真のように花粉にいるのも見かけます。
たまには甘いデザートでも食べるのでしょうか?

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: そら   2010/07/08 10:24 PM
こんばんは、

これって、例の繭作ったのと同じ仲間なんでしょうかね?
アミガサハゴロモを見掛ける笹の葉の上でも、最近良く見掛けるようになりました。
この子は、ジッとしていてくれないので、撮れないんですよね(^^;。

そうそう、虫さんの着物をはぎ取る行為は、インセクト-ハラスメント=セクハラに該当するんだそうです(^^)。
from: おちゃたてむし   2010/07/08 10:40 PM
「ゴミしょい虫」とは、そのものずばりでいい名前ですね。
ところでこのゴミの山のてっぺんにさらにゴミを付け加えるときにはどんな風にやるんでしょう。下から順に押し上げていくんですかね。
from: 夏子   2010/07/08 10:46 PM
そらさん、こんばんは♪

シャリンバイにいた繭のように、アオバハゴロモとかアブラムシの食べカスをまとった繭になります。
彼が個人的に飼っていたので写真を撮っていませんが、よく見かけるクサカゲロウが出てきました。

じっとしていると体が見えないし、動くと意外に速いので、とても撮りにくいですね。

大人は普通こんなのはがしたりしませんね(^_^;)
子どもといると、こういうことは日常茶飯事で、びっくりするような事実が判明したりして面白いです。
from: 夏子   2010/07/08 11:01 PM
おちゃたてむしさん、こんばんは♪

名前をすぐに忘れるので、あだ名で呼んでいるおバカな親子です(^_^;)
庭のアブラムシの観察をしていたら、ゴミが動いて、ゴミをかきわけてみたら、アリジゴクみたいな虫が出てきて、とても驚きました。

子どもが飼っていたのは2年前の夏なので、記憶があいまいですが、
ぐさっと顎を突き刺して、ちゅーっと体液を吸って、死骸をひょいっと背中に放り投げていたような気がします。
次々にアブラムシを食べるし、仕事が速いので、子どもにとても受けていました。

以前の繭の寄生蜂、もうすぐアップしますね(^_^;)
from: nabana   2010/07/09 8:31 AM
わー、すごい!
先日アオバハゴロモとクサカゲロウの幼虫を見ましたが、アオバハゴロモを背負っているとは!
しかもはがされている…。とってもおもしろい写真ですね。こんど見たら絶対はがしてみます。息子さんとご覧になったというアブラムシを背中にほおるというのもすごいですね。
自分の体より大きなゴミを背負ってしかもとても速く歩いていますよね。パワフルなヤツです。
この前ご紹介いただいたリコーのコンデジ、本気で欲しくなるほど、虫の写真はボケっぱなしですが、カメラを変えたばかりなのでしばらくはガマンします…。
from: 夏子   2010/07/09 2:17 PM
nabanaさん、こんにちは♪

これ、おもしろいでしょ(^v^)
是非顔を見てやってください。
これもそうだし、ハゴロモの幼虫も、ホントに不思議で惹かれてしまいます。

マクロを重視していないコンデジだと、すごくストレスですよね。
以前、尾瀬に行く前日にコンデジが壊れて、カシオのコンデジを急きょ持って行きましたが、泣きそうになりました。(人物や風景はカシオの勝ちカモ?)
from: てっちゃん   2012/07/23 11:22 PM
妖怪みたい。ちょいきもなう。
コメントする