虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
日本のクモ (ネイチャーガイド)
日本のクモ (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが楽しくなりました。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
アオオニグモとヒメアリ

雑木林の周辺でアオオニグモがよく見つかるようになりました。
(5月29日撮影、全て同一個体。)

枝と枝の間に切れ網(不完全な円網)を張って、網の端の葉っぱに住居を作って潜んでいます。
林の端のフェンスなどでよく見つかります。

獲物を捕りに、外に出てきていました。
左上の葉っぱが普段隠れている住居。
獲物を捕まえると、住居に持って帰って捕食します。
アオオニグモ

お腹が緑色の綺麗なクモです。
アオオニグモ

このクモとビジョオニグモの網は金色の糸で張られています。
金色の糸の秘密は、糸に付けた粘球の色です。

粘球って、普通はクモ本人がベタベタにくっつかないように横糸にしかつけないはずなんですが、
この網は縦糸にも粘球がついてますね。アオオニグモ、引っかからないのかな?
網

アオオニグモの住居にヒメアリが。
ヒメアリはよく昆虫の死骸などに大量に集まっています。
アオニグモ

クモにくっついて行くヒメアリ。
アオオニグモ

どうも、アオオニグモの獲物を狙っているようです。
うーん。これではアオオニグモが家に帰れませんね。
アオオニグモとヒメアリ

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: そら   2010/06/02 10:05 PM
こんばんは、

なかなか、いい色してますね!
ビジョオニグモは撮ったので、このクモも色がキレイなので一度は会ってみたいのですが、ここには居るのかなぁ?

世の中には、そそっかしいクモだっていて、自分で張った糸に引っ掛かることだてあると思うんですよね!
でも、そう言うクモは大きくはなれないだろうから、見付けるのは不可能に近いと思ってます(^^)。
from: 夏子   2010/06/03 10:42 AM
そらさん、こんにちは♪

綺麗ですよね。「好きなクモベスト5」に入ります(^o^)

そこでもよく見かけましたよ。
桃畑へのスロープのフェンスには必ずいるのでは・・・。
あそこのフェンスは今、クモ祭りだと思います。
ウズグモ、ゴミグモ、ヤマシロオニグモ、アオオニグモ、徘徊性のクモいろいろ・・・。

縦糸に粘球がついてるのは網張りのルールに合わないんです。
これからも網を見たらよく観察してみます。
コメントする