虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
アカメガシワのアオオビハエトリたち

アカメガシワの蜜腺に集まったアリを狙って、アオオビハエトリがたくさん来ていました。
(近くの里山にて5月20日撮影)

アオオビハエトリはアリが好きなクモのようで、アリの多い場所でよく見つかります。
雨の後に見られるアミメアリの大行列の時は、このクモが横からお伴(妨害?)しています。
アリの出す蟻酸や毒物質はアオオビハエトリには効かないのでしょうか?

文一総合出版「日本のクモ」によると・・・、
「逃げるアリの脚を数回にわたって噛みついては離れ、少しずつ弱らせる」・・・のだそうです。

第一脚を振り上げて迫るアオオビハエトリにお尻を上げて毒をかけるアリ?
アオオビハエトリはもともと落ち着きのない(動きが速い)クモなので、さっさと退散。
トビイロシワアリのようなフタフシアリの仲間は蟻酸ではなく、別の毒物資を出すらしいです。
どっちでも変わらないような気がするけれど。
アオオビハエトリとアリ

こちらはアリを捕食中。
アオオビハエトリ

こちらでもアリを捕食中。
アオオビハエトリ

アオオビハエトリは模様の変異が多く、腹部に縞があったりなかったり。
一か所でたくさん見つかるクモなので、いろいろ撮って後で比較すると面白いです。
ちなみに、今回の記事は全てべつべつの個体です。
アオオビハエトリ

こちらはお腹が少し大きくなり始めてます。
アオビハエトリって年何化なんでしょう?
秋にもお腹の大きいメスを見かけます。
アオオビハエトリ

おまけですが・・・、
同じく捕食者であるシマサシガメは成虫になっていました。

シマサシガメって、なかなかノーブルな感じで好きです。
シマサシガメ

アカメガシワによく来ているハムシ。
すごく小さいし、動きも速いので、ちゃんとした写真がないのですが、サメハダツブノミハムシのようです。
この写真では蜜腺に来ていますが、アカメガシワの新芽を食べるハムシだそうです。
ハムシ?

<以前の関連記事>
アカメガシワの蜜腺に来る虫(2010年5月18日)

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする