虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
日本のクモ (ネイチャーガイド)
日本のクモ (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが楽しくなりました。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
ユキヤナギで虫探し(5)

ユキヤナギで虫探し、最後は、「こんな虫もいたよ!」編です。

コクサグモの棚網にかかっていたカクムネベニボタルのオス。
コクサグモの網ってあんまり威力がなさそうですが、この虫がかなりよたよた歩いていた所を見ると、
虫捕り兵器としてはそれなりの効果があるようです。
でも、結局、この虫は歩きまわった末に網から落っこちて逃げ出すことができました。
カクムネベニボタル

この虫はカメラを向けると、隠れるか、ぷーんと飛んでしまうかです。
花の蜜を吸う虫だそうですが、花の終わったユキヤナギに数匹見つかりました。
これもアブラムシの蜜狙いなのかな?
カクムネベニボタル

こちらがカクムネベニボタルのメス。
触角がオスよりも控え目で、三角のぎざぎざです。
この個体の翅の色はこんな風に暗褐色でした。
ネットで調べてみると、普通のメスはオスと同じきれいな赤のようです。

追記2012.6.24.  これはベニボタルのようです。
カクムネベニボタル

マガリケムシヒキのメス。
なにか虫を捕まえに来たんですね。
前住んでいた街は、初夏になるとこのムシヒキアブをあちこちで見かけました。
マガリケムシヒキ

角度を変えて・・・。
マガリケムシヒキ

こちらは、ユキヤナギアブラムシを捕まえたクサカゲロウの幼虫。
すぐ後ろにコハナグモも控えていて、なかなかドラマチックなシチュエーションでした。
クサカゲロウの幼虫

生まれたてのテントウムシの幼虫たち。
昨日のユキヤナギはこのテントウの孵化ラッシュでした。
GW中はテントウムシは成虫が目立ちましたが、今の時期は幼虫の方がたくさんでした。
テントウムシの幼虫

大きさの合わないダンダラテントウのペア。
オスが一生懸命迫っていましたが、結局メスに逃げられていました。
あまりに大きさが違うので、ダンダラテントウとナミテントウなのかと思いましたが、同じダンダラのようですね。
ダンダラテントウ

このユキヤナギの生垣は本当に虫いっぱいで、今回写真を撮ったもの以外もたくさんの虫が集まっていました。
ユキヤナギアブラムシの蜜をなめていたハエやアブだけでも、かなりな種類が来ていたと思います。

今年は名古屋で生物多様性の会議(COP10)が予定され、地元では自然愛護ネタがよく取り上げられています。
お金をかけたイベントをするよりも、
こういう身近な場所で生き物のつながりを目の当たりにすることの方が、エコで趣旨に沿っているように思いますが・・・。

いつまでもユキヤナギの生垣にいたので、マラソンをしていた友人が2周目を走って来た時もまだいて、
笑われてしまいました(^_^;)
この街は遊歩道が整備されているので、マラソンやジョギングの人がとても多いです。
マラソンすると痩せて綺麗になれるけど、虫撮りしてても綺麗になれませんね(^_^;)

ユキヤナギシリーズ(?)は、これにて終了です。
長々とお付き合いいただきまして、ありがとうございました(^_^;)

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: そら   2010/05/10 12:48 PM
こんにちは、

それにしても、驚く位たくさん出てきますね〜(^^)。
義務感で走るマラソンよりも、好きなことで出歩いていた方が、よっぽど健康的だと思いますが!
でも、「消毒のお陰で大事な虫さんが〜、、、」なんて考えていると、かえってストレスが貯まっちゃうかな(^^;。
消毒もまた、自然界における環境変化の一つとして受け入れるしかないのでかすねぇ!


from: 夏子   2010/05/10 3:57 PM
そらさん、こんにちは♪

そらさんやおちゃたてさんが来られたら、もっと色々見つかるし、撮れると思います。

確かに、最近桜などで毛虫がいっぱいです。
うちの子まで「早く消毒まいてほしい!」なんて言い出しています。

マラソンしてたのは昔からの友人で、私もちょっとやってみようかな・・・なんて思っているんです。
(当然マラソンじゃなくてジョギングです。)
from: おちゃたてむし   2010/05/10 10:41 PM
とても見ごたえのあるシリーズでした。
それにつけても消毒とは残念です。
エコとか何とかいうはやり文句を有難がる人が多い割には、身近にあるこんな世界に価値を見いだす人はまれですね。
こんな場所で邪魔されずに一年を通じて観察できればとても興味深いと思いますが。
from: 夏子   2010/05/11 12:01 AM
おちゃたてむしさん、こんばんは♪

ただの羅列ばかりでしたが、お付き合いいただきましてありがとうございました(^_^;)

横浜にいたころは、こういう事をしていると、「何かいるんですか?」と尋ねられることもありましたが、ニュータウンは不審者(?)には冷たくて、マラソンの友人以外誰からも声をかけられませんでした。

家からすぐなので、年間観察できるととても面白そうですね。
消毒の効果検証でもやりましょうか(^v^)
from: asahimame   2010/05/11 7:37 PM
こんばんは〜!
私事ですが、やっと桜が咲きましたよ。
今年はずいぶんと待たされました(笑)

カクムネベニボタルは、いわゆる光らないホタルでしょうか。
たぶんこっちにはいないと思います。
ヘイケボタルは見たことがあるんですけどね。

それにしても、ユキヤナギシリーズだけで、ずいぶんと色々な種類の昆虫がいるものですね〜
またシリーズを楽しみにしています♪
from: 夏子   2010/05/11 11:52 PM
asahimameさん、こんばんは♪

桜の開花、おめでとうございます(^o^)
昨日ニュースで函館のソメイヨシノをやっていましたが、満開できれいでした。
函館と旭川ではかなり気温差があるんですね。

カクムネベニボタル、光らないホタル(ベニボタル科)です。
横浜でもこちらでも、こういう赤い小さい虫がちょくちょくいて、違いが微妙で今までネットに出せないでいました。
これはたくさんいたので、たぶんカクムネベニボタルでいいと思います(^_^;)

横浜にはホタルが見られる場所が身近に結構残っていましたが、こちらはあんまりなさそうです。
毎年初夏の夜に出かけるのが楽しみでしたが・・・。

今度はなんのシリーズにしましょうか〜(^v^)
コメントする