虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
ユキヤナギで虫探し(4)

ユキヤナギでの虫探し第4弾、クモたちです。
いつまでも同じテーマで長々と、すみません(^_^;)

まずは網を張らないクモたちから・・・。

ハナグモがアシナガグモを捕食中。
ハナグモって、自分より大きな獲物を捕まえていることが多いような気がします。
ハナグモ

触肢でしっかり挟んでいます。
ハナグモ

ハナグモより少し小ぶりなコハナグモ。
これは図鑑によると網を張らないクモです。
確かにいつも単体で見かける気がしますが、この写真のコハナグモは不規則網を張っています。産卵前?
コハナグモ

次は、造網性のクモたちを・・・。

一番たくさん見かけたのが、コクサグモの棚網。
こちらはヒラタアブを捕食中。
このクモは成体になると、灰色の地味な模様になって、同じクモとは思えない変わりようです。
コクサグモ

このコクサグモの網はごちゃごちゃいろいろ付いています。
左のつぶつぶはユキヤナギの花ガラ。
網の裏に小バエの集団がありますね。なんだろ、これ?
網の端っこでハナグモが居候していました。網にかかったクモかと思って揺らしてみたら、逃走。
コクサグモ

斜めに傾いた綺麗な円網にいたチュウガタシロカネグモ♂。
チュウガタシロカネグモ♂

造網性のクモのオスは網を張らないか、または簡易型の網であることが多いようですが、
このチュウガタシロカネグモのオスはメスの張る網と同じようなきちんとした網でした。
触肢の先が膨らんでいるので、オスで間違いないと思います。
チュウガタシロカネグモ♂

ウロコアシナガグモのオス。
メスは円網を張りますが、このクモは網なしでじっとしていました。
ウロコアシナガグモ♂

私が個人的に好きなクモなので、別の角度からもう一枚。
ウロコアシナガグモ♂

大きな円網を張っていたアシナガグモ。
このクモはやや夜行性なのか、午前中に行くと網にいる姿には会えない気がします。これは午後4時に撮影。
アシナガグモ

1頭だけ見つかったゴミグモ。
この街はゴミグモがとても多い街なんですが、ここではこれしか見つかりませんでした。
体が黒くて脚が黄色で、私が見慣れているゴミグモよりもごっつい感じ。
オスかと思って触肢を確認したらメスでした。
ゴミグモ♀

後日、小バエのようなものを捕食中のところ。
ゴミグモ♀

まだまだ小さかったマルゴミグモ。
温暖化で北上中のクモですね。
マルゴミグモ

これはズグロオニグモのオスではないかと思います。(たぶん)
水辺で会うことが多いクモですが、水がない所にもいるんですね。
※ 訂正 2010.5.11.
カラオニグモのオスのようです。カラオニグモは山地のクモです。
ささがにさん、ありがとうございました。

ズグロオニグモ♂?

横から見るとこんな感じ。
ズグロオニグモ♂?

これだけ虫がたくさんいる場所の割にはクモの数が少ないような気がしました。
一番気になったのが、ハエトリグモがひとつも見つからなかったこと。
朝・昼・夕方といろんな時間帯に見てみましたが、ハエトリには全然会えず。

もともと、街全体でハエトリが少ない気がします。
名古屋の実家にはいろんなハエトリがいましたが、ここにはどうしていないのかな?

さあ、明日から、この場所は一斉消毒です。
どのぐらいの生き物が生き残るのか、しばらくしたら様子を見に行ってみようと思います。

<以前の関連記事>
ユキヤナギで虫探し(1)(2010年5月7日)
ユキヤナギで虫探し(2)(2010年5月7日)
ユキヤナギで虫探し(3)(2010年5月8日)

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: ささがに   2010/05/11 10:51 PM
夏子さん、こんばんは。

一番下の蜘蛛、もしかするとカラオニグモのオスではないでしょうか? 私は見たことがないので断言できませんが、図鑑の写真とよく似ていたもので…

じつは、カラオニグモは一度しか見たことがありません。それはメスでした。ずっと前から、一度オスを見てみたいと思っていたんですよ〜

話は変わりますが、私はチュウガタシロカネグモを見たことがありません。茨城にはいなかったりして。
from: 夏子   2010/05/12 12:02 AM
ささがにさん、こんばんは♪

ご指摘ありがとうございます!!
確かに、カラオニグモのオスですね(^_^;)
カラオニグモは山のクモのようですが、ここはどうも山地系の生き物が多いようです。
多少標高は高いけれど、一応普通の住宅地なんですが。
カラオニグモのメスはなかなか不思議な形のようですね。ぜひ探してみたいと思います。

チュウガタシロカネグモは、横浜では春先から晩秋まで(夏はお休み)、雑木林にも田んぼにもいっぱいいました。
こちらでは、それほど多くはないようです。

この生垣ではなぜか普段は見つからないオスが色々見つかりました。不思議ですね〜。
コメントする