虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
ユキヤナギで虫探し(2)

ユキヤナギで見つけた虫の第2弾は、カメムシたちです。

図鑑にある「食草」にはあてはまらないカメムシたちが来ていました。
ユキヤナギの茎に汁を吸いに来たのか、ユキヤナギアブラムシの分泌した蜜に来たのか、ちょっと悩ましいところです(^_^;)

こちらはヨツボシカメムシ(たぶん)。
初めて会ったカメムシです。
クサギカメムシとよく似ていますが、模様にムラが少ないことや腹部のまわりの縞模様からヨツボシカメムシでは。
このカメムシの食べ物はマメ科植物の汁とのこと。
ここには何をしに来たんでしょう? ちなみに、ユキヤナギはバラ科だそうです。(びっくり!)
ヨツボシカメムシ

ヨツボシカメムシによく似たクサギカメムシ。
これの食べ物は、果実の汁やマメ類、幼虫はスギなどの球果とのこと。
このカメムシは普段からいろんなところで見かけますが、ここへは何しに来たんでしょう?
そういえば、クサギカメムシは前住んでいた家のユキヤナギによく卵を産んでいました。
ん〜、図鑑も当てにはなりませんね。
クサギカメムシ

ホソヘリカメムシ。
これの食べ物は、マメ類の汁やヤツデなどの花の蜜だそうです。
大豆畑を探すといっぱいいますね。
ここへはアブラムシの蜜を吸いに来たのかな?
ホソヘリカメムシ

マルカメムシ。
これの食べ物は、マメ類の汁だそうです。
確かにクズの茎にびっしりついているのをよく見かけますが、ここにもいるし、コナラなんかの茎にもついていますね。
これはユキヤナギの汁狙いなのかな?
マルカメムシ

初めて見たヒメホシカメムシ。
これの食べ物は、シイやアカメガシワ、クワなどの花や実とのこと。
これはアブラムシの蜜狙い?
ヒメホシカメムシ

ヒメホシカメムシを裏から見ると。
ヒメホシカメムシ

こちらも初めて、シロヘリカメムシ。
これはササ類の汁を吸うカメムシで、ササのそばにいるそうです。
ここでは少なくとも2匹見かけましたが、近くにササはないし、何しに来たんでしょう?
シロヘリカメムシ

こちらは、肉食のアカサシガメ。
アブラムシに集まるいろんな虫を狙っているんでしょうね。
アカサシガメ

ほんの狭い区画の生垣にいろんなカメムシが見られて、ちょっと得した気分でした。
きちんと時間をかけて行動を観察したら、意味のある(?)観察になるんでしょうけれど。

シャリンバイにもナシミドリオオアブラムシが大繁殖して、蜜でべたべたになるのをよく見かけますが、
カメムシが集まっているという記憶はないような気がします。

明日は、ここに集まったクモたちを紹介します(^o^)

<以前の関連記事>
ユキヤナギで虫探し(1)(2010年5月7日)

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: おちゃたてむし   2010/05/07 10:41 PM
ご近所の生垣だけでこれだけの発見があればすばらしいですね。
アブラムシの甘露を吸っているカメムシというのは、あまり見た記憶がありません。
これからホシミスジも出てくるでしょうね。
from: おっさん   2010/05/08 6:50 AM
おはようございます。
ブログ村からやってきました。はじめまして。
ユキヤナギにこれだけたくさんの種類のカメムシが居たんですね。アカサシガメははじめてみました。
こちらのユキヤナギには蜂類が多かったですね。
既に散ってしまい今は葉だけになったので、昆虫も少し減りましたね。
また遊びに来させていただきますのでよろしくお願いします。
from: 夏子   2010/05/08 10:16 PM
おちゃたてむしさん、こんばんは♪

どうしてここのユキヤナギにこれだけの虫が集まるのか・・・不思議です。
ただ、10日(月)からこの辺りの一斉消毒が始まります。
賑やかな昆虫広場も閉鎖間近です(涙)
from: 夏子   2010/05/08 10:21 PM
おっさんサン(?)、ようこそいらっしゃいました♪

アカサシガメはとてもきれいな赤で、会えるとちょっとうれしくなります(^o^)

記事にした虫以外にも、ヨコバイとか小さいハチ(寄生バチ?)やハエも色々来ていました。
もっと詳しい方が見に来られたら、もっと発見がありそうですね。

ただ、上のコメントにも書きましたが、来週から一斉消毒なので、一気に寂しくなりそうなのです。
コメントする