虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
MOBILE
qrcode
 
畑のハッカチョウ

今日も小雨が降っていましたが、ちょっと散歩に行ってみました。

いつもの川のいつもの場所にハッカチョウがいません。
今日はどこに行ったのかな?

ゴミ捨て場にいたり、工場の排気口のところに集まっていたり・・・。
私が歩く先々に、集団で集まっていました。今日のハッカチョウは、移動ばかりでした。

群れが特定の場所に向かって移動していたので、後をついて行ってみました。

町工場の屋根に並んでから、次々に隣りの方向に流れ込んで行きます。
次々降りてくる

隣りの畑に行ったみたら、ハッカチョウがいっぱい!!
黒い物体がうようよ集まって、黒い地面をつついています。
関東に来て思うのは、地面が黒いこと。私の育った愛知県の畑は茶色でした。
畑で物色中

ハッカチョウの群れはほかの鳥よりもかなり敏感です。
少し近づいただけで、一斉に飛び立ちました。
一羽でいる時は、これほど敏感じゃないのですが。
飛び立つ

あ〜あ。逃げちゃった。
この後、近くの電線にばらばらと集まっていました。
ムクドリと違って、いつも、びっしりとは並びません。
逃げちゃった

いつもハッカチョウの記事ばかりでごめんね〜(^o^) ・・・・・と言ってるのかな?
(1月15日撮影)
羽づくろい

この川で見るハッカチョウは普段は大体同じ場所に集まっています。
そこはドバトに餌をやりに来る人が多くて、おこぼれを頂戴するために集まっていたのかもしれません。
雨の日は餌が足りないから、いろんなところに出張っていたのでしょうか?

<関連の記事>
最近のハッカチョウ(2010.2.7.)
ムクドリたちの水浴び(2010.2.5.)
カラスみたいなハッカチョウ(2009.12.17.)

JUGEMテーマ:野鳥


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
from: sayugugu   2010/02/16 8:09 PM
夏子さん!!おこんばんわ!!

お〜〜〜!!凄い数のハッカチョウですね〜〜?群鳥と言われるムクドリの仲間だけあってやはり相当の群れで行動するんですね?

いつも、見せてもらっているムクドリのねぐら入りの写真ではムクドリが大多数を占めているように思っていたのですけど・・このハッカチョウも同じくらいの群なんですか?ムクドリよりはやはり少ないのかしら??

ハッカチョウの羽を広げた時の白い班が綺麗ですね〜〜!!(*^_^*)
from: asahimame   2010/02/16 8:41 PM
こんばんは♪

関東の土の色が黒いのは、関東ローム層と関係があるのでしょうか?土の色ってあまり意識したことがないけど、雪が融けたら観察してみようかな?

今年の冬、コチラではムクドリを見ないな〜って思っていたら、先日久々に見ました。でも、数は全然多くなくて、せいぜい10〜20羽くらいの群れだと思います。

このハッカチョウの群れを見て、羨ましくなる今日この頃です(笑)
大群を見たいですね〜
from: そら   2010/02/16 10:30 PM
こんばんは、

「おっす、いつも撮ってくれてありがとう!」って言ってるかも知れませんよ〜(^^)。
from: 夏子   2010/02/16 10:47 PM
sayuguguさん、こんばんは♪

ハッカチョウは昼間はムクドリよりも多めの群れですが、ねぐら入りの時は圧倒的に少数派です。
よくムクドリと同じような場所で同じようなことをしてますが、ちゃんと自分はハッカで、ムクじゃないって自覚してるみたいです。

ここでしか会えない鳥なので、ここに住んでるうちにいっぱい仲良くしておきたいです(^o^)
from: 夏子   2010/02/16 10:52 PM
asahimameさん、こんばんは♪

私も社会で関東ローム層を習ったので、そのせいかと思ってましたが、それとは違うようです。
「黒ボク土」というのが関東ローム層の粘土層の上に蓄積して、黒くなっているそうです。
ちょっと、調べてみたいと思います。

asahimameさんはカモちゃんたちの大群見てるじゃないですか〜。
カモちゃんの大群は近所では見ませんね〜。
from: 夏子   2010/02/16 10:54 PM
そらさん、こんばんは♪

励ましコメントありがとうございます(^_^;)
ハッカチョウとオナガは愛知県にはいないので、物珍しくて興味津々です(゜o゜)
from: ひろし     2010/02/16 11:06 PM
40年ほど前、初めて東海道線の列車から見た風景で、「名古屋周辺の土地って淡い土色をしているな」って、不思議に思えたものでした。
今でも不思議です。
その愛知県人が、反対のことを不思議に思ったということが愉快でした。
from: 夏子   2010/02/17 12:34 AM
ひろしさん、こんばんは♪

関東人のひろしさんは淡い色に感じられたのですね〜!!

18歳の時杉並の市民農園で見て以来、黒い土が気になっていたのです。
私は以前は「ガーデニングと野菜作りが命」だったので、どうやったら黒い土になるかはちょっとこだわってました。
雑木林好きの立場からも、初めて近所の森に案内された時は、コナラ林の圧倒的な迫力にとても驚きました。

あと、横浜や鎌倉の急傾斜地区の家は土壌がしっかりしてるから大丈夫なんだという説明を受けたことがありますが、それはこの話とはどうつながるのでしょう?
すぐ足元の地面なのに、知らないことがいっぱいあります(^_^;)
from: mark   2010/02/17 8:52 AM
横浜周辺の土

田畑の表面の土を50〜100cmほど掘ると見える茶褐色の粘土層が関東ローム層です。表面の黒い土は農家の方がたい肥を入れ込んで作り上げた土壌です。
鎌倉・逗子そして横浜の東南部は古い時代は湿地帯でそこに堆積した砂が固まった”砂岩帯”で比較的安定した地盤になった居ます、今朝ほどの地震でもほとんど揺れを感じなかったのはこの地盤のおかげ。
朝比奈峠や金沢区六浦辺りの砂岩が露出した場所では貝の化石を見ることができます。
from: 夏子   2010/02/17 9:03 AM
markさん、ありがとうございます(^o^)

今朝の地震は久しぶりに長いのでしたね。

湿地帯に砂がたまって固い地盤が出来たのですか。
そういえば、鎌倉あたりの切り通しは「土の壁」じゃなくて「岩盤」って感じですね。
「岩盤のすぐ下に建ってる家やお寺は大丈夫なのか?」と素人としてはいつも心配になってました。

markさんも中部&関東両方のご経験者ですね(^o^)
from: だひろ   2010/09/18 11:19 PM
こんばんは!

ハッカチョウ・・・鳥が好きで長年見てきましたが、初めて見る鳥です。
岐阜ではみかけません(泣)

白と黒のコントラスがとても気に入りました。
実物を見てみたいです。
from: 夏子   2010/09/19 12:25 AM
だひろさん、こんばんは♪

ハッカチョウ、前の家の周りには異常繁殖している感じでした。
全国各地で籠脱けが繁殖しているようですが、こちらでは私も見たことないですね。

鳴き声は時と場合によりいろいろ違うのですが、口笛のように鳴くのが私は好きでした。
元々飼い鳥だっただけあって、地味な割に、一度会ったら忘れられない鳥です。
コメントする