虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
日本のクモ (ネイチャーガイド)
日本のクモ (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが楽しくなりました。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
近所のクモ

近所の森に虫とりに行ってきました。
ちょっと行かない間に、クモたちはすっかり大きくなっていました。

べつにクモ探しに行ったつもりはないのですが、最近の私たちは、ついついクモばかり探してしまいます。
だって、おもしろいんだもん。

今日の一番人気は、ビジョオニグモでしょうか。
大きな円網があったので周りをみると、葉っぱの住居が2つ。
ひとつは空っぽ。もうひとつからは脚がピョコリ・・・。
「アオオニグモかな〜?」と思ってのぞいてみると、ビジョオニグモのオスでした。
アオオニグモは春のクモ。ビジョオニグモが出てくるということは、季節はもう秋・・・。
ビジョオニグモ住居
左は前から、右はお尻から見たところ。(in フイルムケース)
やっぱりきれいなクモですね〜。黄色い触肢がキュート。
ビジョオニグモ♂前ビジョオニグモ♂後ろ

以前に見つけたチリイソウロウグモ
今日は卵のうがひとつ増えていました。
このクモは他のクモのアミに居候するクモですが、居候というよりも雑居状態でした。
左にオオヒメグモ、右にジョロウグモ、横と下にコクサグモのアミがあり、まさに雑居ビル。
チリイソウロウグモ

ジョロウグモもわが家の庭のと違って、栄養が行き届いたのが多く、
オス(下の写真)もわが家のメスたちより大きく育っていました。
ジョロウグモ♂

クサグモも子育て準備OKという感じ。
クサグモの妊婦さんは初めて見ましたが、すごい貫禄ですね。住居のトンネルから出てきたところ。
クサグモ♀

私の好きなサツマノミダマシ
そろそろ見られなくなる時期でしょうか。
サツマノミダマシ♀

サツマノミダマシに代わって秋がメインのワキグロサツマノミダマシ
もうすっかり大きくなっています。
左右にオスが2匹控えていました。
どちらが彼女のハートを射止めるのか?
ワキグロサツマノミダマシ♀
横に控えていたオスたち。どちらがイケてますか?
ワキグロサツマノミダマシ♂ワキグロサツマノミダマシ♂

キララシロカネグモ。
本当は「キララ」と名前がつくようなきれいなクモなのですが、怒らせてしまったのでこんな風に茶色いアミアミ模様になってしまいました。残念。
シロカネグモの仲間たちは興奮すると色が変わります。
顔真っ赤にして子どもに怒っている私のようです・・・(>_<)
キララシロカネグモ

いつ見てもうれしくなるウズグモの隠れ帯
春先にたくさん見かけ、最近になってまた見かけるようになりました。
これは何ウズグモなんだろう?
もう少し大きくならないとわかりません(^_^;)
ウズグモ

黒くてちっこいクロマルイソウロウグモ
これも居候して他のクモを食べるクモです。
子どもがバッタを採るために虫アミを振り回していたら入りました。
普通に探してもみつからなそうなちびグモでした。左は前から、右は上から見たところ。
◆追記2009.9.2.◆
このクモは「ボカシミジングモ」に訂正したいと思います。
アリを食べるクモです。
クロマルイソウロウグモクロマルイソウロウグモ

ハナグモはまだ小さいのがスタンバってました。
そろそろ隣りの花畑のコスモスが咲き始めたので、これから増えてくるかな。
ハナグモも大好きなクモです。
ハナグモ自体が好きなのか、ハナグモのいる場所(おもに花)が好きなのか、わかりませんが・・・。
ハナグモ

アリグモは葉っぱのお家で卵守り中でした。
そういえば、アリグモの赤ちゃんたちって見たことがありません。
生まれたらさっさと分散するのかな?
アリグモ♀

ヒメグモは葉っぱのお家が各所に見られ、卵のうの入った家もありました。
下の写真のヒメグモはまだ卵なし。お食事中でした。
ヒメグモ

マルゴミグモ。
先日もご紹介した現在北上中の南方系のクモ。よく探すとポツポツと見つかりました。
マルゴミグモ


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
コメントする