虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
アカメガシワのツマグロオオヨコバイの排泄物に集まる虫たち

アカメガシワにはツマグロオオヨコバイがよく来ています。

ツマグロオオヨコバイの排泄物に集まる虫を集めてみました。(8月上旬撮影)

葉っぱの裏にこっそり集まるツマグロオオヨコバイの幼虫たち。
葉っぱをうっかり触ってしまうと、「横這い」で葉の表に逃げます。
アカメガシワに来たツマグロオオヨコバイ

成虫も幼虫も、樹液を吸ってお尻から排泄物を出しています。
ツマグロオオヨコバイ

脱皮したばかりの幼虫は、真っ白でとてもきれい。脚に毛がたくさんありますが、これって毛なのか?トゲなのか?
ツマグロオオヨコバイ

ピンボケですが、これは成虫になったばかりでまだバナナ色になる前の状態だと思います。
訂正します。マエジロオオヨコバイのメスだと思われます。
ツマグロオオヨコバイ羽化直後

ヨコバイの下の葉に排泄物がたまります。そこにアミメアリがいっぱい。
この日は晴天で、雨は全く降っていません。
ツマグロオオヨコバイの蜜に集まるアミメアリ

この排泄物、からからに乾いて水分がなくなってもアリを集める力があるようです。
カメラを近づけても、そこに執着していて逃げません。
ツマグロオオヨコバイの蜜に集まるアリたち

こちらは、排泄物の水たまりに来ていたエントツドロバチ。
カメラを向けるとちょっとは逃げますが、すぐに同じ場所に戻りました。
エントツドロバチ

別の日のエントツドロバチ。同じ個体なのかわかりませんが、このハチはここでよく見かけます。
エントツドロバチ

ミカドトックリバチも来ました。
ミカドトックリバチ

上と同じ個体。カブ飲み中。
ミカドトックリバチ

フタオビドロバチもカブ飲み。
フタオビドロバチ

ナミカバフドロバチも。
この手の蜂たちは、イモムシを狩るのは子どものためで、自分の栄養は蜜から取っているのでしょうか。
ナミカバフドロバチ

ムネアカマダラバエは飲んでいるんだかいないんだか。忙しそう。
ムネアカマダラバエ

アカメガシワの隣りのコナラの葉でカブ飲み中のセグロアシナガバチ。
上から排泄物が自分に垂れてくるのが気になるのか、飲んだ後、念入りにグルーミングをしていました。
ハチが去った後で上の葉っぱを見たら、ツマグロオオヨコバイがいました。写真に写っている液体は排泄物です。
セグロアシナガバチ

ムネアカマダラバエもよく来ていますが、なにをしにきているのかよくわかりません(^^;)
ウデゲヒメホソアシナガバエ


※今月の関連の記事
「アカメガシワの蜜腺に来たアリたち」
「アカメガシワの蜜腺に来た虫たち」

※以前の関連の記事
「アカメガシワの蜜腺に来る虫」(2010.5.18.)
「アカメガシワのアオオビハエトリたち」(2010.5.23.)
「ツマグロオオヨコバイ」(2010.12.2.)

JUGEMテーマ:昆虫写真







にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

アザミウマの仲間のコロニー

昨日、庭のマテバシイの枯れた幹にアザミウマの仲間のコロニーを見つけました。
※追記  そらさんにご指摘いただき、「ハネカクシの仲間→アザミウマの仲間」に、内容を変更しました。

樹皮をめくってみたら、赤い点々が…。
キノコでも生えているのかとよく見たら、虫でした。
アザミウマSPのコロニー

こんなに赤いのは、ヨコヅナサシガメの脱皮したばかりの状態に似ています。
赤い集団と、黒いピカピカの虫が混じっていました。
この時点ではハサミムシの仲間だと思い込み、剥がした樹皮を手に取ってまじまじと観察。
アザミウマSPの幼虫?

黒いピカピカのは翅がないように見えるものがほとんどでしたが、翅を出しているのも少し。
アザミウマの仲間のようです。腕が太いのが特徴です。
アザミウマSPの翅あり

成虫を拡大。2ミリくらいの小さい虫。
アザミウマ成虫

卵塊もたくさんありました。
ピンクの卵、白い卵の抜け殻に混じって、生まれたてと思われるピンクの個体もいます。
アザミウマSPの卵

ほかの甲虫も同居していました。
ほかの虫
なにかの虫

新芽の蟻道に隠れていたアブラムシ。
このマテバシイは、大きくなりすぎたので萌芽更新のつもりで幹をバッサリ切った切り株です。
新芽は順調に育ち、アリとアブラムシの共存関係ができています。
切り株の樹皮の裏には、寄生蜂に寄生されたアブラムシの残骸もたくさん見つかりました。
去年の夏、この木でいろんなドラマがあったようです。
アブラムシsp

夜になって右手の小指に水ぶくれができました。
この虫に触ったせいなのか、草むしりをしたせいなのか、原因はよくわかりません。
※追記 アザミウマには毒はないようです。

※追記 あれこれ書きましたが、この虫がアザミウマの仲間なので、
同じ切り株にびっしり生えたキノコを食べて大量繁殖したようです。
後から記事内容を訂正しましたので、つながりがおかしいところがありますが、どうぞご了承ください。


JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ