虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
キキョウソウの閉鎖花

庭に生えたキキョウソウが、丈だけ伸びてちっとも咲きません
日陰のせいかとあきらめていましたが、閉鎖花を先に咲かせる、この花の生き残り作戦でした。(2016.6.3.)

キキョウソウはこんな花。
空き地などで普通に見かける、帰化植物の雑草です。
可愛い花なので、摘んできて庭に枯れ草を置いておいたら、今年はまあまあ広がりました。
キキョウソウ

でも、ちっとも花が咲かないまま、にょろにょろ伸びるばかり。
最近やっと咲き出したと思ったら、上の方でちょっとだけ。
キキョウソウ

調べてみたら、下の方のつぼみのようなものは閉鎖花で、もうすでにタネが出来ているようです。
キキョウソウのタネ

タネの様子を拡大。ぽろぽろとこぼれ落ちます。
不思議な生き残り作戦です…。
キキョウソウのタネ

調べてみたら、スミレも閉鎖花を咲かせるそうです。
花が終わったのに、つぼみみたいなのがたくさんあるのが不思議でしたが、これは閉鎖花だったんですね。
(夜に撮ったので、まっ黒写真ですみません)
タチツボスミレ


おまけですが…、
花だけ見ると、よく似たカンパニュラ アルペンブルー。

さすが園芸植物だけあって、花つきが全然違います。
カンパニュラ アルペンブルー


JUGEMテーマ:散歩



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

花・備忘録

先日の里山で見た花の備忘録です。
花はついでに見ていただけなので、「なんだろ?」と思ったものだけを抜粋。(5月5日撮影)

いたるところで藤が満開でした。
下ばかり見て歩いていたから、あんまり藤を満喫することはなかったけれど・・・(^_^;)
藤が満開

川沿いに咲いていたクサノオウ。
キツネノボタンかと思ったら、初めて見る花。
キンポウゲの仲間のキツネノボタンに対して、こちらはケシの仲間。
毒にも薬にもなるようで、通りがかった方に「気をつけてね。」と言われました。
クサノオウ

サギゴケ(ムラサキサギゴケ)の花がきれいでした。
自宅の庭でムラサキサギゴケだと思って育てていたものよりずいぶん花が大きいので調べてみたら、
自宅にあるのは近似種のトキワハゼであると気がつきました(゜o゜)
サギゴケ

サギゴケに似ているカキドオシ。
これは自宅にあるグレコマ(斑入りのカキドオシの園芸種)とよく似ていて私にもすぐにわかりました。
私はこの手の花が好きで庭に繁殖させていますが、サギゴケもトキワハゼもカキドオシも湿った場所の植物のようで、
我が家の庭の湿り気を再認識(T_T)
カキドオシ

不思議な形のスルガテンナンショウ。
散策路沿いにたくさんありました。
スルガテンナンショウ

上の花、めくって中をのぞいてみると・・・。
スルガテンナンショウ

葉っぱの上に花があるハナイカダ。これは雄株に咲いた雄花。雌雄異株。
こんな花でも、蜜や花粉を求めてハチやカミキリモドキが来ていました。
葉裏でクモ(たぶんホシミドリヒメグモ)がスタンバイしていたし、なかなか虫たちに人気のある花のようです。
ハナイカダ

ハナイカダの雌株の雌花。
雌花は葉っぱ一枚に花は一つ。
こちらでは虫を見ませんでしたが、蜜も花粉もないから? どうやって受粉するんだろう?
ハナイカダ

すごく小さな花のニョイスミレ。
散策路沿いに驚くほどたくさん続いていましたが、よくあるスミレと比べて花がすごく小さいので見逃しそう。
ニョイスミレ

これも変わってるスズカカンアオイ。右が花。
ギフチョウの形跡、見つけられず(^_^;)
スズカカンアオイスズカカンアオイ

おまけですが・・・、花が終わったショウジョウバカマ。
散策路沿いにずっと続いていました。今度はシーズンに来てみたい。
ショウジョウバカマ



虫ばかり見ていましたが、花もいろいろ面白そう。
この日は湿地のある方には行きませんでしたが、今度はそちらにも行ってみたいです。

神奈川にいたころは、こういう場所に来ると「鳥の人」「花の人」「虫の人」などいろいろお会いしましたが、
愛知県は、ほとんどが「花の人」、時々「鳥の人」という感じでしょうか?
「虫の人」・・・いないですね〜。
あ、花でも鳥でもない「歩く人」が一番多いかも。

JUGEMテーマ:散歩



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

道端の花畑

畑の横を歩いていたら、春の花と秋の花が仲良く咲いていました。(12月6日)

春と秋のコラボ。
ナズナ、ホトケノザ、イヌタデ、コセンダングサ、ノボロギク。
雑草いろいろ

ホトケノザはとくに私のお気に入り。
こんなに早くから満開になるんですね。別の田んぼでも11月中旬から満開です。
畑のおじいさんは「これは毎年このぐらいから咲くね。」と言っておられました。
ホトケノザ

晴れているのにくったりした感じのノボロギク。
ノボロギク

少し前まではチョウで賑わっていたコセンダングサもセイヨウミツバチの独壇場。
背景もすべてコセンダングサ。ここの群落は今が花盛りでした。ちょっと後れめ。
コセンダングサ

すぐそばのコセンダングサはこんな感じ。
私の足元がどうなったかは、ご想像の通りです。
このくっつき虫はすぐに取れるから許します。アレチヌスビトハギは勘弁してほしい・・・。
コセンダングサ

少し前まではヤマトシジミが多かったカタバミも、キチョウがたまに来るぐらい。
花も葉っぱもまだまだ綺麗。
カタバミ

おしまいに、花いっぱいのプレゼント。
この状態が、畑の法面いっぱいに続いていたのです。
(全体にピントが行くように撮ったので、ちょっとくどいですが(^_^;))
雑草いろいろ

この辺りは、田んぼや畑の周りを除草剤ですっかり丸裸にしている所が目立ちます。
田んぼや畑から外れた土地は逆に完全放置でセイタカアワダチソウが繁茂していて入れない所多数。

ここは営農用の白菜畑でしたが、畑の中にもナズナが生えていたりしてほっとする場所でした。
おじいさんは長い長い時間をかけて、白菜の間に生えた雑草を手で取っておられるようでした。

さらにおまけですが・・・(^_^;)、
おじいさんの畑の横にあったツルウメモドキの実。

はっとするほど鮮やか。これはほんの一部分で、雑木林の上に覆いかぶさるように見事に茂っていました。
スズメやメジロに人気でした。
ツルウメモドキ

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

雑木林の赤い紅葉

雑木林の紅葉は黄色が中心ですが、
林の周辺の明るい場所には赤い葉っぱもところどころに見つかります。
(11月30日)
雑木林の紅葉

少し前に朱色が目立っていたハゼノキ。(11月5日)
ウルシの仲間の紅葉は早いようで、今の時期は葉がついているのはほとんどありません。
この写真の時期は、後ろの雑木林はまだ緑一色ですね。
ハゼノキ

ハゼノキの実はこんな感じ。(11月15日)
ハゼノキ

林の周辺で綺麗に色づいていたネジキ。(11月30日)
ネジキ

ネジキは幹が特徴的。(11月30日)
ねじれるように斜めに伸びた縦筋の入った幹と上にかかった黄色い葉がネジキです。
ネジキの紅葉は、はじめは黄色、その後、上のような赤になるようです。
ネジキ

林の周辺に多いコバノガマズミ。実が一粒・・・。(11月24日)
この辺りは、もっと細かい実をたくさんつけるガマズミは見当たらなくて、コレばかり見ます。
コバノガマズミ

春に可憐な花を咲かせていたコバノミツバツツジ。(11月30日)
触ると葉の表裏の毛が柔らかくてふわふわしていました。
コバノミツバツツジ

コナラもこんな風に赤くなるのも。(11月30日)
コナラ

田んぼの畦にあった小さな木。カキでしょうか?(11月24日)
カキ?

これは赤い葉っぱではありませんが、おまけで、ノイバラテリハノイバラの赤い実。(11月29日)
この辺りは湿地が多いせいか、乾燥化した湿地の周辺にノイバラテリハノイバラがたくさんあります。
※訂正2010.11.30.
この手のバラは、ノイバラとテリハノイバラの2種があるそうです。
「葉っぱにツヤがあるのとないのがあるな。」とは思っていたのですが、ツヤがあるのはテリハノイバラだそうです。
以前にここで撮った写真を見ると、葉につやがあるので、これはテリハノイバラのようです(^_^;)
ノイバラは一部の場所でしか見ないように思います。

ノイバラ

<関連の記事> 「雑木林の黄色い紅葉(2010.11.29.)」

JUGEMテーマ:散歩


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

雑木林の黄色い紅葉

近所の里山の紅葉もずいぶん進みました。(11月24、29日近所の里山二か所にて撮影。)

谷戸への入り口です。ようこそ♪
愛知県では「谷戸」という言葉は聞きませんが、この場所は横浜や鎌倉でよく聞く谷戸の地形を利用した田んぼです。
谷戸への入り口

コナラとマツが多いので、いろんな色が混じります。
だんだんオレンジ色が濃くなってきました。
雑木林の紅葉

ちょっと前にはこんな黄色い道でした。
タカノツメ、コナラ、アオハダなど、いろんな黄色が混じり合っています。
雑木林の紅葉

もうひとつの里山も綺麗に色づいていました。
雑木林の紅葉

黄色が目立った木を集めてみました。↓↓↓

遠くから見ても目立つアオハダの黄色。

アオハダ

上のアオハダの木の下に入ってみました。
アオハダ

数が多いのがタカノツメ。
左端の茶色っぽいのはコナラの葉。
タカノツメ

ヤマノイモの黄色いカーテンも鮮やか。
この辺りは、よく似たオニドコロは少ないように思います。
ヤマノイモ

これはモンゴリナラ。最近はフモトミズナラと呼ぶようです。
東海地区はじめ一部の地区にしかないブナ科コナラ属の木です。
私が知っている限り、近所(徒歩圏内)ではここにしか自生していません。
モンゴリナラ

コナラはいろんな色に七変化。初めは黄色。
コナラ

何本かのコナラが寄り添ってグラデーションが出来ています。
緑、黄色、オレンジ。最後には茶色になっておしまいですね。
コナラ

この辺りはクヌギの自生はなく、代わり(?)にあるのがアベマキです。
アベマキは数も少ないのですが、紅葉はいまひとつ?
アベマキ

これはちょっとまだ緑ですが、アカメガシワの黄色も綺麗です。
アカメガシワ

ムラサキシキブの淡い黄色も雑木林に色どりを添えていました。
イチモンジカメノコハムシ探しではお世話になった木です。
ムラサキシキブ

紅葉の写真って難しいですね。
晴れの日ならいいのかと思うと、白トビして綺麗に写らないし、曇った日はやっぱり暗い写真になってしまうし・・・。
コンデジで撮っている私が悪いんですが、
いつ鳥が現れるかと思うと、一眼は望遠をつけて準備しておきたいので・・・。今日はノスリが来ました。

JUGEMテーマ:散歩


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

ツルになる実

日当たりのいい場所のフェンスには、いろんなツル植物が絡まっています。
今の時期、可愛い実がたくさん見つかります。
(11月15、19日)

ヤマノイモのムカゴと実。
少し前までは、黄色い葉っぱがとても鮮やかでした。
ムカゴは採りに来る人が多いのか、あまり残っていません。
こういう場所を歩いていると、よく「ムカゴですか?」と聞かれます。
ダイミョウセセリはこの枯れ葉で越冬するようですが、私には全然見つかりません(T_T)
ヤマノイモ

ミツバアケビはすっかり空っぽ。
どこのアケビもこんな感じです。鳥さん、目ざとい。
ミツバアケビ

カラスウリもある所にはいっぱいあります。
クロウリハムシも活動中でした。
カラスウリ

ツルウメモドキの赤い実が見られるのは、もうそろそろ。
この株にはミノウスバは来ていませんでした。
ツルウメモドキ

これはノブドウ。カラフルな実が綺麗です。
この実の中に虫こぶを作るハチとかハエがいるそうです。今回は未確認(^_^;)
ノブドウ

このあたりは、アオツヅラフジはあちこちで見つかります。
だから、ヒメエグリバの幼虫も今の時期でもよく見つかります。
アオツヅラフジ

ヘクソカズラもこういう場所の定番です。(別の場所で21日)
少し前までスズメガの大きなイモムシが見つかりましたが、もう見かけません。
ヘクソカズラ

これはツル植物ではありませんが、サルマメの赤い実。
サルトリイバラを小さくした感じの低木。
この辺りにはたくさんあるんですが、サルマメという別の植物なんですね。知らなかった・・・。
これにもルリタテハが来るようです。
サルマメ

ここは、私有地内の放置されたフェンスです。リースの材料になりそうなものががいっぱい。
地主さんのおじいさんともお話することができました(^o^)

JUGEMテーマ:散歩


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

彼岸花

逢妻女川の彼岸花群生地に行ってきました。(10月10日撮影)
ちょっと盛りは過ぎた感じでしたが、赤い絨毯が広がっていました。

彼岸花
彼岸花

川沿いにこんな感じ。
地元の方がこつこつと植えておられるそうです。
ちゃんと専用の駐車場もありました。
彼岸花

「彼岸花とアゲハ」を期待して行きましたが、飛んでいるのはシジミぐらい。残念。
ものすごい努力のたまもので、日本一を目指すそうですが、今流行りの「生物多様性」とは逆行してるかな?

JUGEMテーマ:散歩



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

野辺の花

田んぼの周りで見かけたかわいい花をいろいろ・・・。(10月1、5日撮影)

あぜ道によく見かけたマルバルコウソウ。
鮮やかな朱色の花が目立ちます。ほかの植物に絡みついて茂っていました。
初めて見たので調べてみたら・・・、
熱帯アメリカ原産で、江戸時代に観賞用として持ち込まれ野生化したヒルガオ科のツル性植物だそうです。
マルバルコウソウ

ピンク色のマルバルコウソウホシアサガオもありました。
※追記2010.10.9. <参考サイト>
朝顔の野生化について → 「アサガオ類、全国で雑草化 大豆畑覆い、収穫妨げる」
帰化アサガオ類について → 「温暖地以北の大豆畑における帰化アサガオ類の発生状況と被害内容」

マルバルコウソウ

※追記2010.10.18.
隣町の畑の周りに広がっていたマルバアメリカアサガオ(これも移入種)。

移入種のアサガオ、探すとたくさん見つかります。(10月17日撮影)

マルバアメリカアサガオ
====================================================== 追記2010.10.18.おわり

空き地や雑木林の周りにあったキクイモの群落。
倒れているのが多いですが、大人の背よりも高いぐらいの大きな野草です。
キクイモ

ダブルで咲いたツユクサの花。
ツユクサの花は両性花と雄花があったりして、なかなか奥が深そうです。
上がめしべのある両性化、下が雄花。
ツユクサ

ツユクサは夏の花というイメージですが、まだまだ綺麗です。
川沿いにツユクサの群生が見事でした。
ツユクサ

川沿いでよく見つかるツリガネニンジン。
ツリガネニンジン

ワレモコウは秋の野草の代表選手だと思っていましたが・・・。
最近は花屋さんでもよく売っています。
ワレモコウ

ルーペを持って花をのぞくと、いろんなドラマがありそうです。
左はツリガネニンジンの花にいるツユムシとハナグモ。
右はクズの花にいるウラナミシジミとハナグモ。
ツリガネニンジンクズ

セイタカアワダチソウもそろそろつぼみが黄色く色づいてきました。
田んぼの周りが黄色く染まるのもそろそろです。

JUGEMテーマ:散歩



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

タデもいろいろ(2)

近所の田んぼに本当にイヌタデがないのか、探してきました(^_^;)(10月8日)

昨日の記事で「イヌタデを見なかった。」と書いてしまいましたが・・・、よく探したら、見つかりました。
イヌタデは、ほかのイヌタデ属の草よりは乾燥した場所が好きなようです。

収穫後の麦畑にあったイヌタデ。
イヌタデ

近くに、オオイヌタデもありました。オオイヌタデ

オオイヌタデは白いのもあって、紅白めでたし。
オオイヌタデ

これはボントクタデ?ヤナギタデ?
用水路の中に茂っていました。
ボントクタデとヤナギタデはそっくりで、食べて苦いかどうかで識別するのが手っ取り早いそうですが・・・。
今度、余裕があったらかじってみます(^_^;)
ボントクタデ?ヤナギタデ?

<以前の記事>
「タデもいろいろ(1)(2010.10.7.)」 ・・・ ミゾソバ、ママコノシリヌグイ、アキノウナギツカミ、イシミカワ、ヤナギタデ?
「赤まんまが大盛り(2009.10.5.)」 ・・・ イヌタデにつく虫たち

JUGEMテーマ:散歩



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

タデもいろいろ(1)

田んぼの周りを歩いていると、タデ科イヌタデ属に属する似たような花に出会います。
まだ花が咲き始めたばかりですが・・・。
(10月5日撮影)

川の中に茂っていたミゾソバ。
ミゾソバ

川沿いのクズの茂みから顔を出していたママコノシリヌグイ。見るからにトゲトゲ。
「継子(ままこ)の尻拭い」という名前は一度聞いたら忘れられません。
トイレットペーパーの代わりに植物の葉を使っていた昔、継子の使う葉をトゲのあるこの草と入れ替えたとか・・・。
ママコノシリヌグイ

葉っぱが茎を囲い込むようにつくアキノウナギツカミ。
これも「トゲがあるからウナギでもつかめそう。」ということからの命名のようですが、
こちらはユーモラスなので救われます。
アキノウナギツカミ

ツルボと混生していたイシミカワ。
ツルボとイシミカワ

以前の写真ですが、イシミカワだけ拡大。(これは10月1日撮影)
これもトゲトゲ。ツル植物なので、はびこり度は抜群です。除草が大変そう。
イシミカワ

川の中に生えていたヤナギタデ。
※追記 これはボントクタデかもしれません。
アメリカセンダングサ(右上の黄色い花)と競い合うように生えています。
ヤナギタデ?

おまけですが・・・、
アキノウナギツカミでスタンバイしていたハナグモの幼体。

どれも小さな花ですが、ちゃんと食うか食われるかの世界が広がっているようです。
アキノウナギツカミ

「タデ食う虫もいろいろ。」なんでしょうが、タデ自体もいろいろあって面白いです。
以前住んでいた街では、田んぼや畑などにはイヌタデがあちこちにありました。
この日に見て回った田んぼではイヌタデは見つからず。探し不足でしょうか?

<以前の記事>
「赤まんまが大盛り(2009.10.5.)」 ・・・ イヌタデにつく虫たち

JUGEMテーマ:散歩


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ