虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
日本のクモ (ネイチャーガイド)
日本のクモ (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが楽しくなりました。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
最近見たテントウムシ

近所の草はらでも、いろいろなテントウムシに会えるようになりました。

お初にお目にかかったムーアシロホシテントウ。
柿の幼木の新芽についていました。動きが速い速い。
これはうどんこ病菌を食べるテントウだそうです。
ムーアシロホシテントウ

フェンスに絡む草についていたキイロテントウ。
これもうどんこ病菌を食べるテントウです。
この白いのがまさにうどんこ病ですね。
横浜で、同じような日当たりのいい場所のフェンスにキイロテントウが集団越冬していたのを思い出しました。
キイロテントウ

次は、アブラムシ食いのヒメカメノコテントウ。
カラスノエンドウの葉っぱの影で交尾中。
ヒメカメノコテントウ

ヒメカメノコテントウは模様に個体差が大きいテントウです。
横浜で見た本種はもっと個体差が大きかったのですが、この日のものは色の濃淡の違いぐらいでした。
雑草化したツルニチニチソウの新芽をめくると、たくさん見つかりました。
これも交尾中。
ヒメカメノコテントウ

カラスノエンドウにいたナナホシテントウの幼虫。
アブラムシのそばにはいましたが、捕食している瞬間ではないようです(^_^;)
ナナホシテントウは今は第2化を迎える時期なのでしょうか。
成虫は全然見つかりませんでした。
ナナホシテントウ幼虫

テントウムシというと、カラスノエンドウでアブラムシを捕食するナナホシテントウの絵が思い浮かびます。
なぜか、近所のカラスノエンドウにはアブラムシがほとんどついていませんでした。
どちらかというと、隣りにあったツルニチニチソウとスズメノエンドウのほうがアブラムシだらけでした。

おまけですが・・・、雑草化していたツルニチニチソウ。
これは、昔、ご一緒に家庭菜園をしていた先輩がお楽しみで畑の横に植えられたものです。
留守にしていた間に、一面に広がっていました。
ツルニチニチソウ

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

越冬中のキイロテントウ

雑木林の脇のミカンの木でキイロテントウが越冬していました。

ミカンの葉っぱでクモ探しをしていて見つけました。
肝心のクモが見つからなくて、証拠写真程度に撮ってきたキイロテントウですが、
今ごろになって、「よく考えたらうれしい発見だったかも・・・。」と気付いた私です(^_^;) (1月8日撮影)

ミカンの葉っぱが重なっていた所。
「クモが隠れてる?」と期待してめくってみました。
元々はネコハグモか何かの住居だったんだと思います。
何?

葉っぱの裏にキイロテントウが固まって、越冬中でした。
キイロテントウ達の下にある白いものは、前の住人だったクモの卵のうではないか気になる・・・。
越冬中のテントウさんたちのために、そっとしておきました。
キイロテントウ越冬中

探してみると、他のクモの空き家にもたくさん見つかりました。
(というか、探していたのはクモなんですが、クモはお留守。すでに絶命?)
他のキイロテントウたちはクモの空き家一軒に1匹ずつさびしく越冬中でした。
クモの季節が終わって主がいなくなった家が、こんな風に有効活用されているのですね。
キイロテントウ越冬中

キイロテントウはうどんこ病菌を食べてくれるので、人間にとっては益虫です。
そういえば、9月頃、この木の下にあったアキノノゲシにキイロテントウがたくさんついていました。
活動期のキイロテントウはテントウムシの割に動きが素早いのですが、さすがに越冬中は死んだように動きません。

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

最近のテントウムシ

秋になって、またテントウムシが増えてきました。
春ほどではないけれど、いろんなテントウに会えます。

今年の秋、初めて会ったウスキホシテントウ
ヒメカメノコテントウに雰囲気が似ています。
池の柵の上にポツンといました。
ウスキホシテントウ

うどんこ病菌を食べるキイロテントウ
これは春にもたくさんいましたが、
このごろのは、交尾をしているのが多いです。
小さくてかわいいんだけれど、なぜかうまく写真が撮れません(^_^;)
キイロテントウ

以前にもアップしましたが、常連さんのテントウムシたち。
左はナナホシテントウ、右はナミテントウ
どちらも春ほどはたくさんいません。
ナナホシテントウナミテントウ

ダンダラテントウ
秋になって気がつくようになりました。
春にもいたのかなあ? 地味なので、見逃していたのかも?
ダンダラテントウ

おまけですが・・・。
テントウムシを探すためにアブラムシを探していて見つけた、クサカゲロウの卵。
アブラムシ食いの赤ちゃんのために、お母さんがアブラムシのコロニーのど真ん中に卵を産みつけたのですね。
白いゲジゲジしたのはカイガラムシでしょうか?
ウドンゲの花


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ