虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
日本のクモ (ネイチャーガイド)
日本のクモ (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが楽しくなりました。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
ヤマカガシの捕食

暑い日が続いて、夏バテ気味な私です。

庭のアゲハたちは今日も元気に飛んでいました。
庭のアゲハ


写真の整理をしていたら、昔撮ったヤマカガシの写真が出てきました。
近くの人と話をしながら撮っていて、よく見ないで保存してあったのですが…。



ここから先は、蛇の写真が続きます。





JUGEMテーマ:散歩



続きを読む >>


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

OLYMPUS STYLUS TG-4 Toughレビュー アブラゼミ撮影

先日羽化を手伝ったアブラゼミ、元気に飛んでいきました。
オリンパスのコンデジを購入したので、これを使って撮ってみました。

カメラの感想を兼ねてコメントします。


OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

顕微鏡モードの深度合成機能で撮影。
カメラが自動的にピントをずらしながら連写して、自動的に合成してくれる機能です。
慣れないので5回に1回ぐらいしかピントの合った写真が撮れません。
じっと構えていないといけなし、被写体にもじっとしていてもらえないと写せません。
ただ、フラッシュの光量が調整できないので、明るすぎる写真になってしまいます。
最近、専用のディフューザーが発売されたので、それを使えば減光もうまく出来るのかも。
アブラゼミ♀

羽化のときはぬけがらとつながっていたお尻ですが、もうシュッとしています。
アブラゼミ♀

これは普通のコンデジでは撮れないかな?
アブラゼミ♀

手足をバタバタさせるので、きちんと撮れません。
アブラゼミ♀

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

長年リコーのコンデジを愛用してきました。5代(6機)使っていたと思います。
発売中止になってしまったので、最後のCX−6が故障した後にまた中古品を購入してまで使っていました。

でも、その中古品もかなりガタが来てしまいました。(というか、買った当初から変でした)
ピント合わせにものすごく時間がかかるようになり、だましだまし使っています。

ほかの会社のコンデジを探しても、ピンとくるものが全然見つからずに月日が経つばかり。

私は、虫の写真はどうしてもコンデジで撮りたいんです。
見つけたらどこでもその場ですぐに撮りたいし、不審者に思われたくないから(^^;)

いろいろ考えた末、オリンパスのTG−4を購入してみました。

TG−4はマクロ機能が優秀らしいし、なんと言っても海野和男カメラマンが宣伝されていたのが決め手でした。こちら

海野さんは以前はリコーのGRシリーズをサブ機として使用する姿をテレビで拝見していました。
リコーが好きな人が勧めるなら、TGもいけるんだろう! と浅はかに考えまして…。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

前置きが長くなりましたが、TG−4の感想です。
私はカメラマニアでも機械屋さんでもないので、難しいことはわからないので、感覚的に思ったことを。

◆至近距離のマクロのフォーカスが速い
マクロ撮影をするときは「顕微鏡モード」に設定するのですが、1cmマクロの宣伝通り、あっという間にピントが合います。
リコーのCXシリーズよりずっと速い気がします。
これだけでも、このカメラを買った意味はあったように思います。

◆顕微鏡モードの深度合成は動かないものしか撮れない
動く虫を撮るのは、静止するまで待ってうまく撮れなければ成功しません。仕組みから考えて当たり前ですが(^^;)
風が吹いたり、手元を固定するものがないと、カメラがふらついてエラーになってしまいます。
ぬけがらとか植物なら野外でも撮れそうです。

◆フラッシュのコントールができない
マクロで撮るには光が強すぎることが多く、リコーのときのように減光できる機能がありません。
仕方がないのでちょっと離れてズームを効かせて撮るしかありません。それでもまだ強すぎて。
ディフューザー買わなきゃだめでしょうか…。


◆液晶の粒子が粗い
リコーのときよりもモニター画面の粒子が粗くて見づらいです。
粒子が粗いので、ピントが合ったかどうかもしっかりと認識できません。
CX−5のときはピントが合ったのを確認して撮っていましたが、TG−4は「えいやー」で撮っているところがあります。

◆テレマクロを撮れない?
マクロは30センチまでとスペック表にも書かれています。
近づけない虫を撮ろうとして、顕微鏡モードでは届かなかったので、AモードやPモードにかえて撮りました。
虫にピントが合って後がぼける写真ではなく、ただの風景写真になってしまいました。

これはかなり致命的。これでは、お手軽虫撮りコンデジとしては役不足。
遠い虫はあきらめるしかないのかな?

◆充電器がついていない
USBケーブルをカメラに刺して充電するようになっていて、充電池を取り出して充電する仕組みではありません。
これはかなり面倒です。充電するたびにカメラが熱くなりますが、大丈夫なのかな。
予備電池は必要なので、充電池とセットがあったので購入する予定です。


◆レンズがむき出し
レンズにシャッター式のカバーがついていないので、カバンにそのまま入れるのを躊躇してしまいます。
コンバーターアダプターを買ってその付属品のキャップをつけるか、他社製のキャップをつけた方が安心かもしれません。
 

◆音が安っぽい
私はカメラを購入したら必ずすべての音を消すので、関係ありませんが、初めて触った時はかなりびっくり。
おもちゃのような電子音です。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

一眼レフのレンズ沼のように、アクセサリーを買い足さざるをえない仕組みになっています。

なんだか、苦情めいたことばかりになりましたが、このカメラの売りは水中撮影や頑丈さです。
たしかに、「写ルンです」でダイビング写真を撮っていたころのことを考えると、隔世の感があります。

でも、私はもう潜るのはやめたので、虫撮り機能をもっと強化してほしいです。
海野さんがもっと虫撮りの番組に出られれば、コンデジ虫撮り少年も増えて便利なカメラも出てくるかも。
ぜひ、よろしくお願いします。

言いたい放題のレビューでした。私の思い違いなどありましたら、どうかご指摘をお願いします。

ちなみに、スポーツや学校行事、飛ぶ虫などはLUMIX FZ200で撮っています。
これも2代めの使用。なくなっては困るシリーズです。

JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

日食の木漏れ日

昨日の日食、私の住んでいる街では天気に恵まれて有難く拝むことができました。

6時半に私が起床した時点では完全に雲がかかっており諦めモードでしたが、7時ごろから晴天に。
中学は学校で観察会があったようですが(自由参加)、小学校は登校前に登校班で保護者と観察。

「別にお母さんが撮らなくても、いい写真はプロの人がたくさん撮るからいいんじゃない?」
との子どもの辛口アドバイスに従い、手ぶらで参加しましたが、
木漏れ日が面白かったので、カメラを取りに戻りました。


7時27分ごろの木漏れ日。
7時27分

7時30分ごろ。
7時30分

7時31分ごろ。
7時31分

7時49分ごろ。
7時49分

日食最大は、わが街では7時31分だったようです。
地面に落ちる影よりも自動車に写った影の方がわかりやすかったので、ご近所に来ていた工事車両のボディを拝借(^_^;)
それでもわかりにくいので、画像修整ソフトでコントラストを最大に修正。

皆既日食と違って、金環日食は辺りが夜のように暗くなるわけではないので、
予告されていなければ、全く気がつかないだろうな・・・。


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

ご無沙汰しております

ブログ休止中は、温かいコメントをありがとうございました。

いろいろあって、なかなか散歩に行けずにいます。
クモ探しは細々と続けていますが、やる気不足で、なかなか新規開拓できません。

せっかく続けたブログなので、何か「いいもの」が見つかったら、不定期に更新していきたいと思います。


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

裏山のリス

久しぶりに、裏山でリスを見かけました。(12月5日13時半ごろ)
引越してきたころに見かけたきり、夏になってからはご無沙汰してました。

アカマツの枝からカサカサと音が・・・。
リスが松ぼっくりを食べていました。
探し当てるまでにかなり時間がかかったので、松ぼっくりは既にエビフライ状態。
逆光の暗がりで、これが精一杯です(^_^;)
リス

可愛い・・・。
リス

爪が長い・・・。
リス

ニホンリスの繁殖期は2〜6月だそうです。
春にこちらに来たころ、この雑木林で複数を見かけました。
ここに結婚のために戻って来たのかな?
今回初めてこんなに間近(4メートルぐらい)で長時間(数分)見ることができました。
よっぽどお腹がすいていたのかな?
今年この森はドングリは不作ですが、アカマツの松ぼっくりはいっぱいあるから安心ですね。

<関連の記事>
「裏山の小動物(2010.4.8.)」
「鶴岡八幡宮で出会った生き物(2010.3.17.)」
「タイワンリス・・・(2010.3.1.)」

JUGEMテーマ:散歩


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

最後の里山?

近所にある、もうすぐなくなりそうな里山を探検してきました。
里山の真ん中を道路工事中なので、近くの農家の方にお聞きして、奥の方まで行ってきました。

道路からちょっと入った所にこんな別天地が!!
私道しかないような場所なので、今まで全然気がつきませんでした。
鎌倉や横浜によくある谷戸と同じような雰囲気です。
谷戸

大きなため池もありました。
行った時は鳥は全然いませんでしたが、期待できそうです。
ため池

池の近くにあった湿地。
東海地方特有の地形で、粘土層の崖の下から湧水が染み出しています。
子どもが立っている下の辺りが水が湧き出している部分。
粘土の層がほとんどなので、地層が白い色です。
湿地

湿った部分にはこんなコケがたくさんありました。
コケ

畑の真ん中で見つけたカワセミ。
たぶん3羽でいたと思うのですが、親子なのかな?
カワセミ

道路工事中なので、地層がはっきりとわかります。
近いうちにここの真ん中を道路が走ります。
このあたりは名古屋東部、瀬戸、豊田、刈谷にかけて、焼き物用の粘土が採れる地質です。
猿投古窯群といって、気の遠くなるほど昔から(古墳時代から)焼き物が作られていたようです。
道路工事中

特に、粘土層の多い部分。
まるで、瀬戸市にある陶土採掘場のような感じです。
道路工事中

おまけですが・・・、
子どもが粘土の土を採ってきて、ペットボトルに水と入れてシェイクしたもの。

朝起きたら、綺麗に沈殿していました。
道路工事が完成する前に、もっと粘土を頂戴してきて、遊びたいと思います(^o^)
粘土

昨日は、この辺りの残った里山を車でいろいろ回ってみました。
ものすごく久しぶりに、ハルゼミの声も聞くことができました。
ハルゼミのアカマツ林も、重機が入って周辺を整地したところでした。

私の住む自治体の里山はどこも風前のともしびですが、周辺自治体の里山はまだ残っているので、
全然なくなってしまうわけではありません。
でも、ちょっと寂しいですね。

JUGEMテーマ:散歩


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

湿地で生き物探し

裏の湿地で、また生き物探しをしてきました。
子どものザリガニ捕りのお伴でついて行きましたが、ほかにも色々見つかりました。(4月29日)

交尾していたシオカラトンボシオヤトンボ。
倒れた杭の上で、しばらくじっとしていました。
※ シオヤトンボの間違いでした。訂正いたします。873mさん、ありがとうございました(^o^)
シオカラトンボの交尾

交尾のあと産卵していたシオヤトンボのメス。
ヤゴ探しが楽しみです(^o^)
シオカラトンボの産卵

うっかり水面に落ちたウロコアシナガグモを捕まえたアメンボ。
クモが水面について、あっという間の出来事でした。
アメンボの捕食

子どもの本命はこれでしたが・・・。
アメリカザリガニはたくさんいすぎて、もう飽きてしまったようです(>_<)
うちにも前捕まえたのがいるしね(^_^;)
アメリカザリガニ

アズマヒキガエルのオタマジャクシは足が出ていました。
オタマジャクシって、どうしてこうやってぎゅうぎゅうに集まるんでしょう?
オタマジャクシ

水底で見かけたコミズムシ(たぶん)。
これは幼虫ではないかと思います。
コミズムシの幼虫?

こちらはコミズムシの成虫のようです。
コミズムシはマツモムシとちがって、普通に(仰向けでなく)泳ぐようです。
こういうのは、いったん水から引き揚げて水槽に移して撮らないと、上手くいきませんね。
コミズムシ

この日一番の人気者、ドジョウさん。
水底の葉っぱの下に隠れていたのをお母さん(私)が泥ごと掻き出してゲット。
ドジョウ

この日はGWの初日とあって、小学生の子たちが遊びに来ていました。
道草や子ども同士の川遊びは禁止な学校でも、来る子は来るんですね〜。
獲物(?)を分けてあげたら、喜んで帰っていきました。

前住んでいた街は下町なので、子どもたちの武器(?)は網と自転車でしたが、
この辺りの子どもたちの武器は、携帯とデジカメのようです。
泥の掻き出しなんて野蛮なことはしないのかな?

あと、ここは虫捕り女子が多いみたい。
これは前の街ではなかった傾向です。

湿地の泥すくいの帰り道、トカゲやカナヘビがたくさん見つかりました。
トカゲ好きのうちの子は、虜になってしまって、ちっとも帰れませんでした・・・。

<以前の関連記事>
湿地でザリガニ釣り(2010年4月16日)
水たまりの偵察(2010年4月14日)

JUGEMテーマ:散歩


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

水たまりの偵察

裏山の水たまりで、いろんな生き物を見つけました。(4月13日撮影)
今の時期、オタマジャクシがいっぱいです。
午後の時間は子どもがオタマすくいに来ていますが、午前中の静かな時間だといろんなものが見られることがわかりました。

メダカの学校の授業中?
ではなくて、メスを追いかける2匹のオスではないかと思います。
以前はメダカなんかいなかったような気がしますが・・・?
メダカ

カダヤシと違って、メダカは尻びれが太いそうです。
赤い部分が尻びれ。
メダカ

じっとしているから撮ったのですが、交尾中だったかも?メダカ

水底にもなにか魚が。
ホトケドジョウかと思いましたが、もう少しごつごつした感じ。
水底になにかが?

アメリカザリガニはいっぱいいました。
以前ザリガニ釣りに来た時は全然つれませんでした。増えたんですね。
アメリカザリガニ

アメンボも元気に泳いでいました。
ストロー出して何かを食べているんでしょうか?
アメンボ

みんなが集まっているのは、これ狙い。
アズマヒキガエルのオタマジャクシだと思います。
オタマジャクシ

ここは、街を開発する時に、湿地だったところを一部残した場所です。
こういう粋な計らいは、ほかではあんまり見られないのが残念。

私がいない間に、土嚢を積んだりして水がたまる工夫がされていました。
以前は、夏に完全に干上がってしまうこともありましたから。

常に一定の湧水が確保されているので、もう少し暖かくなると出てくるものも増えているはずです(^o^)
保全部隊のみなさん、ご苦労様です。

JUGEMテーマ:散歩



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

裏山の小動物

引っ越し早々の裏山偵察で、小さな動物を見つけました。(4月6日撮影)

以前ここに住んでいた時には会ったことがありませんでした。
ちらりとしか会えませんでしたが、今後また会えるかな?
 
朽木と落ち葉が積んである中から顔を出したイタチ。
丸い耳とつぶらな瞳がキュート!!
じっと私を見ていましたが、近づこうとしたら落ち葉の中に潜ってしまいました。
イタチ

雑木林のあちこちで見かけたリス。
すばしっこくて逃げ足が速いのでリスの顔までは判別不能。
鎌倉や横浜によくいたタイワンリスよりも華奢で尻尾も貧弱な感じです。
2匹は確実にいるようです。
リス

リスの食べた後の松ぼっくり。
子どもと散策したら4つも見つかりました。
リスの食べカス

おまけを2つ。
清楚な春の使者、ハルリンドウ。

ハルリンドウ

日当たりのいい場所にコバノミツバツツジ。
名古屋育ちの私には、子どものころからの雑木林の春の定番です。
コバノミツバツツジ

しばらくここから離れている間に、雑木林の手入れが進み、林床が明るくなっていました。
ご苦労様です。
前住んでいた横浜の雑木林と比べて、決定的に違うのは土の色と湿気でしょうか。
地面が乾燥していて、転がっている朽木も全くしっとりしていません。
小さい虫やクモの数はぐんと少ないようでした。
これから暖かくなって数が増えるのを期待したいです。

JUGEMテーマ:散歩


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

しばらくお休み

しばらくブログをお休みいたします。

今住んでいる街を離れることになりました。
いままで私の虫捕りに付き合ってくれた、たくさんの小さい仲間たち、楽しい思い出をありがとう(^o^)

お別れ会で私に一生懸命ミジンコを見せてくれた虫仲間。
ホントはうちの子の友達なんですが、私の大事な虫仲間です。
虫仲間

フツーのコンデジではこれくらいしか写せないよ。ごめんね。
ミジンコ?

新しい街に行ったら、小さい虫仲間はできるでしょうか?

彼らが幼稚園や一年生のころからの付き合いです。
5月からクワガタ探しにそわそわしたり、
真っ暗な森におばさん一人とちびっこだけでカブト捕りにもよく行きました。
クワガタがたくさん見つかると、訪ねてきて話してくれる子もいました。

今では、みんな鳥や魚にも詳しくなって、教えてもらうことがいっぱいです。
昨日も、川で捕れた魚を見せに来てくれました。

みんな、どんな大人になるのでしょうね・・・。


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ